サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. つながりっぱなしの日常を生きる ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

つながりっぱなしの日常を生きる ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/09
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:19cm/353,29p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-2087-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

つながりっぱなしの日常を生きる ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの

著者 ダナ・ボイド (著),野中 モモ (訳)

生まれたときからネットがあって当たり前の今日の若者たちは、「つながりっぱなしの日常」にどう対処し適応してきたか。米国SNS研究の第一人者が、当事者たちを対象にしたインタビ...

もっと見る

つながりっぱなしの日常を生きる ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの

1,944(税込)

つながりっぱなしの日常を生きる:ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの

1,944(税込)

つながりっぱなしの日常を生きる:ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの

ポイント :18pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生まれたときからネットがあって当たり前の今日の若者たちは、「つながりっぱなしの日常」にどう対処し適応してきたか。米国SNS研究の第一人者が、当事者たちを対象にしたインタビュー調査を元に論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

どの国でも若者たちは、Line のようなSNS やテキストメッセージに夢中で親を悩ませているが、これはほんとうに問題なのか――。若者向けメディア研究の第一人者が、若者、親、教育関係者たちを含む、166 人ものインタビューに基づいて、若者とソーシャルメディアの実態をまとめた。若者のネット活用に関するさまざまな俗説を覆し、そのポジティブな側面にも目を向けることで、大人から子どもまでのSNS 利用のあり方からネットマーケティングまでに貴重なヒントを与える、時代の必読書となる一冊。【商品解説】

目次

  • 1. アイデンティティ なぜ、若者はネットでよからぬことをしているように見えるのか?
  • 2. プライバシー   なぜ、若者はネットであけっぴろげにしてしまうのか?
  • 3. 中毒       何が若者をソーシャルメディアにはまらせてしまうのか?
  • 4. 危険       性犯罪者は、ほんとうにそこらじゅうをうろついているのか?
  • 5. いじめ      ソーシャルメディアは、ほんとうに意地悪や残忍な行為を増幅するのか?
  • 6. 不平等      ソーシャルメディアは、ますます社会の分断や格差を広げるのか?
  • 7. リテラシー    デジタルネイティブは、幻想だ
  • 8. パブリック    若者にとって、どこがオモテの場なのか?

著者紹介

ダナ・ボイド

略歴
〈ダナ・ボイド〉マイクロソフト・リサーチ・シニア研究員。ニューヨーク大学助教(メディア、文化、コミュニケーション)、ハーバード大学フェロー。米国における若者とインターネットに関する研究の第一人者。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.3

評価内訳

2015/09/07 10:19

投稿元:ブクログ

"デジタルネイティブなんて幻想だ"

数多くのティーンへの取材を元に、アメリカの若者は今どのようにソーシャルメディアを利用しているのか、なぜ"バカッター"のような事をしてしまうのか、彼らのSNS利用による犯罪への巻き込まれは本当に多いのか、といった問題を詳細に説明。

この本から導き出されるのは、生まれた頃からインターネットが存在しているティーン全てが"デジタルネイティブ"などでは決して無く、大人たちと同様、端末に触れる機会が多い/恵まれた環境になければその理解度・能力は低い。
また彼らがSNS上で行っている様々な活動も、実際は現実世界の再現でしかないという事。

※アメリカのティーンは現在、習い事や過剰な犯罪への危惧などから、ほとんど自分の家(とその周囲)以外で遊ぶ事が許されていない家庭が多い、というのは驚いた。

2015/04/22 09:20

投稿元:ブクログ

アメリカ在住ティーンエイジャーのSNS利用状況についてインタビュー。友人とのつきあい、コミュニケーション、いじめ、親には知られたくないプライバシー。キラキラしたければfacebook、ゆるくやりたいならmyspaceというSNSの住み分けもあり。書き込みによる人種差別の可視化。社会問題になった事件の顛末なども説明されているが、つっこんだ内容の割にはティーンエイジャーに聞いたことをたんたんと描写するインタビュー集のようである。著者の考えというのは明確には表明されない。もう少し解釈がほしい。
主語に「ティーン」がやたらに多く、構成にはもうちょっと工夫してほしい。不自然な言葉もあり、訳がいまいちこなれていない印象。

