サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. この素晴らしい世界に祝福を! 6 六花の王女

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

この素晴らしい世界に祝福を! 6 六花の王女(角川スニーカー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

この素晴らしい世界に祝福を! 6 六花の王女 (角川スニーカー文庫)

著者 暁 なつめ (著)

「妹が欲しい」―そんなしょうもないことを考えるカズマは、招待された晩餐会で年下の王女・アイリスと出会う。カズマが話す冒険譚に興味津々のアイリスは、カズマに懐いてしまい、な...

もっと見る

この素晴らしい世界に祝福を! 6 六花の王女 (角川スニーカー文庫)

670(税込)

この素晴らしい世界に祝福を! 6 六花の王女

670 (税込)

この素晴らしい世界に祝福を! 6 六花の王女

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「この素晴らしい世界に祝福を! 6 六花の王女」が含まれるセット商品

この素晴らしい世界に祝福を! (角川スニーカー文庫) 11巻セット(角川スニーカー文庫)

この素晴らしい世界に祝福を! (角川スニーカー文庫) 11巻セット

商品説明

「妹が欲しい」―そんなしょうもないことを考えるカズマは、招待された晩餐会で年下の王女・アイリスと出会う。カズマが話す冒険譚に興味津々のアイリスは、カズマに懐いてしまい、なんと城へと連れ去ってしまう!アイリスと夢のような毎日を満喫し、ずっと城に居座りたいと願うカズマ。そんな中、王都で暗躍する義賊の噂を耳にしたカズマは、自分がそいつを捕えると言い出して―!?【「BOOK」データベースの商品解説】

妹が欲しいと考えるカズマは、招待された晩餐会で年下の王女アイリスと出会う。彼に懐いたアイリスと城で夢のような毎日を満喫するカズマ。そんな中、王都で暗躍する義賊の噂を耳にした彼は自分が捕まえると言い出して…。【「TRC MARC」の商品解説】

「妹が欲しい」――そんなしょうもないことを考えるカズマは、招待された晩餐会で年下の王女・アイリスと出会う。カズマが話す冒険譚に興味津々のアイリスは、とうとうカズマを「お兄ちゃん」と慕ってしまい――!?【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

姫様登場

2016/05/15 13:39

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくあ9いっぱい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロリっこ姫!出たね。私は姫とか貴族とか権威を笠に着てほとんど仕事などしてないのに庶民から搾り取った金で贅沢してその上庶民を馬鹿にする奴らが大嫌いですが、革命が起こって年端もいかない姫様が元使用人の馬小屋で暮らすようになりゆくゆくは元使用人のセイショリペットになって行く様を見れるのなら我慢して読めます。この姫はバカかと思ってたら結構賢いですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

三期

2017/03/13 10:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Monpetit - この投稿者のレビュー一覧を見る

三期があるとすればこの巻が〆になるのかなー?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

カズマとアイリスのやり取りは良かったぞ

2017/02/25 21:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:香港からの客人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回はカズマと王女アイリスの出会い編。正直、アイリスの性格構造は他多くのこのすばキャラに比べてかなり王道的で斬新や複雑な所が無い。嫌いじゃないが、格別に好きな訳でもないの2Dキャラです。

とは言え、彼女はウエブノベル時代元々3章程度しか出ないのマイナキャラと聞いたので、本来彼女は主体より寧ろ客体。あくまで「カズマが王女と出会ったらどう成るが」と言うテーマの「王女」役です。と成れば、こう王道に成ったのも納得出来るし、重点は寧ろ猟奇と王道のやり取り。これは上手く出来て、こっちとしてはニヤニヤで大満足。

因みに、他のキャラもこれなりの見せ場が設置した。成る程、彼奴等も中堅冒険者で脇を固まれば、特長を活かせる事が出来、大活躍できるんだ。感動。

だが、一番目を張るの戦闘はカズマの最後の奮闘でしょう。あれは本当に良かった、カズマは多数の高レベル戦士を倒し、無双に見えますが、今回はちゃんと筋が通す。無駄に新たの能力を付与するではなく、あくまで既存の能力を上手く組み合わせて相手を高速で倒す。作者もキャラも腕を見せる事が出来、格好良かったです。(寧ろこれ程の手腕がありながら第10巻の様な物が出たのが不思議)。

