サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 督促OL修行日記

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

督促OL修行日記(文春文庫)
督促OL修行日記(文春文庫) 督促OL修行日記(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 47件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/03/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790317-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

督促OL修行日記 (文春文庫)

著者 榎本 まみ (著)

入金要請の電話をかけると、お客様から罵声の嵐…。日本一ストレスフルな職場・督促コールセンターに配属された著者は、入社半年後には体重が10キロも減ってしまう。しかしある時、...

もっと見る

督促OL修行日記 (文春文庫)

594(税込)

督促OL 修行日記

590 (税込)

督促OL 修行日記

ポイント :5pt / 紙の本より4おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

入金要請の電話をかけると、お客様から罵声の嵐…。日本一ストレスフルな職場・督促コールセンターに配属された著者は、入社半年後には体重が10キロも減ってしまう。しかしある時、一念発起!気弱なOLがトホホな毎日を送りながらも、独自に編み出したノウハウで、年間2000億円の債権を回収するまでの実録。【「BOOK」データベースの商品解説】

1時間60本ノルマの入金要請の電話をかければ、お客様からの罵声、怒声、脅しのオンパレード…。年間2000億円の債権を回収する督促OLのサバイバルな日常を綴る。超ストレスフルな仕事の乗り越え方も紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

人見知りで気弱なOLが、年間二千億円の債権を回収するまで

「今度電話してきたらぶっ殺す!」日本一ツラい職場で、ストレスから心身共に衰弱しつつも一念発起、独自に開発した究極のメソッド。

01 ここは強制収容所?
1時間に60本の電話!?
耳をつんざき罵声で脳が凍死……
13名のイケニエたち
パンデミック勃発!

02〝ブラック部署″の紅一点!
イケメンパラダイスの夢かぶれ……
海千山千の多重債務者たち
勤務時間は朝7時から終電!?
朝から戦争……
夜9時からは「手紙の時間」
ゴールデンウィーク後、涙の12連勤
督促OLのコミュ・テク!
その1 約束日時は相手に言わせる

03 ストーカー疑惑と襲撃予告

会社名を名乗れない苦悩
通報されそうに!?
初の指名電話は〝襲撃予告″
ガソリンが撒かれていたことも……
そしてついに、爆破予告
大長編私小説を読むのも仕事
私、回収の才能なさすぎ!?
お客を信じてはいけない
督促OLのコミュ・テク!
その2「お金返して!」と言わずにお金を回収するテクニック

04 謎の奇病に襲われる……
やっぱり、心・因・性!?
カウンセリングはビジネスライク
そして、彼もいなくなった……
ユニクロパンツから紙パンツ
サークルのOB会で 93
キラ星のような同期たち
督促OLのコミュ・テク!
その3 いきなり怒鳴られた時に相手に反撃する方法

05 自分の身は自分で守る
先輩からワザを盗め
電話キョーフ症を脱出
小さな大発見
バディ交渉術!
お客さまトレード
悔しさと意地を捨てる
お客さまタイプ別攻略法
お金があっても払わない「論理タイプ」
督促女子のお客さま研究会
女子力は不可能を可能にする
督促OLのコミュ・テク!
その4 厳しいことを言う時のツンデレ・クロージング

06 N本、大抜擢される
生き残っているだけで、エライ
年間2000億の回収部署へ
入社半年で上司!?
コールセンターの青いあくま
また一人ダメに……
「N本さんごめん」去っていくオペレーターさんたち
同期が倒れた日
不幸になる仕事

07 自尊心を埋める
自尊心との闘い
感情労働はツライよ
エース・イケメンM井さんのメントレ
悪口辞典
怒鳴られることが待ち遠しい!
話し方に自信をつける方法
督促OLのコミュ・テク!
その5 クレームには付箋モードで反撃

