サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

敗者のゲーム
敗者のゲーム 敗者のゲーム
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2015/01/23
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:20cm/261p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-35628-6
専門書

紙の本

敗者のゲーム

著者 チャールズ・エリス (著),鹿毛 雄二 (訳)

市場に勝つことがきわめて難しくなった今、最も簡単かつ結果の出る方法は、インデックス・ファンドを活用することだ! プロ・アマ問わず幅広い投資家に向けたメッセージとして、時代...

もっと見る

敗者のゲーム

1,836(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

市場に勝つことがきわめて難しくなった今、最も簡単かつ結果の出る方法は、インデックス・ファンドを活用することだ! プロ・アマ問わず幅広い投資家に向けたメッセージとして、時代を超えて読み継がれる運用哲学のバイブル。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

チャールズ・エリス

略歴
〈チャールズ・エリス〉1937年生まれ。ニューヨーク大学でPh.D.取得。グリニッジ・アソシエイツを設立、30年にわたり代表パートナーを務める。ホワイトヘッド財団理事長。著書に「キャピタル」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

インデックスとは

2016/11/09 18:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こけさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

インデックスをするとモウカルという本。でも、どのようなタイミングでとか、資金量が少なくとも大丈夫なのかとかはあんまり答えてくれない。おそらく超然とインデックスに投資するんだということだろうが、素人としてはそんな態度がなかなか取れないなぁと思うところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容的にはインデックス投資を勧める本です

2015/11/03 20:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tr - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人投資では致命的な損失を出すことが許されない場合も多いと思います。それ以前に誰でも投資で絶対勝ちたいですよね。
投資に限らず勝負事において、往々にして素人は派手に勝つことを好みがちです。でも現実問題として勝ち負けにはいろいろあるんです。
例えば「不敗の成功者」という言葉を聞くと我々は高校野球のようなトーナメントを勝ち抜くように常に敵を打ちのめして勝ち続けてきたようなイメージを持つことが多いと思います。
この本では投資はテニスのラリーのようなものであると説明されています。タイトルの敗者のゲームとは、敗者が勝敗を決定するゲーム、すなわち強い者が勝つのではなくミスをした者が負けとなることを意味しています。インデックス投資はひたすら市場について行き、アクティブ投資が出した損失を利益とするある意味守備的な戦い方であるとしています。
この本はインデックス投資に興味がある方には極めておススメです。ギャンブルがしたい方は読まれる必要はないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

40歳以上は絶対読むべき

2015/08/09 09:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:goodfield - この投稿者のレビュー一覧を見る

40歳を過ぎてから老後のことを真剣に考えるようになった。

具体的には、退職後の金についてである。年金も期待できず退職金もどうなるかわからない。今後日本社会がどうなっていくのか分からず(多分良い方向ではないと思う)、金を貯めて運用していかないとやばいぞ、とヒシヒシと感じ出したのである。ネットで色々と調べると、本書を資産運用の際にはマストとして挙げているサイトが多く購入してみた。

主張は明快だ。金を運用するならインデックスファンドが適切である。負けない試合を続けるのが勝利への近道ということであろう。資産運用、はとても面倒で複雑で何をどうしてよいのか分からなかったのだが、本書により何らかの方向性を決めることが出来たような気がする。映画やドラマでみるような一発逆転的な運用は我々には不可能に近く、コンスタントに確実に金額を積み上げていくしかないのである。逆に言えば、コツコツと運用を続けていけば、20年後にはある程度の結果が得られている(筈)。

本書は自分なりの資産運用そして老後生活を考えていくキッカケになった。40歳以上で老後に不安を感じ始めている人にはお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インデックス投資の勧め

2018/08/04 15:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴょん - この投稿者のレビュー一覧を見る

実際問題、何千もある上場会社から投資先を選定して、利益を確保するというのは至難の業です。
インデックス系のETFが最強の投資先であると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

負けない投資

2015/10/25 15:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一般投資家が市場に勝こたが難しのでインデックス・ファンドを薦める本でした。重要なことを短い文章にまとめてあったりするので一度読んだだけでは理解できませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/29 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/23 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/08 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/04 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/23 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/29 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/03 10:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/22 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/29 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/08 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む