サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1127-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/03/06
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:21cm/157p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-7528-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

スイッチング電源制御設計の基礎

著者 安部 征哉 (著),財津 俊行 (著),二宮 保 (監修)

スイッチング電源の基本的な回路構成と動作原理をはじめ、状態平均化法によるコンバータの解析、スイッチング電源の制御機構と三つの指標、降圧型及び昇圧型コンバータの制御系設計な...

もっと見る

スイッチング電源制御設計の基礎

税込 3,300 30pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

スイッチング電源の基本的な回路構成と動作原理をはじめ、状態平均化法によるコンバータの解析、スイッチング電源の制御機構と三つの指標、降圧型及び昇圧型コンバータの制御系設計などを解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

電源の制御をデジタル化するデジタル電源の広がりや、双方向電源によるエネルギーの有効活用など、電源の制御設計の重要性が増している。様々なアプリケーションに対応した電源システムの構築には、電源の普遍的な制御理論を熟知し設計することが重要である。

本書では、これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例を解説している。電源の制御設計において重要な制御対象である電源主回路を、解析により定式化する。その手法として負荷電流を変数にした新しい状態平均化法を用いている。制御系を包括的に設計するために重要な3つの指標(三種の神器:一巡伝達関数、出力インピーダンス、入出力特性)について解説。事例として非絶縁DC-DCコンバータを例に分かりやすく解説。

【主な内容】

・スイッチング電源とその制御の歴史
・基本的なコンバータ回路の説明
・状態平均化法によるコンバータの解析
・降圧型コンバータの伝達関数の導出
・昇圧型コンバータの伝達関数の導出
・スイッチング電源の制御機構と3つの指標(三種の神器)
・一巡伝達関数
・出力インピーダンス
・入出力特性
・降圧型コンバータの制御系設計
・昇圧型コンバータの制御系設計【商品解説】

電源制御理論の本質を身に付けるための新定番。電源制御の“三種の神器”である一巡伝達関数、出力インピーダンス、入出力特性、といった、これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例を解説している。電源制御の普遍的な理論が身につく。【本の内容】

著者紹介

安部 征哉

略歴
〈安部征哉〉九州工業大学大学院生命体工学研究科准教授。博士(工学)。
〈財津俊行〉日本テキサス・インスツルメンツ上級主任技師。博士(工学)。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

SW電源の制御系について

2015/11/10 14:56

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フィジックス - この投稿者のレビュー一覧を見る

スイッチング電源の制御の本です。非絶縁のコンバータの状態平均化法から伝達関数、誤差増幅器(補償器)のタイプ、ボード線図の形成など、日本語の本/制御の教科書ではこれまで私が見かけなかった内容でした。電源の制御系の数式を勉強するガイドになると思います。個人的に見やすい文字なので、高評価にします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。