サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー -作家で探す-”はじめての”小説 ポイント5倍キャンペーン  ~2/17

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 生命科学・生物学の通販
  5. 誠文堂新光社の通販
  6. 寄生虫ビジュアル図鑑 危険度・症状で知る人に寄生する生物の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/07
  • 出版社: 誠文堂新光社
  • サイズ:21cm/143p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-416-71452-2

紙の本

寄生虫ビジュアル図鑑 危険度・症状で知る人に寄生する生物

著者 濱田 篤郎 (監修)

寄生虫を正しく知って、身を守ろう! 人に寄生する生物を危険度や症状別に分類し、その生態を写真とともに紹介。感染経路などもわかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品...

もっと見る

寄生虫ビジュアル図鑑 危険度・症状で知る人に寄生する生物

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

寄生虫を正しく知って、身を守ろう! 人に寄生する生物を危険度や症状別に分類し、その生態を写真とともに紹介。感染経路などもわかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

戦後から現在にかけて衛生環境の整備が進んだため、寄生虫による被害が減り、駆除に成功したかにみえていますが、実は寄生虫に感染する人が増えています。
それは、
・交通網の発達やグローバル化によって、衛生環境が整っていない国やかつては行くことができなかった国への海外旅行者が増えたこと
・物流網が発達したことによって、魚介類の生食ブームが起き、サバやサンマ、イカといった寄生虫がつきやすいものを生で食べる機会が増えたこと
などが原因だとも言われています。
そうした中、本書は、それらの寄生虫感染に対する知識を身につけられるように、人に寄生する生物を症状や危険度別に分け、その感染経路などもわかりやすく紹介しています。
また、顕微鏡などで撮影した写真などで、その奇妙な姿に迫ります。【商品解説】

著者紹介

濱田 篤郎

略歴
濱田 篤郎:1955年東京生まれ。現在、東京医科大学病院渡航者医療センター教授。東京慈恵会医科大学卒業後、アメリカのCase Western Reserve大学へ留学し、感染症学やトラベルメディスンを修得する。帰国後、東京慈恵会医科大学熱帯医学教室講師を経て、2004年海外勤務健康管理センター所長代理、2010年7月より現職。海外渡航者の健康を支える。○主な著書『トラベルクリニック:海外渡航者の診療指針』、医学書院、2013.11『感染症日本上陸 新型インフルエンザだけじゃない! 今、感染症のグローバル化が始まった』、阪急コミュニケーションズ、2010.10『新疫病流行記―パンデミック時代の本質』、バジリコ、2010.8 『歴史を変えた「旅」と「病」』講談社、2008.12

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

危険な寄生虫

2017/08/03 22:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニサキスが話題になった日本。しかしアニサキス以上に危険な寄生虫はたくさんいるようだ。ここで感じるのは蚊が人間にとっていかに有害か。アフリカでは蚊によってマラリアが媒介され、死者を多く出している。蚊に刺されればかゆみを生じ、不快であるのに、様々な病気を媒介する害でしかない存在である蚊は人類の敵である。人類は蚊を退治することにもっと力を入れた方が良いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/21 13:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。