これは、5点を下さなければ…

(追伸:書いた後、他のレビューもサラッと読んだです。確かにカズマは今回大した進展をしませんでしたね。だが、このすばに置いてこれは欠点とは思えません。今回は確かに比較的に王道でしたが、全体の見地から見て、このすばは王道じゃなく、ある意味凄くリアルな物語です。実力が足りないなら主人公であろうと失敗所が死ぬ事さえ有る。

客観的見て、カズマは王都で活躍する程の実力が無いから活躍できなかった。寧ろ彼最後の無双シーンは彼の精一杯でしょう。進展を優先しあまり、キャラの特性と限界を無視、或いは無理やりお都合主義で追加付与する方が下手の物語に成ります。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

姫様関連

2017/01/25 15:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

うーん、今回は今ひとつ。姫様がカズマに懐くあたりに説得力を感じない。モロにご都合主義な展開。今後はダクネス危うしなのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白い!

2016/08/09 07:56

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ななしの権兵衛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

無双のカズマさん最高です。弱いのか強いのか(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/12 22:32

投稿元:ブクログ

今回も面白かった。気軽に安心して読めますね。基本的にはいつもどおりのクズマさん。しかし今回は後半怒涛の巻き返しを見せました。“妹”のためにクズマさんがカズマさんにランクアップだぜ!(ぇ 基本ダメな部分が強いパーティメンバーも、スペックは高いところをあらためて見られました。あのアクアでさえ活躍してたみたいだし。新キャラの王女様は今後も出てくるかなぁ。あ、クリスは引き続き被セクハラ要員でよろしゅうに。

2015/08/13 22:23

投稿元:ブクログ

 六巻では王都での王女との交流が描かれている。王都において魔王軍との対戦と、義賊に関する話が物語の中心だろうか。

 これはさる漫画家の方が言っておいでのことだが、物語は常に前進しなければならない、という考え方がある。物語上、一度マイナスにしてからプラスにしてもそれはゼロにしかならない。これは王道においては禁じ手だ、という考え方である。
 この巻を読んでいて改めて思ったのだけど、このシリーズに読むたびに覚える違和感の原因はおそらくこの法則に抵触している点だ。
 物語のまとまりは悪くなく、一つ一つの展開に用意された要素なども悪くない。今回は特に無双要素も含まれていて、この辺は気持ちよくはじけている。
 だが、一方で、物語の構成としては、王都で活躍ができずじまいというマイナス要素が描かれ、それはギャグとしても上手く処理できていない。カズマに感情移入している読者に歯がゆい思いをさせながら、それはカタルシスにもつながっていないのだから、展開はマイナスプラスでゼロでさえないのだ。最終的に収支はマイナスである。
 物語としては、この部分を解消してもらいたいのだが、そこが弱いように思える。ストーリーそのものは王道に近い内容であるだけに、そのことが一際目立っている気がする。

 イラストも込みで見ると、星四つ相当と言う評価にはなるが、物語の組み立て方にはそうした問題があるようには感じられている。
 シリーズとしてみると、主人公勢に目的が付与させられていないため、その場その場でしか展開できていない点も見逃せない。
 その意味で、ここからどうなるのかは少し心配されるところではある。

2016/12/30 23:05

投稿元:ブクログ

 弥次喜多軍団、王城占拠。
 ではないが、ポンコツ達の王都珍道中である。

 カズマのポンコツぶりと、ここぞで決める様、そしてその下衆さ姑息さ満点の決め方が、本作のゆるぎない面白さに繋がっている。

 またラブコメ面では、王女とめぐみんはもとより、ダクネスもカズマに入れ込んでいる節がありありで、互いの牽制ぶりもクスクス笑えてイイ感じだ。

 物語では、空気読めないアクアが空気になっているが、彼女の唯一つの貢献、封印が本巻の問題を解決したが故に、次の悪事を招き寄せる。
 そう、空気アクアは実はストーリー・ビルダーとして不可欠な存在。なんとも心憎い配置である。

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む