08 濃すぎる人間修行
呪いの水晶玉
カネと泪と男と女
彼氏に湧き上がる怒り
悪いオンナにだまされて
心根の優しい人たち
家出の責任を取らされる!?
回収率100%の奇跡の債権?
一瞬の沈黙の後に……
督促OLのコミュ・テク!
その6 「誤ればいいと思ってんだろ!」と言われない謝り方

09 センパイ武勇伝
督促の過去
気の優しいおばあさんが……
真っ黒な街宣車がやってきた
督促今昔物語
信用のない人は救急車も助けてくれない
督促OLのコミュ・テク!
その7 「ごめんなさい」と「ありがとうございます」の黄金比

10 合コンサバイバル
督促OLの都市伝説
督促修行で〝だめんず″好きに終止符
肩書き系からも卒業
督促OLのコミュ・テク!
その8 声だけ美人になる方法

11仕事からもらった武器と盾
弱者には弱者の戦い方がある
心の通り魔
涙味のお菓子
血の通った熱い悪口、求む

おわりに
文庫版あとがき
参考文献
解説 佐藤優【商品解説】

「今度電話してきたらぶっ殺す!」日本一ツラい職場で、ストレスから心身共に衰弱しつつも一念発起、独自に開発した究極のメソッド。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー47件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

役立ちました!

2015/08/30 22:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kaz - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすい構成、笑いを挟みながら、なるほどなぁと感心する。
本の世界に引き込まれるように、一気に読み終えました。

とても過酷な環境で、よく乗り越えられたと著者を尊敬しました。

内容はビジネス面での応用はもちろん、対人関係においても大変役立つと思います。
人との接し方を再考でき、気持ちが明るくなれる方法を学びました。

読み応えのある良書でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんな世界があるとは

2015/11/14 08:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シンジー - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰でも一度は経験のある、コールセンターへの問い合わせ、このような世界があるとは。ついこちらの口調がきつくなってしまうが、気をつけなければと反省した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

興味深い本です。

2015/09/16 17:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

軽い気持ちで読み始めたので、その分とても衝撃を受けました。修行というより、戦いのようでした。自分を守るべく、退避しても無理のない場所で、向き合うことを選んだ著者はすごい人だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

貸した金返せよ

2016/11/27 19:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鯉狂い - この投稿者のレビュー一覧を見る

結構キツい仕事が世の中にはあるものだな?と思う反面、彼ら/彼女らの目的遂行のためのテクニックは自身の仕事でも非常に参考にさせて頂いている。
ま、何にせよー貸す方も貸す方な気もしてくるけどー借りた金は皆、早く帰しましょ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/04 04:36

投稿元:ブクログ

よく確認をせずに小説だと思って衝動買い。
カード会社の督促コールセンターに配属されたOLの体験談。
ごく平均的な女性が、地道に努力して、生き残るすべを体得していく。
心の持ち方って大切だなと思う。

2015/10/23 21:08

投稿元:ブクログ

サポセンですらしんどいのに、お金の督促はもっとしんどいよなーって思いながら読んだ。自身の経験から得た「督促OLのコミュ・テク」すごいな。具体的な理由で謝罪、ゆっくり話す、声だけ美人はやってたなぁ。付箋モードも使える(うちは筆記用具持ち込み禁止だったから、メモ帳アプリにフレーズ記載してた)。

2016/06/23 02:21

投稿元:ブクログ

私もクレジット借金滞納すると、電話もらえちゃったりするのかな~~。と、ちょっと間違った方向だけれど、あえて一回くらい滞納してみたくなった。どんな人がお電話くれるんだろう、って期待しちゃう。
著者のちょっとずつ成長していく姿は、読んでいて気持ちいい。慣れるようになるまで抱えていた辛さやストレスは計り知れないが。辞めずに逃げずに頑張ってここまで上り詰めた姿は尊敬に値する。

2016/05/29 11:19

投稿元:ブクログ

カード会社の督促をする部に配属された新人OLがチーフになるまでの奮闘記。面白いけど、話が進んでいかない。素人っぽくていい味を出しているとも言えるけど、キレはよくない。

