サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アマゾニア 上(扶桑社ミステリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/03/04
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/447p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07220-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

アマゾニア 上 (扶桑社ミステリー)

著者 ジェームズ・ロリンズ (著),遠藤 宏昭 (訳)

アマゾン奥地のアメリカ領事館に元陸軍特殊部隊員クラークの遺体が運び込まれた。遺体写真を受け取ったCIAは驚愕する。クラークはCIA環境センターが4年前にランド博士率いる研...

もっと見る

アマゾニア 上 (扶桑社ミステリー)

税込 880 8pt

アマゾニア(上)

税込 715 6pt

アマゾニア(上)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.2MB 無制限
Android EPUB 9.2MB 無制限
Win EPUB 9.2MB 無制限
Mac EPUB 9.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アマゾン奥地のアメリカ領事館に元陸軍特殊部隊員クラークの遺体が運び込まれた。遺体写真を受け取ったCIAは驚愕する。クラークはCIA環境センターが4年前にランド博士率いる研究調査隊に送り込んだ情報員だったが、その後調査隊とともにアマゾンで行方不明になっていたのだ。さらに奇妙なことに写真のクラークには、以前狙撃を受けて失ったはずの腕がついている。調査隊に一体何が起きたのか?CIA、特殊部隊、そしてランドの息子で植物学者のネイサンらからなるチームが調査隊の捜索に乗り出す―。【「BOOK」データベースの商品解説】

アマゾン奥地のアメリカ領事館に元陸軍特殊部隊員でCIAの情報員クラークの遺体が運びこまれた。4年前にアマゾンで行方不明になった彼の遺体写真には、奇妙なことに、以前狙撃を受けて失ったはずの腕がついていて…。【「TRC MARC」の商品解説】

全米で1500万部を超える〈シグマフォース・シリーズ〉のベストセラー作家・ロリンズによるアドベンチャー・ホラー。アマゾンの奥地で救助されてすぐに死んだ男。舌を失ったその男の体には、現地人が幻の部族のシンボルと恐れる刺青があった。消息を絶った探検隊のために結成された捜索隊を待ち受けていたのは、想像を絶する恐怖の連続だった…。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

期待通りの興奮活劇でした。

2016/12/10 23:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

期待通りの興奮活劇でした。なお、驚くべきことにこの作品は彼の初期の作品らしいということ。彼の4作目で2002年刊行であり、私が処女作と思っていた『アイス・ハント』(2003)の1年前だという。
 4年前にアマゾン奥地で突然消息を絶った研究調査隊の護衛兵・クラーク捜査官が突然ジャングルから現れ息絶えるが、その兵士は軍役時代の事故で左腕を失っていたはずなのに何故か左腕が“生えて”いたのである。当然、消えてしまった研究調査隊の再捜索隊が組織され、様々な因縁を持つ民間研究者8名(中には怪しげなのもいるが)と陸軍兵士10名からなる大部隊であるが、その主体は民間製薬会社テルックスと、CIA環境センターである。アマゾン奥地なので、当然、特殊な力を持った植物か、はたまた特殊な能力・知識を持った種族なのか、“未知の何か”が対象であることは容易に推測される。その答えは、クラークの左腕が再生していただけではなく、体中がありとあらゆる癌に侵されていたことで徐々に焦点が絞られてくる。初盤でここまで問題点を明らかにしてくるとは、ジェームズ・ロリンズ得意の科学的知見を駆使した物語展開に余程の自信があるからと見た。
 さて、物語を更に面白くするために、この調査隊をフランスの製薬会社が40名からなる傭兵部隊に追わせ、得た情報を全て盗み取ることを命令するのだが、その傭兵隊長=ルイ・ファーブル博士は4年前に消息を絶った研究調査隊の代表研究者に恨みを持つ人間で、再捜索隊にはその息子も加わっているのだから当然血なまぐさくなる。更に、この傭兵隊長=ルイ・ファーブル博士の情婦=ゾーイというのが、どうも原住民のシャーマンだったらしい美女で、様々な植物の扱いに通じている上に、人間の頭部を拳位の大きさに縮小してコレクションするというおぞましい趣味を持っているのだから猟奇的でもある。と言うことで、アマゾン奥地の“未知の何か”―消えた研究調査隊の再捜索隊―フランス製薬会社の傭兵部隊、という三つ巴の戦いが始まるのである。
 一方、クラーク捜査官の遺体を搬送した経由地で未知の疫病が発生する。クラーク捜査官の遺体が何らかの感染症の媒体になっているらしいのである。こうして、アマゾン奥地という未知の自然の中での探検行だけでも面白いのに、“未知の何か”を巡る三つ巴の戦いに加えて、クラーク捜査官の遺体搬送経由地とアメリカ本国での奇病の拡大という大事件が並行して進行する。これは堪りません。さて、また直ぐにバン=アリ(血のジャガー)からのメッセージが届いた直後に、オタマジャクシとピラニアの合成生物(キメラ?)のような猛毒を持った殺戮生物が再捜索隊を襲ってくる。辛うじて逃げ延びたところへ、今度はイナゴの襲撃である。この辺りで、民族植物学者=ネイサン・ランド達は、バン=アリ(血のジャガー)の手口が何らかの誘引物質を“バン=アリらのメッセージ”という形で標的に付けて、それによって殺戮生物を操作しているのではと推測する。で怒涛の下巻へ突入である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/20 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/11 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/02 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/08 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/25 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。