サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 竹書房の通販
  6. 竹書房文庫の通販
  7. 立川談志まくらコレクション 談志が語った“ニッポンの業”の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

立川談志まくらコレクション 談志が語った“ニッポンの業”(竹書房文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2015/01/17
  • 出版社: 竹書房
  • レーベル: 竹書房文庫
  • サイズ:15cm/356p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8019-0065-3
文庫

紙の本

立川談志まくらコレクション 談志が語った“ニッポンの業” (竹書房文庫)

著者 立川 談志 (著),和田 尚久 (構成)

天才落語家・立川談志が“まくら”で斬ったあの事件、あの出来事。昭和・平成の世相史をイッキ読みする、珠玉の“落語まくら集”。スマホで落語三席を聴ける、2016年5月末日まで...

もっと見る

立川談志まくらコレクション 談志が語った“ニッポンの業” (竹書房文庫)

896(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

天才落語家・立川談志が“まくら”で斬ったあの事件、あの出来事。昭和・平成の世相史をイッキ読みする、珠玉の“落語まくら集”。スマホで落語三席を聴ける、2016年5月末日まで有効のQRコード特典頁付き。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

芸としての毒舌奇行

2018/09/25 22:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和田呂宋兵衛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

伝説となるほどの毒舌奇行の人である。「二日酔い記者会見」で沖縄開発政務次官を棒に振り、それをマクラに爆笑を取る無茶ぶり。今日びの毒舌を売りにする芸人、タレントなど、裸足で逃げ出すだろう。だが不思議なことに、いわゆる破滅型の芸人ではない。落語協会を飛び出して立川流の「家元」を名乗り、育てた弟子達は今や落語界の一大勢力となっている。落語のマクラを集めた本書も、一見無茶苦茶を言っているようで、芸への強いこだわりが感じられる。生涯、「洒落のキツさ」をギリギリまで追求した求道者と言えるかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時代を語るまくら

2015/12/22 23:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:人麻呂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

立川談志の落語のまくらは、時代に密着している。その時々の世相をブラックな視点で批評することで、結果的にそれは時代の暗部や愚かさを暴きだしている。すぐれた落語家は、同時代のすぐれた観察者であるということが、この本を読めば納得できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/19 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/15 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/24 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/02 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

竹書房文庫 ランキング

竹書房文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む