2015/04/20 09:09

投稿元:ブクログ

信販会社のキャッシング督促部門に入社してすぐ配属された著者による「修行日記」。
督促とは「お金借りておいて返さない奴が悪い」って正論を振りかざすだけではどうにもならない、とてもハードなお仕事。
著者には「なぜ返せないんだろう」と相手の状況を理解しようとしたり、「これ以上お客様の信用を失わせてはいけない」と思いやったりできる心根があり、精神を病んで退職する人が多いコールセンターの現実をなんとかするために、督促という仕事をするうえでお客さんに立ち向かう方法を研究しよう、という心意気がありました。
ここに書かれているコミュニケーションのコツやストレスマネジメントなどの方法は、他のお仕事にも応用できます。私自身やってみよう!と思うものもたくさんありました。
面白くてためになる本でした。

2015/05/21 20:07

投稿元:ブクログ

どんな仕事も考え方ひとつで変わるのかも。ポジティブにとらえることが大切なのだな、と感じさせられた1冊。
ゆっくり話す、っていうのは参考になった。

2015/05/24 14:59

投稿元:ブクログ

***「弱者戦略」と「仕事の大義」***

会社の中で不人気NO.1のブラック部署「督促コールセンター」に配属された気弱な新人OLの成長日記。

営業に携わる人間としては、お客様とのコミュニケーション上役に立つ点、共感する点が多かった。
ただそれ以上にこの本を特別なものにしているのは、彼女のどんな困難からも逃げない姿勢だと思う。
「なんでできないんだろう」「どうやったらできるようになるだろう」と自問自答を繰り返しながら、少しずつ前進していく。
彼女の通った道はそのまま「人よりできない自分」が生き残るための「弱者戦略」となる。

誰からも嫌われる仕事…?
でもそれはお客様の「信用を守る」仕事でもある。
ジョー◯アのCMじゃないけど、世界は誰かの仕事で回ってる。

「何でその仕事をしてるの?」
そう聞かれた時に答えられるかどうかで仕事の質が決まるのだ。

2016/12/19 12:10

投稿元:ブクログ

私にはこの仕事は無理だ。普通の電話ですら嫌なのに。
へこたれずに現状を打開する方法を考え、実践する筆者には脱帽です。
その姿勢は見倣いたいかな。自分に過剰な負担をかけない程度で。

2015/04/11 14:50

投稿元:ブクログ

私は審査部門と店頭だったけれど、著者と同じくクレジット会社で働いていた事がある。
督促でなくても、接客業をしているとさまざまな迷惑客がいるし、どんな時に人間が虚勢を張るか、どういう行動に出るか…たくさん人を見れば見るほど、一定の法則がある事に気付いたりもする。
自分に自信のない人間ほど吠える。犬と同じである。

著者が今でも同じ仕事を続けているというのが、まず凄い。
だからと言って、仕事をすぐに辞めてはいけないということではない。
人間観察して、人間の行動パターンを知り、自分の行動に生かせると良い。

『ゆっくり話す事』が大事。
前に読んだお仕事の本にも出て来ていて、これは重要なんだなと思いました。

2015/03/16 20:40

投稿元:ブクログ

読みやすかったので一気に読了。

督促業界って大変だなぁ。
でも、そんな中で生き残る術を身につけていった著者さんはすごいなぁ。

ストレスで体調を崩すことが何度もあったみたいだけど、文庫版あとがき(260頁)の

「(前略)ストレスを感じることは、もしかしたら新しく成長している素敵な兆候なのかもしれません。」

このくだりが印象に残った。

2015/03/31 22:39

投稿元:ブクログ

どんなにスキルがなくて劣悪な環境でも改善とステップアップの余地があり、特殊な技術や、スキルがある人よりもコツコツと地道にこなせる人が最終的には凄い結果を出せる見本。