サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

散り椿(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/12/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/422p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-102311-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

散り椿 (角川文庫)

著者 葉室 麟 (著)

かつて一刀流道場の四天王と謳われた勘定方の瓜生新兵衛は、上役の不正を訴え藩を追われた。18年後、妻・篠と死に別れて帰藩した新兵衛が目の当たりにしたのは、藩主代替わりに伴う...

もっと見る

散り椿 (角川文庫)

734(税込)

散り椿

734 (税込)

散り椿

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.5MB 無制限
Android EPUB 4.5MB 無制限
Win EPUB 4.5MB 無制限
Mac EPUB 4.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

かつて一刀流道場の四天王と謳われた勘定方の瓜生新兵衛は、上役の不正を訴え藩を追われた。18年後、妻・篠と死に別れて帰藩した新兵衛が目の当たりにしたのは、藩主代替わりに伴う側用人と家老の対立と藩内に隠された秘密だった。散る椿は、残る椿があると思えばこそ、見事に散っていけるもの―たとえこの世を去ろうとも、ひとの想いは深く生き続ける。秘めた想いを胸に、誠実に生きようと葛藤する人々を描いた感動長編!【「BOOK」データベースの商品解説】

かつて一刀流道場の四天王のひとりと謳われた瓜生新兵衛が、山間の小藩に帰ってきた。だが、18年ぶりの新兵衛の帰郷は、藩内抗争を呼び起こし…。秘めた想いを胸に、誠実に生きようと葛藤する人々を描いた時代長編。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

それぞれの生き様に、思わずこころが震える時代小説

ジュンク堂書店福岡店さん

上役の不正を訴え、藩を追われた主人公瓜生新兵衛は、病床にある最愛の妻である篠から、故郷の散り椿をみに戻ってほしい、そして篠がかつて想いをよせ、新兵衛の友人でもあった采女を助けてやってほしい、と頼まれる。
妻を看取った後、18年ぶりに帰藩した新兵衛は甥の坂下藤吾とともに藩主代替わりに伴う対立に巻き込まれていくこととなる。

タイトルにもある「散り椿」とは花がまるごと落ちる普通の椿とは違い、一枚一枚花びらがちっていく椿のことである。
本文の中に「散る椿は、残る椿があると思えばこそ、見事に散っていけるものだ」という台詞があるが、
この言葉にひめられた二つの意味を知ったとき、ひとを愛するとはこういうことなのか、とはっとする思いだった。
愛するひとが大切にしているものは、自分にとっても大切なものだ、と、嫉妬に身をこがしながらもそう言い切った者と、たとえ誤解をまねこうとも愛するひとを守り抜きたいと願った者。
それぞれの生き様に、思わずこころが震える時代小説だった。

みんなのレビュー35件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

武士の矜持

2015/06/14 09:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:乾 辰巳 - この投稿者のレビュー一覧を見る

藩の派閥争いの中で生き、そして死んでいった、かつて四天王と呼ばれた道場仲間たち。
葉室さんが繰り返し描かれる武士としての生き方が余すところなく描かれています。
人として生きる現代人とは違う武士の矜持。やや理想化されているきらいがあり、
ストーリーもちょっと都合がいいかなとも思いますが、それでも采女の最期など心を打たれました。
また古今集から引かれた短歌がストーリーとよく合っていて、ここも読みどころです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

散り椿

2017/08/29 17:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雨読 - この投稿者のレビュー一覧を見る

扇野藩六万五千石の御家騒動で、かつて同じ剣術道場で四天王と言われた、四人の友情や藩政への関わり、主人公である瓜生新兵衛が妻・篠と死に別れて帰藩し御家騒動に巻き込まれつつ、過去の真相が明らかになって行く、篠が遺言で夫にかつて在所の庭で見た散り椿を、代わりに見てと言ってた真意など、武士の世のせつなさを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

凄まじい!

2016/11/28 14:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひのえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分個人よりも家が大切だった時代。どうにもならない自分よりも大きな組織。その中で自分として生きていこうとする強さがかっこいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/20 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/11 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/27 13:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/06 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/30 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/30 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/12 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/06 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/27 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/04 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/22 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/05 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る