サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン(~1/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大破壊 下(扶桑社ミステリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/06
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/343p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07104-2
文庫

紙の本

大破壊 下 (扶桑社ミステリー)

著者 クライブ・カッスラー (著),ジャスティン・スコット (著),土屋 晃 (訳)

巨大な捜査網と権限を有する“ヴァン・ドーン探偵社”のアイザック・ベルが逮捕に動き出してからも、“壊し屋”の手が休むことはなかった。ベルも“壊し屋”に送りこまれた刺客によっ...

もっと見る

大破壊 下 (扶桑社ミステリー)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

巨大な捜査網と権限を有する“ヴァン・ドーン探偵社”のアイザック・ベルが逮捕に動き出してからも、“壊し屋”の手が休むことはなかった。ベルも“壊し屋”に送りこまれた刺客によって痛手を負ってしまう。“壊し屋”の手は西部からニューヨークへ、そしてベルの恋人マリオンの身にも危険が迫る。巧妙な破壊工作に、ベルは西へ東へと駆けまわる。だがやがてベルは“壊し屋”がサザン・パシフィック鉄道を狙う真の意図を見抜き、その正体へ肉薄していく―。好評“アイザック・ベル”シリーズ第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

巨大な捜査網と権限を有するヴァン・ドーン探偵社のアイザック・ベルが逮捕に動き出してからも、“壊し屋”の手が休むことはなかった。やがてベルは“壊し屋”がサザン・パシフィック鉄道を狙う真の意図を見抜き…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

馬を鉄道に置き換えた西部劇映画を観てる感覚を踏襲。更に、本作品では、ドイツの陰謀が絡んでくるという、スケールの大きさも楽しめる。

2018/06/21 09:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

馬を鉄道に置き換えた西部劇映画を観てる感覚を踏襲。S-1の翌年である1907年という時代を彷彿とさせる描写。蒸気機関車、ロコモービル(蒸気自動車)、服装の記述などなど。更に、本作品では、ドイツの陰謀が絡んでくるという、スケールの大きさも楽しめる。また、注意深く読み進めると、犯人像が早い段階で判るという楽しみもある。しっかりとした物語構成なので、犯人が判っても、いやむしろ判るため追う側の危機的状況が見えて迫力が増している。良いだけ引っ張っておいて最後の最後で、読者に隠していた新たな事実を次々と持ち出して一気に謎解き(辻褄合わせ)してみせる作品とは正反対である。言うなれば直球勝負といった感じの構成・展開も私好み。さて、本書では、ドイツが関与した西部劇に止まらないスケールの大きさとなったが、そのままS-3の「大諜報」に繋がるのでしょうね。今から楽しみ。
 英題:『The Wrecker』の「Wrecker」は、1.破壊者、難船略奪者、2.建物の解体業者、3. (事故車・違反駐車車を移動するための)レッカー車などの意味がある。個人的には、レッカー車のイメージが強かったため戸惑ったが、本質的には非常に「破壊」的要素の強い言葉なのですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大爆発【後編】

2017/12/05 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

キンケイドどアイザックベルとの息つまる橋を守る興亡がとてもテンポよく最後までノンストップで読んでしまいました。次回は是非、大追跡も読んでみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/26 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

扶桑社ミステリー ランキング

扶桑社ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。