サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

8/1~ 本のご購入で全員もらえる! 夏のポイントキャンペーン(~8/31)

8/1~ 本のご購入で全員もらえる! 夏のポイントキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

韓国人が暴く黒韓史(扶桑社新書)
韓国人が暴く黒韓史(扶桑社新書) 韓国人が暴く黒韓史(扶桑社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/03/04
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社新書
  • サイズ:18cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07226-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

著者 シンシアリー (著)

韓国人はなぜ、天皇を憎むのか? 韓国の至るところに根をおろしている「正統性」という名の亡霊とは? 「韓国人による恥韓論」の著者が、黙殺されてきた自国の「反日」の系図を辿る...

もっと見る

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

税込 842 7pt

韓国人が暴く 黒韓史

税込 648 6pt

韓国人が暴く 黒韓史

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.0MB 無制限
Android EPUB 6.0MB 無制限
Win EPUB 6.0MB 無制限
Mac EPUB 6.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

韓国人はなぜ、天皇を憎むのか? 韓国の至るところに根をおろしている「正統性」という名の亡霊とは? 「韓国人による恥韓論」の著者が、黙殺されてきた自国の「反日」の系図を辿る。【「TRC MARC」の商品解説】

シリーズ累計32万部突破!『韓国人による恥韓論』の著者・シンシアリー待望の第三弾!



韓国人はなぜ、天皇を憎むのか

正しい〈歴史観〉を持っていないのは私の国のほうです



この国の至るところに根をおろしている「正統性」という名の亡霊とは……

黙殺されてきた自国の「反日」の系図を辿る!



自称「韓国の歴史は半万年」!?

情けないまでの「正統性」の危うさが「反日」の起源である!

【商品解説】

シリーズ累計32万部突破!『韓国人による恥韓論』の著者・シンシアリー待望の第三弾!
韓国人はなぜ、天皇を憎むのか
正しい〈歴史観〉を持っていないのは私の国のほうです
この国の至るところに根をおろしている「正統性」という名の亡霊とは……
黙殺されてきた自国の「反日」の系図を辿る!
自称「韓国の歴史は半万年」!?
情けないまでの「正統性」の危うさが「反日」の起源である!【本の内容】

目次

  • 【目次】
  • はじめに――韓国の「反日思想」はどこから始まり、どこまで来ているのか?
  • ■序章 韓国に巣食う「正統性」という名の亡霊
  • ■第一章 韓国人が天皇の存在に怯える理由

著者紹介

シンシアリー

略歴
〈シンシアリー〉1970年代、韓国生まれ。韓国人。韓国の反日思想への皮肉を綴った日記『シンシアリーのブログ』が日本人に愛読されている。著書に「韓国人による恥韓論」「韓国人による沈韓論」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

反日法のある国(反日で辿る韓国の現代史)

2015/03/15 09:50

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

シンシアリーさんによる韓国論の第3弾です。
 本書では、韓国の現代史を反日という視点で概観することで、現在の韓国人の思考・行動の裏側にあるものを浮き彫りにしようという内容でした。「反日教」に染まらなかったシンシリアーさんならではの歴史分析でした。
 キーワードは「民族正統性」という日本人にとっては馴染みのない言葉です。本書でも解説されているのですが、良くわからない概念です。
 この「民族正統性」により、「自分から見て正しいことが基準となる。それは法的に正しくなくても、他人から見て正しくなくてもかまわない(48ページ)」、「不利な歴史は認めず全否定する=自分から見て正しい歴史だけを受け入れる(51ページ)」、「偉い人の子は偉い、ダメな子はダメ、罪人の子は罪人(62ページ)」、「自民族以外が嫌いなだけ(76ページ)」、「うまくいかなければ「何か」のせいで、自分のせいにだけはしたくない(85ページ)」といった韓国人に特徴的な国民性が形成されてきたとのことです。
 したがって、「日韓基本条約の締結により、日韓間の財産請求問題は完全に、最終的に解決された」というのが国際法上の常識ですが、韓国人には関係ないようです。つまり彼らには自分から見て正しいことが絶対であり、国際法なんて屁でもないのでしょう。
 そして、彼らが最も大事にするこの「民族正統性」は「反日」とほぼ同じ意味で成立していて、「親日」が「反民族」と同じ意味で使われているとのこと(77ページ)。韓国の子供たちは、反日が祖国を愛すること、とても良いことだと思っていて(282ページ)、今のように反日が悪化し続けると、十年後には、日本人とは下手に話してはいけないことになっているかもしれない(141ページ)というシンシアリーさんの見立てでした。

 このような隣国に我々はどう対処したらよいのでしょうか。首尾よく断交できたとしても、再び向こうから、一方的にちょっかいを出してくるのは目に見えています。なにせ「罪人の子は罪人」であり、「恨み」は千年続くそうですから・・・。
 ところで、つい最近のことですが、「日本のためには中韓との関係改善が必要であり、日本は丁寧に対応すべきだ」と某テレビキャスターが安倍政権を批判していました。こうした姿勢は間違いであることを、本書を読んで学んでほしいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/31 04:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/21 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/23 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。