サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 失踪症候群 新装版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

失踪症候群 新装版(双葉文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/14
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: 双葉文庫
  • サイズ:15cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-51715-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

失踪症候群 新装版 (双葉文庫)

著者 貫井 徳郎 (著)

失踪した若者たちに共通点がある。その背後にあるものを燻り出すべく、警視庁人事二課の環敬吾は特殊任務チームのメンバーを招集する。私立探偵・原田征一郎、托鉢僧・武藤隆、肉体労...

もっと見る

失踪症候群 新装版 (双葉文庫)

670(税込)

失踪症候群 <新装版>

540 (税込)

失踪症候群 <新装版>

ポイント :5pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

失踪した若者たちに共通点がある。その背後にあるものを燻り出すべく、警視庁人事二課の環敬吾は特殊任務チームのメンバーを招集する。私立探偵・原田征一郎、托鉢僧・武藤隆、肉体労働者・倉持真栄。三人のプロフェッショナルは、環の指令の下、警視庁が表立って動けない事件を、ときに超法規的手段を用いても解決に導く。失踪者の跡を追った末、ついにたどり着いた真実とは。悪党には必ずや鉄槌を下す―ノンストップ・エンターテインメント「症候群シリーズ」第1弾!【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (13件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

<症候群>シリーズ第一弾。ドラマ化にあわせて手に取りました。

2017/05/23 03:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマは録画しているけどまったく手をつけられる状態ではなく、ひとまず先に<症候群シリーズ>第一弾・『失踪症候群』を読んでみた。
350ページもない、ということもあるけれど・・・ずっと翻訳ミステリを読んでいる身としては、日本人作家の本はなんだかんだいってやっぱり読みやすいなぁ、と実感。 母国語、共有できる同じ価値観など原因はいろいろありましょうが・・・でも日本のばかり読んじゃうと海外翻訳ものが読みづらく感じてしまうので(訳者の方によるけど)、自分としてはこれまで通りのペースを保ちたいところです(つまり、平行して両方読む。 今は海外もののほうが多いけど)。

なにか事件に巻き込まれたわけでもなく、失踪した若者たちにどうやら共通点があるようだ。 その背後関係を洗い出すべく、警視庁人事二課に所属する環敬吾はそれが警察上層部からの指示であっても警察としては動かず、自分が抱える<チーム>に調査を依頼する。 確証がないと動けない警察組織と違って、環のチームは勘だけで動ける。 時と場合によっては超法規的手段を使っても・・・という話。
原著は1998年。 なので社会風俗など若干の古さを感じるし、2017年の目から見ると当時の「意外な展開」がそれほど意外に感じられない・・・という悲しさはある。 15年前に読めてたら、もっと盛り上がったかも。
なんか失踪した若者に対して同情できない~。 当時より社会はもっと厳しくなってるってことかしら。
でも面白くないわけではなく・・・最後まで読めちゃいましたからね。
逆に、「これをどうやって<社会派ドラマ>にしているんだろう・・・」と心配になるくらい、ある意味『現代版・必殺仕事人』なんですけど。
ま、シリーズ一作目なのでこれは挨拶程度、次から実像をあらわにしていくのかも。
というわけで、引き続き第二作『誘拐症候群』に取り掛かります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドラマでみた

2017/09/25 00:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アイス - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマを毎週欠かさず観ていて面白かった
wowwowにも入っていてシーズン2もみたので是非、読んでみたくなった
まずは第一弾の失踪症候群 ちょっと変わったパターンで楽しみました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/10 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/23 05:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/17 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/24 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/13 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/16 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/29 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/28 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/15 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/26 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/03 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/07 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/08 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

双葉文庫 ランキング

双葉文庫のランキングをご紹介します一覧を見る