2015/02/19 20:58

投稿元:ブクログ

ソーシャルメディア社会で生きる若者がどのように変貌を遂げたのかを論じた本。ネットによって、場所を超え、国を超え、当たり前が伝わっていくミームがよく捉えられていて良い。

2016/03/17 20:49

投稿元:ブクログ

きちんとした調査に基づき、著者の前提とする考え方も導入部で提示されており、また出来事や著名人の発言に関する出典も巻末に明記されている。信頼性の高い良著だと感じる。

「新しいテクノロジーそのものが悪いのではない」という著者の意見には同意する。テクノロジーそのものではなく、個人個人のテクノロジーとの付き合い方の問題だと思う。

この本で主に述べられているのはアメリカのティーンエイジャー(13才~19才)であり、思春期に見受けられる行動だが、現在30代の自分自身にも思い当たるところがあった。耳の痛いこともあった。

テクノロジーとの付き合い方は、個人個人の「生き方」の問題であり、正解はないと私は思う。

2015/02/05 13:55

投稿元:ブクログ

「デジタルネイティブなんて幻想だ。」ソーシャルメディアは現代を生きる私たちに悪い影響だけがあるのか。若者がソーシャルメディアを使うことそれ自体が悪いのか。ソーシャルメディアを使う、若者を指導する立場になる上でもぜひ読んでほしい一冊です!!(教育学部・社会専修)

2015/03/07 23:00

投稿元:ブクログ

ネットが発達して、より世界が広がると思いきや、若者のコミュニティーは結局は学校ベースの狭い世界で完結してしまう。フェイスブックなどのSNSもサービスとして円熟してしまうと、親の監視と干渉を嫌う若者は、新たに別のサービスに移行していき、廃れてしまう。どんなにテクノロジーが発達しても、若者と大人の関係というのは変わらないねえ。結論があまりなく、出来事を淡々と描写している感じの文章なので、頭に入りにくかった。

2014/10/26 12:56

投稿元:ブクログ

米国のティーンのSNS活用とそれを見守るネットをよく知らないで恐れる親の葛藤を様々な子供たちの事例で描きます。米国のティーンのイメージだとデジタルネイティブなアンファンテリブルを思い起こしてしまいますが、意外と世界観が狭く子供な例が多い、むしろデジタル格差などが蔓延している印象、かつデジタル空間でも人種差別が横行している現実、米国はやはり米国、ネット空間はリアルを確実に増幅している。

2016/01/16 23:09

投稿元:ブクログ

かつて自分が「明菜」や「たのきん」に明け暮れていたのと同じように、今の若者も「セカオワ」や「ゲスオト」を信奉する。誰しもが持っている、自分が生きた世代の文化や価値観。それを違う世代の人間は理解してくれないし、理解するにしても、必ず自分と対比して善悪で語る。そして今、ネットでつながる「今の若者」もそのターゲットになっている。ひと口に「ネット中毒」とか「SNSバカ」と言うが、生まれた時からその土壌で暮らしてきた若者にとって、SNSは当たり前のコミュニケーション手段であり、パブリックでもある。だから大人がネット環境そのものに対して危険とか中毒とか言っても、危険や中毒を回避しながら楽しむ若者とは、考えがすれ違っても何ら不思議ではない。ネットであろうがリアルであろうが、人は常に自分の存在を主張続けたいだけなのだ。

2015/02/24 20:42

投稿元:ブクログ

デジタルネイティヴを否定し、ネットリテラシーをの必要性を訴える本。その通りだと思いました。大人のSNSのプロフィール画像は自撮りがほとんどだけどティーンエイジャーは多くの友達と撮った集合写真が多いのはなぜだろうと気になっていましたが、大人は一人でスマホに向かうがティーンは共有しているとあり、その通りかもと思いました。プライバシーを侵害し、子供同士で集まることを禁止する親世代がティーンをネットに追いやった原因であり、闇雲に禁止するのはまちがいかもしれません。

