サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. 図解コレ1枚でわかる最新ITトレンド

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

図解コレ1枚でわかる最新ITトレンド
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2015/02/04
  • 出版社: 技術評論社
  • サイズ:21cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7741-7179-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

図解コレ1枚でわかる最新ITトレンド

著者 斎藤 昌義 (著),大越 章司 (著),渋屋 隆一 (著)

ITの最新の常識をできるだけ平易に説明した書。お互いに深い関係を持つキーワード同士のつながりがわかるよう、約100点の図表を用いて解説する。図表がダウンロードできるURL...

もっと見る

図解コレ1枚でわかる最新ITトレンド

1,706(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド

1,706 (税込)

【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ITの最新の常識をできるだけ平易に説明した書。お互いに深い関係を持つキーワード同士のつながりがわかるよう、約100点の図表を用いて解説する。図表がダウンロードできるURL、パスワードつき。【「TRC MARC」の商品解説】

「これからはクラウドだ!」「我が社もビッグデータの活用を!」などと、言葉はよく聞くけど、なぜ注目されているのかわからなかったり、実態はどういうものか理解できてなかったりしませんか?
 本書は、ネットをながめているだけではなかなか見えてこないITトレンドの全体像を、約100点もの図解とともにわかりやすく解説。図表はPowerPointデータとしてダウンロード可能、ロイヤリティ・フリーなので勉強会の資料や提案書の素材としてご活用いただけます。IT業界に携わる方必携の1冊!【本の内容】

著者紹介

斎藤 昌義

略歴
〈斎藤昌義〉ネットコマース株式会社代表取締役。
〈大越章司〉株式会社アプライド・マーケティング代表取締役。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/24 16:26

投稿元:ブクログ

最新のITトレンドを把握・理解するために購入した一冊。
その名の通りの書籍で概要レベルで様々なITトレンドが説明・紹介している。
どちらかというと最新ITトレンドというよりは、”最近のIT関連情報のざっくりまとめ”といった方が適切と思う。
トレンドというには少し古いような気がするが、他人に話をするレベル(=自分が知っている人と思われるレベル)には十分な内容なので、読んでも損はないと思う。
仮想化の種類、イノベーションも含めたビックデータの考え方や活用例などとてもわかりやすく、今までの小難しい本で理解できなかったことが大分整理することができた。
たまにはこの手の本も一読する必要性を感じた良書です。

2017/05/13 12:58

投稿元:ブクログ

IT技術を簡単に分かりやすく紹介している本。
正直知っている内容については読み飛ばして問題ない。
そもそもどんなものか知らないところだけ読むといいかと。

【勉強になったこと】
・クラウドが進んだ理由として、IT投資がコストと
 思われてしまうことがあり、予算が取りづらくなった
 背景がある。これにより、ランニングコストで経費として
 計上出来る手段を作ることで予算取りを回避するという
 新しい調達ルートが出来た。

・パブリッククラウドの中にも固定で割り当てる仕組みが
 あり、それを「バーチャルプライベートクラウド」
 もしくは「ホステッドプライベートクラウド」という。

・クラウドに欠かせない5つの特徴
 ①オンデマンド・セルフサービス
 ②幅広いネットワークアクセス
 ③リソースの共有
 ④迅速な拡張性
 ⑤サービスが計測可能・従量課金が可能

・アジャイル開発の目的
 ①予測できない未来を推測で決めさせず、
  本当に使うシステムだけを作ることで、
  ムダな開発投資をさせない。
 ②変更要求に柔軟に対応し、納得して使える
  システムを実現する。
 ③納得できる予算と期間の中で最善の機能と
  品質を実現する

・コンテナ型はハイパーバイザ型に比べて、
 システム資源のオーバーヘッドが少ない。

・スマートマシンの3つの分類
 ①Movers(移動するもの)
 ②Sages(賢者)
 ③Doers(行動するもの)

2015/03/01 22:32

投稿元:ブクログ

タイトル通りの書籍。
今のITトレンドについて主に左1ページは図、右1ページは説明という形式で以下カテゴリについて計100枚ほどのスライドで説明されている。

- クラウドコンピューティング
- モバイルとウェアラブル
- ITインフラ
- IoTとビッグデータ
- スマートマシン

さらにこの100枚のパワーポイントデータをDLできてフリーで使うことができるので、営業や社内勉強会に最適。
頭の中でなんとなく知った様なトレンドや用語についても視覚的に図としてまとめられていると、再認識しやすくすっきり理解できる。

また、0章で説明されている通り「トレンドを知る」ということは
- その出来事が注目されるようになった理由を知る
- その出来事が生みだされたメカニズムや法則をしる
- その出来事同士の関係や構造を知る
- その出来事が未来にどのようにつながるのかを知る
ということ。

社会的要因のためにトレンドを知るということに目からウロコでした。

ITの業界は予算獲得のための言葉先行型のトレンドワードがバズることが多々あるが、そのバズワードに対し正しい知識をもつことで適正な予算を獲得できるように有効活用できる一冊。

ただ、1点気になったことはクラウドを推進しすぎて見えたこと。クラウドの欠点やオンプレミスのメリットについて等の多角的な視点で分析された資料も欲しかった。

2015/03/07 19:21

投稿元:ブクログ

さすがに全方位すぎて入門書という感じ。ただ、今後のトレンドを一枚にまとめているスライドはわかりやすい。あと、パワーポイントのファイルが貰えるのもちょっと嬉しい。こういう特典を付ける試みは面白い

2015/10/05 21:12

投稿元:ブクログ

最近のIT技術についてざっくりまとめてある本。
内容としてはクラウドを中心に、ビッグデータやウェアラブル端末など。
解説はとても浅いですが、内容としては盛りだくさん。
ITに関する知識をつまみ食いしていく感じですね。
また、筆者は各項目を個別に解説するのではなく、全部つながってるということを強調しています。
そのへんを意識して読むと、なるほどなーと思えます。

本書は見開き半分が必ず、図表になっています。
それもこの本の一押しポイントらしいです。
しかしながら、詰め込みすぎていて、あまりわかりやすい図表ではないと思います。
これを会議とか勉強会で見せられても……
図表のページを使って、もうちょっと話を掘り下げてほしかったです。

2015/07/27 14:42

投稿元:ブクログ

簡潔に内容がまとまっているので、トレンドに疎い人が短時間で最低限のこと内容をキャッチアップするにはよい本。
SIerに勤めているとこの辺の知識がどうしても疎くなりがちなので、たまにこういう本を読むとよいと思う。

2016/05/19 06:45

投稿元:ブクログ

最新のITトレンドについて簡単かつ網羅的にまとめられている。本当にさわりを知りたい門外漢やIT系企業の新入社員なんかにオススメ。ある程度素養のある人には物足りなく感じるかもなぁ・・・

情報理論・情報科学 ランキング

情報理論・情報科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む