サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー -作家で探す-”はじめての”小説 ポイント5倍キャンペーン  ~2/17

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/03/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/156p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790332-9
文庫

紙の本

すみれ (文春文庫)

著者 青山 七恵 (著)

十五歳のわたしの家にとつぜんやってきて、一緒に住むことになった三十七歳のレミちゃん。むかし作家を目指していたレミちゃんには「ふつうの人と違う」ところがあった…。季節のうつ...

もっと見る

すみれ (文春文庫)

税込 572 5pt

すみれ

税込 570 5pt

すみれ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.9MB
Android EPUB 4.9MB
Win EPUB 4.9MB
Mac EPUB 4.9MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

十五歳のわたしの家にとつぜんやってきて、一緒に住むことになった三十七歳のレミちゃん。むかし作家を目指していたレミちゃんには「ふつうの人と違う」ところがあった…。季節のうつりかわりとともに描かれる人と人とのきずな、人間のみにくさと美しさ。そして涙がおさえられない最後が待ち受ける。【「BOOK」データベースの商品解説】

「あたし、当たり前の幸せなんか、いやだ…」 大人になりきれない37歳の元文学少女レミちゃんと、もう子どもではいられない15歳の作家志望の藍子の、心ゆさぶる友情の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

涙がおさえられない最後が待ち受ける

十五歳のわたしの家にやってきた三十七歳のレミちゃん。作家を目指していたレミちゃんには「ふつうの人と違う」ところがあった……。【商品解説】

15歳のわたしの家にやってきた37歳のレミちゃん。作家を目指していたレミちゃんには「ふつうの人と違う」ところがあった……。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.3

評価内訳

電子書籍

今から

2018/12/25 13:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

20年ほど前のお話ですね。
自分にとっては、最近というイメージだけど、読んでみたら、この20年で変わった事も色々あるかもしれない。それをこの小説の中に探しに行きたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

手を放してしまった誰かに。

2018/01/23 11:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kaoriction - この投稿者のレビュー一覧を見る

ページ数も少なく、案外サクサクッと読めてしまうのだが、深い。
そして、難しい内容だ、と思う。

まだ余韻が残っているし、語りたいこと、書きたいこともたくさんあるのだけれど、まとまらないし漠然としすぎている。

なんだろう、この感覚は。

親としても、ひとりの人間としても、様々なことを考えてしまう、考えさせられる作品。
もう一度、じっくり読み込みたいと思った稀な作品。

十五歳の藍子の家に突然やってきた三十七歳のレミちゃん。両親の大学時代の友人だ。彼女は昔、作家を目指していて「ふつうの人と違う」ところがあった。

レミちゃんと藍子の生活を通して描かれる 人として、ひとりの人間として生きてゆくココロの在り方。人間のココロの、ほんとうの部分とそうでない部分と。葛藤。

「青春小説」とか「少女の成長物語」とか、そんなヤワな言葉では片付けられない気がする。

突然やって来たレミちゃんは突然去ってゆく。もう少しレミちゃん側の物語としても読んでみたいと思った。
斉藤くんの手紙には何て書かれていたのか、とか。
長編としても十分成り立つ作品に思える。

「レミちゃん、わたしね、いちばん大事な言葉に何枚もいらない飾りの言葉をかぶせて、包んで、本にして、知らないだれかに投げつけてるの。そのうちたったひとりでもいい、だれか一人が最後の大事なひと言にたどりついて、それを何かの助けにしてくれたなら、今まで自分が手を放してしまっただれかが、別のだれかにきっと救われるんだって、ほとんど祈るみたいに、無理やり信じて、書いてるの。」

この言葉は、作者自身の書くスタンスなのかな?と思ってしまうのはあまりにも浅はかなのだろうか。。。?

一生懸命に言葉を探して、生きる意味を探して、もがいて、苦しんで。不器用な人たちの居場所はいったい…

そして、レミちゃんはどこかで藍子の書いたものをきっと読んでいる!と信じて、願って。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/09 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/08 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/02 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/06 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/01 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/05 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/12 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/13 11:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/01 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/28 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/02 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/14 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/10 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。