2014/12/06 20:55

投稿元:ブクログ

 ソーシャルメディアの出現によってもたらされたことでよいこともあれば悪いこともある。今の時代を生きる若者とSNSとの関係をひも解いたのが今回の本だ。

 本に描かれている舞台はアメリカ。大人は若者がネットにはまることを警戒している。その理由は、悪い人と知り合いになって実際に会って誘拐される、性的暴行を受けるなど気になる点があるからだ。後、考えられるのは、元若者だった大人が昔を振り返って程度の差はあっても何かしらの悪いことをしていた過去を持っているので、子供たちも同じことをしているのではと疑っていること。

 最近、黒人青年に発砲して死亡させた白人警官の無罪判決に対する怒りで暴動がアメリカで起っているニュースがあった。ソーシャルメディアの世界でも人種の違いが浮き彫りになっている。SNSでの若者の友達を見てみると、同じ人種でつながりが形成されていると述べられている。
 
 この本の著者はこの本を書くことで、様々な面からソーシャルメディアと若者の関係を描き出している。もはや生活に浸透しているソーシャルネットワークに対して若者がどう付き合っているか大人は理解していく必要があると思った。

2014/11/28 02:05

投稿元:ブクログ

米国の状況である。MySpaceとfacebookを使う層が白人とそれ以外で異なることはほかでは書かれていない。さらにデジタルネイティブで隠されたデジタルデバイドの問題は日本も同様だろう。日本の卒論で使えるかどうかわからない。

2015/04/09 11:50

投稿元:ブクログ

米国と日本の10代の感じ方や行動は大きく違うというのが印象なのだが、実際はもしかしたらそれは認識不足で、日本も同様なのだろうか。
いずれにしても、微妙に危機感を煽る感じが何となく好きではない。とは言え、この種の問題解決策がないというのも事実ではあるけれど。
何となく残念感のある一冊であった。

2015/02/08 19:59

投稿元:ブクログ

生まれたときからインターネットがあった世代の多くが、四六時中ネットワークにつながっている。これはディジタルネイティブの特徴と思われてきたのだが、そもそも意識過剰な親世代が、何かがあってはいけないとストリートやモールから彼らを遠ざけた結果、インターネットに追いやられてしまったと主張する。
米国では、通学の手段が徒歩や自転車から、自動車による送迎に代わり、ティーンエイジャーが実際の社会に触れる機会が親によって制限されているというのだ。日本ではどうだろうか。外で遊ぶ機会は減少し、ゲームやスマートフォン、インターネットとリアルな社会とのつながりは少なくなっている。
大人の過剰反応であることを丁寧に説明しながらも、大人の世界と子供の世界が入り混じったネットワークに対して、新しい社会とのかかわり方を見直す必要があることを指摘している。

2015/02/16 21:57

投稿元:ブクログ

ソーシャルメディアに関する問題を扱った本かと思いきや、もっと普遍的な問題を扱った本でした。

自分にとっては、やや読みにくい文体だったこともあり、★★★★★か★★★★☆で迷ったのですが、やはり、「扱っている内容が秀逸」ということで、★★★★★にしました。

「最近の若い人は…」とかいう人は、是非、この本を読んでください。
今の若者が生きている時代と、自分が若者だった時代は違うこと、でも、世代が同じであれば、同じような問題を抱えていることを、正しく理解できると思います。

2015/02/07 16:20

投稿元:ブクログ

アメリカでの、SNSを使うティーンエイジャーについて、調査し、考察された本。
テクノロジーが発達しても、本質的には変わらないといった主張は珍しい気がした。


印象に残ったのは、以下のところ。
・人種差別的な部分、格差な部分は、SNSが発達しても変わらないし、増幅させる面もある。
・親が介入してくるのが嫌なティーン達は、SNSでやりとりをする。特に親が使わないSNSで。
・あえて少し日常を投稿することで、親などに詮索されないようにしたり、仲間内にしかわからない暗号的な文章を書くティーンがいる。
・FacebookとTwitterでそれぞれ投稿内容を分けている人もいる。Facebookは観衆に大声で叫ぶイメージで、Twitterは部屋で話すイメージ。
・デジタルネイティブと言われていても、人によってリテラシーの差があるし、皆がインターネットやSNSに詳しいわけではない。デジタルディバイド(情報格差)もある。

児童・青少年 ランキング

児童・青少年のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む