サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0815-19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/15
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:20cm/363p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-5053-9

紙の本

赤字の民主主義 ケインズが遺したもの (NIKKEI BP CLASSICS)

著者 ジェームズ・M.ブキャナン (著),リチャード・E.ワグナー (著),大野 一 (訳)

ケインズがいなければ、1960〜70年代の政治家がこんなに節度を失うことはなかった−。アメリカの財政赤字、通貨の膨張、公的部門の肥大化の原因を、ケインズ派の経済政策にある...

もっと見る

赤字の民主主義 ケインズが遺したもの (NIKKEI BP CLASSICS)

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ケインズがいなければ、1960〜70年代の政治家がこんなに節度を失うことはなかった−。アメリカの財政赤字、通貨の膨張、公的部門の肥大化の原因を、ケインズ派の経済政策にあると激烈に批判したノーベル賞学者の書。【「TRC MARC」の商品解説】

1000兆円を突破した日本の財政赤字をまつまでもなく、民主主義国の政府はとかく財政赤字を膨らませがちだ。民主主義が財政赤字を生み出すのは、ケインズ経済学に原因があると、ケインズ経済学全盛の1970年代に断罪したのが本書。
経済学の始祖アダム・スミスは「国家財政は家計となんら変わらない」と説いた。この「責任財政」の原則は、ケインズ革命によって崩れ去った。ケインズは、家計と財政は別物であり、均衡財政の「呪縛」から解き放たなければ、失業も不況もなくならない、と説いたからだ。「市場は不完全であり、不況時には財政赤字を通じて総需要を増やし、景気回復を図るべきだ」というケインズの教えは、瞬く間にアメリカの二流・三流学者を虜にし、教科書に盛り込まれた。ところが、1970年代に入って、アメリカの財政赤字は膨らみ、政府は肥大化し、インフレと高失業率が共存するスタグフレーションに苦しんでいる。
 やはりケインズが間違っていたのだ。どこか。不況時の財政赤字を好況時の財政黒字で相殺するというケインズの処方箋は、知識階級のエリート層が政策を自由に決定できる世界を想定している。しかし、現実の民主主義社会では、政治家は選挙があるため、減税はできても増税は困難だ。ブキャナン、ワグナーは、民主主義の下で財政を均衡させ、政府の肥大化を防ぐには、憲法で財政均衡を義務付けるしかない、と主張する。【商品解説】

目次

  • 第1部 何が起きていたのか 
  • 1・ケインズが遺したもの
  • 2・伝統的な財政観
  • 3・三流学者の改宗
  • 4.伝播する「教え」
  • 5・夢のあと
  • 第2部 何がいけなかったのか
  • 6・ハーベイロードの前提
  • 7・民主政治下のケインズ政策
  • 8・貨幣増刷と民主政治

著者紹介

ジェームズ・M.ブキャナン

略歴
〈ジェームズ・M.ブキャナン〉1919〜2013年。アメリカの経済学者。ノーベル経済学賞受賞。著書に「財政理論」など。
〈リチャード・E.ワグナー〉1941年生まれ。ジョージ・メイソン大学教授。専門は財政学、公共選択論。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

赤字ギャンブル

2018/11/19 10:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

家計と国家財政は違うものだと金を湯水のごとく使うケインズ経済理論は、課税も公債発行も基本的には同じという財政錯覚に過ぎず、効率的な資源利用よりも生産の拡大と雇用の創出に重点を置いた金利を上回る経済成長の重要性を無視した理論であることを再認識させ、政治家の愚行を戒める民主主義を希求する書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。