サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

失踪当時の服装は(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/28
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/366p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-15208-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

失踪当時の服装は (創元推理文庫)

著者 ヒラリー・ウォー (著),法村 里絵 (訳)

1950年3月。カレッジの一年生、ローウェルが失踪した。彼女は成績優秀な学生でうわついた噂もなかった。地元の警察署長フォードが捜索にあたるが、姿を消さねばならない理由もわ...

もっと見る

失踪当時の服装は (創元推理文庫)

1,080(税込)

失踪当時の服装は

1,000 (税込)

失踪当時の服装は

ポイント :9pt / 紙の本より80おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1950年3月。カレッジの一年生、ローウェルが失踪した。彼女は成績優秀な学生でうわついた噂もなかった。地元の警察署長フォードが捜索にあたるが、姿を消さねばならない理由もわからない。事故か?他殺か?自殺か?雲をつかむような事件を、地道な聞き込みと推理・尋問で見事に解き明かしていく。巨匠が捜査の実態をこの上なくリアルに描いた警察小説の里程標的傑作!【「BOOK」データベースの商品解説】

カレッジの1年生、ローウェルが失踪した。姿を消した理由もわからず、雲をつかむような事件を、刑事たちが地道な聞き込みと推理・尋問で見事に解き明かしていく。捜査の実態をこの上なくリアルに描いた警察小説の新訳版。【「TRC MARC」の商品解説】

雲をつかむような少女失踪事件を、刑事たちが地道な聞き込みと推理、尋問で解き明かしていく。捜査の実態をこの上なくリアルに描いた警察小説の代表的傑作、新訳決定版!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

新訳版のいいところ

2015/02/23 05:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みかけで何年もほったらかしのものもあれば、比較的買ったばかりなのにサクッと読んでしまうときもある。 なんなんでしょう、この違い。

 自分の記憶力について考えていたせいかも。 これは以前に旧訳を読んでるし、犯人は○○だったよな・・・というのを確かめたかった気持ちもあり。  この表紙の場所は△△△が見つかった場所かな、とか。

 1950年3月、マサチューセッツ州。 カレッジの一年生、18歳のローウェル・ミッチェルが寮から姿を消した。 自らの意志での失踪なのか、何らかの事件に巻き込まれたのか? 警察署長フォードをはじめとした警察官は総出で捜査に当たるが、2週間が経過しても手掛かりはなにも浮かばず。 一体ローウェルの身に何が起こったのか?、という話。

 一時期、ヒラリー・ウォーはまとめて読んだので、地の文などもっとそっけない印象が残っていたのですが(たとえば容疑者を取り調べる場面では、テープ起こししたもののように会話だけが続いたりとか。 あれは『事件当夜は雨』だったか?)、「あれ、フォード署長ってこんなお茶目な人物だったっけ?」とびっくり(唯一の大卒というキャメロン刑事とのお互いあてこすり会話が面白い)。 そのあたりは新訳による読みやすさによるものと思われます。

 そして2014年の視点から見たら、「あぁ、DNA鑑定したら一発なのに!」と思えてイライラしたり(すみません、『CSI:科学捜査班』の見すぎです)、逆に「無許可で容疑者の家探しなんかしたら公判に持ち込めないよ!」とハラハラしたり・・・ほんとに時代を感じましたよ。

 でも、<組織だった地道な捜査&リーダーシップとチームプレイ>という現在までに出来上がっている警察小説の雛型は存在し、探偵小説が隆盛していた中で“警察小説の里程標”と呼ばれる意味もわかります。
 他の作品も、読みなおしちゃくなっちゃいますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/21 11:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/06 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/25 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/17 02:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/22 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/10 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/11 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/13 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る