サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. AIの衝撃 人工知能は人類の敵か

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か(講談社現代新書)
AIの衝撃 人工知能は人類の敵か(講談社現代新書) AIの衝撃 人工知能は人類の敵か(講談社現代新書) AIの衝撃 人工知能は人類の敵か(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/03/19
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288307-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

著者 小林 雅一 (著)

自動運転車、ドローン、ロボット兵器、雇用・産業構造、医療・介護、芸術…。次世代ロボットは、人間社会をどのように変えるのか。自律的進化を始めた人工知能「AI」にどう向き合っ...

もっと見る

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

864(税込)

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か

702 (税込)

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自動運転車、ドローン、ロボット兵器、雇用・産業構造、医療・介護、芸術…。次世代ロボットは、人間社会をどのように変えるのか。自律的進化を始めた人工知能「AI」にどう向き合っていけばいいのかを探る。【「TRC MARC」の商品解説】

脳科学とコンピュータの融合が私たちの常識を覆す!

自動運転車、ドローン、ロボット兵器、
雇用・産業構造、医療・介護、芸術……

「自ら学んで成長する能力」を身につけた
次世代ロボットは、
人間社会をどのように変えるのか

--------------------------------------------------

AIが「人類を滅亡させる」のは本当か?
いまそこにある「日本衰退」の危機とは?

「ルンバ」などのお掃除ロボット、
グーグルが先鞭をつけた自動運転車は、
掃除機や自動車などの姿を借りた次世代ロボットであり、
おそらく今後、あらゆる製品で同じようなことが起こる。
つまり、家電や自動車をはじめとする多くの既存製品が、
一種の知性(AI)を帯びたロボット的な製品へと
生まれ変わるのだ。

AIと次世代ロボット技術は、今後、
私たちを取り巻く全ての産業を塗り替えてしまう。

日本の産業界がそれに気づかず、
この分野でグーグルなどに後れを取ると、一体どうなるのか。

これを今こそ、日本の産業界はよく考えないといけない―。

--------------------------------------------------

【本書のおもな内容】

第1章 最新AIの驚異的実力と人類滅亡の危惧
――機械学習の光と陰
第2章 脳科学とコンピュータの融合から何が生まれるのか
――AIの技術と歴史
第3章 日本の全産業がグーグルに支配される日
――2045年「日本衰退」の危機
第4章 人間の存在価値が問われる時代
――将棋電王戦と「インダストリー4.0」【商品解説】

目次

  • 第1章 最新AIの驚異的実力と人類滅亡の危惧
  • ――機械学習の光と陰
  • 第2章 脳科学とコンピュータの融合から何が生まれるのか
  • ――AIの技術と歴史
  • 第3章 日本の全産業がグーグルに支配される日
  • ――2045年「日本衰退」の危機
  • 第4章 人間の存在価値が問われる時代
  • ――将棋電王戦と「インダストリー4.0」

著者紹介

小林 雅一

略歴
〈小林雅一〉1963年群馬県生まれ。東京大学大学院理学系研究科修了。KDDI総研リサーチフェロー、情報セキュリティ大学院大学客員准教授。著書に「グローバル・メディア産業の未来図」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー69件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

AI もうそこまできている技術

2015/11/17 12:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シンジー - この投稿者のレビュー一覧を見る

日経新聞を斜め読みしても、毎日のようにAI、そしてIotなど、関連の用語を目にする。入門書として最適、読みやすい1冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすい

2016/08/15 22:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の出版とほぼ同時期に出された人工知能の本と似たようなことが書かれているという印象があるが、人工知能について概観するには読みやすいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

AIについて考えるなら、まず最初に読むべき1冊

2016/09/28 19:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

掃除機のルンバや、自動運転車など最近身近な存在となってきたAI(人工知能)。なぜその存在が最近注目されるようになってきたのか、AIとはそもそもどういう事を実行しているのか、今後の問題点は、など広い視点でAIを俯瞰できます。グーグルなど米IT企業が目指す次世代産業のビジョンや、AIが進歩しすぎると人間の存在を脅かすのではないかという問題、AI研究の歴史などAIに関する興味深いトピックスを読むのが辛くならない程度のボリュームでうまくまとめられています。どんな科学技術も使い方によっては人類に貢献する場合も、逆に人類に刃を突きつける場合もあります。人間とAIの共存はどこまで可能なのか、AIは人間にとって危険な存在となり得るのか、考えるきっかけを与えてくれる本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

AIがすごい

2016/04/18 02:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふねふね - この投稿者のレビュー一覧を見る

AI技術がものすごく進んでいることがよく分かる一冊。
AIの説明が詳しく書かれており、ニューラルネットや
ディープランニングの解説も分かりやすくて良かったです。
AI技術のこれから起こるであろう問題点にも触れていたのも
良かった点です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/12 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/21 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/01 06:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/12 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/02 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/04 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/06 10:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/19 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/16 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/01 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/08 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む