サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 中央公論新社
  6. 中公新書
  7. 天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災(中公新書)
天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災(中公新書) 天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 41件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/11/20
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102295-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災 (中公新書)

著者 磯田 道史 (著)

【日本エッセイスト・クラブ賞(第63回)】大地震、噴火、台風…。史料に残された災いの記録をひもとくと、もう一つの日本史が見えてくる。東日本大震災後に津波常襲地に移住した著...

もっと見る

天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災 (中公新書)

821(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本エッセイスト・クラブ賞(第63回)】大地震、噴火、台風…。史料に残された災いの記録をひもとくと、もう一つの日本史が見えてくる。東日本大震災後に津波常襲地に移住した著者が、災害から命を守る先人の知恵を伝える。『朝日新聞』be連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

磯田 道史

略歴
〈磯田道史〉1970年岡山県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(史学)。静岡文化芸術大学教授。「武士の家計簿」で新潮ドキュメント賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー41件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

歴史から学ぶ防災の知恵

2015/01/04 11:16

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

磯田氏は、東日本大震災を直接のきっかけとし、各地の過去の諸災害の被害状況等を古文書で発掘し、今後の防災に活かす研究を重ねています。本書は、こうした研究の成果として、朝日新聞に連載された自然災害にかかる歴史エッセイの新書化です。
 第1章は秀吉と地震、第2章は宝永津波と富士山大噴火、第3章は山津波(土砂災害)と高潮、第4章は幕末史と災害、第5章は磯田氏のご先祖様や森繁久彌が遭遇した津波からの教訓、第6章は東日本大震災からの教訓という構成でした。自然災害が多発する日本では、災害の記録が古文書に克明に刻まれています。先人たちが、後世のために遺した災害の記録や過去の痕跡を無視し、経済合理性を優先してきた現代人の驕りが、被害を拡大させていることが、良くわかりました。
 一方、二つの大地震が豊臣家や徳川家の命運を左右したこと(第1章)、安倍清明が津波を封じた塚の話(105ページ)、土御門家(清明の子孫)が地震を予知した話(132ページ)、藤田東湖は母を助けるために圧死した(147ページ)等々興味深い史実も多く語られていて、たいへん面白かったです。
 とにかく、磯田氏の著作は史料・古文書に裏打ちされていますので、説得力や安心感があるというのが、あらためての私の読後感です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天災から日本史を読みなおす

2015/11/11 21:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どらえもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史からいろいろなものを読み取る方です。下級武士の家計を扱った「武士の家計簿」は、映画になりました。日本の各地で起こる地震は、予知がなかなか難しいですが、過去の歴史をたどってみると、同じような地域で起きています。津波が来た場所は、現在にも生きていて、震災の時、ここは津波が来るということで、塩入とか、入江、汲み上げ、沢、谷、出水とかが残っていますが、全て水にかかわることで、水がでます。地名からも地形が読み取れます。著者は、古文書が好きで見るとわくわくしてくるという。とても分かりやすく、現代に忠告している古代のメッセージが書かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

災害史の重要性

2015/01/26 18:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夢の巣 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞連載の頃から注目、出版を待ちかねていました。
連載とは記事の順番が異なり、また一部加筆・修正・削除もありますが、全体的にはほぼ同じ内容です。しかし、改めて読みなおしても興味深く感じられました。

「人は歴史から何も学ばない」という言葉があるそうですが、地震・津波・土砂崩れなど天災の歴史からはぜひ学ぶべきです。文明がどれだけ進もうとその重要性には変わりないと、本書からよくわかります。
また、歴史を災害との関連性から検討すると、新たな一面が見出されるということも学ばせていただきました。

研究とはいっても、一般向けに平易で読みやすく書かれており、決して難しくはありません。多くの方にお薦めしたい良書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史から天災を学ぶ

2018/05/08 06:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やぶやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

磯田道史『天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災』(中央公論新社) 
1 この本には人名・地名・災害名の索引があり、便利だ。
2 地震・津波などの歴史上災害を「古文書」を引用して私たちにわかりやすく解説してくれる。
3 それだけではない。たとえば、「1588年の天正地震が福井県の若狭湾に津波をもたらしたことは、忘れてはならない。」との記述や「正確な情報をもとに、原発が安全か危険かを判断し、その将来を決めるのは、役所でも電力会社でもなく、有権者たる我々自身だから、しっかりみて判断材料にしていただきたい。」との記述は、読者に対し、傍観者ではなく、自分の問題として考えよと警告してくれる。
  そのような記載はたくさんあります。
4 メモをとりながら、1か月余で三回も再読しました。

著者の続編を拝読したいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どの章も面白い。歴史から学ばなければならない教訓。

2017/11/05 12:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまがわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どの章も面白かった。
江戸時代の宝永地震や富士山噴火の様子、
日本史上の土砂崩れや高潮、津波被害の話など、
現在と未来の我々が、教訓としなければならないような話がたくさん。

近年の1946年の昭和南海地震や2011年の東日本大震災のときの
津波についても、ページが多く割かれていて良かった。


以下は本文より引用。

『 わかっているのは、
1.南海トラフの地震は約一〇〇年の周期で発生。
2.同時もしくは数年内に遠州灘から四国沖まで連動するのが普通である。
3.古文書の記録によれば九〇年間より短い周期で二回おきたことは歴史上確認できない。
4.歴史記録のしっかりしている南北朝時代以降で観察すると一五〇年の間におきなかったことは一度もない。
以上のことである。』

『つまり、東海地震や関東地震がおきる時には、十三回中五~六回=四割前後の確率で、
前後二十五年以内に富士山の噴火がおきるという心積もりは必要なようである。』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エッセイスト・クラブ賞受賞の先人に学ぶ防災

2016/06/26 13:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mabo- - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の古文書を手掛かりとした地震、津波、火山噴火、山津波などの記録の
探索行。
推理小説風の叙述でぐいぐいと引き込まれる。
古文書の記録も現代人に解読可能に注釈され、その内容には著者と同じく
読者の涙も誘う。
防災のために強い印象が残る好著である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古文書を現代に「売れる」言葉へ仕立てる巧さ

2015/07/29 23:25

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tadashikeene - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHK-BSプレミアム「英雄たちの選択」の進行役でおなじみの磯田道史氏。本作で日本エッセイスト・クラブ賞に輝いた。古文書から歴史の伏流水である人間の営みを汲み取り、現代人の心根に響く視点を提示する才能は稀有。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/11 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/18 07:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/26 06:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/10 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/20 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/15 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/10 05:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/31 02:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む