サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/03/06
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫カレッジ
  • サイズ:15cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-907027-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

津波の墓標 (徳間文庫カレッジ)

著者 石井 光太 (著)

圧倒的な破壊のさなかで心に刻み込まれた、忘れられない光景…。東日本大震災後、多くの被災地を回った著者が、そこで言葉を交わした人々や出来事を、ありのままに書き綴る。〔201...

もっと見る

津波の墓標 (徳間文庫カレッジ)

税込 814 7pt

津波の墓標

税込 814 7pt

津波の墓標

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 41.2MB
Android EPUB 41.2MB
Win EPUB 41.2MB
Mac EPUB 41.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

圧倒的な破壊のさなかで心に刻み込まれた、忘れられない光景…。東日本大震災後、多くの被災地を回った著者が、そこで言葉を交わした人々や出来事を、ありのままに書き綴る。〔2013年刊の加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

釜石市の遺体安置所を舞台にした『遺体』。各所で絶賛されたこの作品では描けなかった、小さな物語を集めたノンフィクションです。被災した人々は、肉親の死をどう受け入れているのか。各地の避難所で起こった「幽霊騒動」とは? DNA鑑定が遅遅として進まないのはなぜか? マスコミが報道してこなかった震災の真実を、つぶさに取材してき石井光太氏がすくいとります。震災の果てに希望を見出した著者の、限りなく優しいまなざしが胸に迫ります。【商品解説】

映画化になった『遺体』では描けなかった震災の真実の姿を写真とともにあぶりだすノンフィクションエッセイ。
これまで報道されてこなかった、東日本大震災の真実。震災から4年。私たちがけっして忘れてはならない出来事。早くも文庫化【本の内容】

これまで報道されてこなかった、東日本大震災の真実。震災から4年。私たちがけっして忘れてはならない出来事がここにはある。【本の内容】

著者紹介

石井 光太

略歴
1977年生まれ。ノンフィクション作家。海外ルポをはじめとして、国内外の文化、歴史、医療についての文章を多数執筆。著書に『物乞う仏陀』『絶対貧困』『レンタルチャイルド』『遺体』など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

真実の光と影

2016/03/12 09:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

悲しみは同じではない。
 東日本大震災の被災時の状況などを耳にするたび、そう思う。
 死者15894人、行方不明2561人。この数の、きっと数倍の悲しみがあの日とあの日に続く日々にはある。
 しかも、震災から5年経っても今なお避難生活をおくっている人が17万人以上いる。
 この作品は2011年3月11日に起こった東日本大震災のあと、ほぼ2カ月半を被災地で過ごした著者が現場で見聞きしたいくつかの話を記している。
 著者には被災地での取材活動の中ですでに『遺体―震災、津波の果てに』という良質の記録作品がある。その中で書き記されなかった多くの人たち、悲しみを、この作品で掬い取る形になっている。
 著者はいう。「一つひとつがまったくちがう意味と重みを持つものになるだろう」と。

 東日本大震災の報道で海外メディアは口々に東北の人たちがまじめでおとなしく淡々と避難生活を送っていたかのように報じた。
 しかし、実際にはそうではない負の面もあったことを、この作品では取り上げている。
 それは商店や住居からの強奪だけではない。ATMからなくなった現金は6億を超えると記されている。
 被災地だから善ばかりが語られることはない。真実を知ることと、悪を過大に解釈することは違う。
 まして、なくなったお金にしろ被災者が盗んだものとは限らない。
 あの混乱の中、被災地にもぐりこんだ多くの人たちがいただろう。
 たくさんの遺体をカメラにおさめて記念撮影する人たちの様子も、ここには書かれている。
 人の行為のすべてが善なのではない。
 大きな厄災は時に人間の本質をさらけ出す。

 それは報道する側も同じだ。被災から数カ月もすれば復興の明るいニュースが目立ってきた。視聴者や読者がそれを欲していることもある。それもまた事実だろうが、報道する側に選ばれた事実である。
 震災から5年経った報道も同じだ。明るいニュースの影でいまだに歯を噛みしめている人たちがいることを、忘れてはいけない。

 真実とはなんと空しいことか。
 もはや数字だけが信頼できる、そんな殺伐としたものを感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

震災報道とは

2015/07/19 21:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

マスメディアとは異なる視点から捉えられた、東日本大震災被災者・被災地の負の部分。

被災した家屋の金庫を工具でこじ開けようとした若者たち。被災者から痴漢行為を受けた女性ボランティア。Vサインで被災地の記念写真を撮ろうとし、被災者の怒りを買ったボランティア。ブルーシートをめくって遺体の顔を撮影するカメラマン。震災によって家庭崩壊の危機に陥った被災者。

このドキュメントを読むと、マスメディアが伝える被災者・被災地は、表面的な綺麗事ばかりと思える。異常な事態に直面した時、自己防衛本能から、人は負の部分を剥き出しにする。震災報道のあり方を強く考えさせられる書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/01 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/19 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/12 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/14 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/21 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。