サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. ようこそドボク学科へ! 都市・環境・デザイン・まちづくりと土木の学び方

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ようこそドボク学科へ! 都市・環境・デザイン・まちづくりと土木の学び方
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発売日:2015/03/25
  • 出版社: 学芸出版社
  • サイズ:19cm/217p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:978-4-7615-1349-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ようこそドボク学科へ! 都市・環境・デザイン・まちづくりと土木の学び方

著者 佐々木 葉 (監修),真田 純子 (編著),中村 晋一郎 (編著),仲村 成貴 (編著),福井 恒明 (編著)

ドボクって何? という素朴な疑問から、多彩な授業の魅力、土木構造物鑑賞のツボまで、ドボク的マインドをもった先輩たち総勢74名が、「土木」を超えた「ドボク」の魅力を伝える。...

もっと見る

ようこそドボク学科へ! 都市・環境・デザイン・まちづくりと土木の学び方

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ドボクって何? という素朴な疑問から、多彩な授業の魅力、土木構造物鑑賞のツボまで、ドボク的マインドをもった先輩たち総勢74名が、「土木」を超えた「ドボク」の魅力を伝える。「ようこそ建築学科へ!」の姉妹本。【「TRC MARC」の商品解説】

環境工学、社会基盤工学、都市環境デザイン工学……土木と名乗らずとも“ドボク”を学ぶすべての学生必見!ドボクって何?という素朴な疑問から、多彩な授業の魅力、土木構造物鑑賞のツボまで、先輩74人が丁寧にレクチャー。ドボクの面白さと奥深さを堪能する学生生活が、この一冊で手に入る!気になるハローワークも満載。【商品解説】

目次

  • CHAPTER 1 学科紹介
    • ドボク学科で学ぶこと
    • ドボク学科ならではの大学選び
    • 幅の広さがドボクの強み
    • ドボクの周辺学科その一−建築学とのちがい
    • ドボクの周辺学科その二−環境学とのちがい
    • ドボクの周辺学科その三−理学とのちがい
    • 地方ドボク学生の醍醐味!
    • 高専ドボクのいいところ
    • ドボク学科で取れる資格

著者紹介

佐々木 葉

略歴
佐々木葉(ささき よう)/1961年生まれ。早稲田大学創造理工学部社会環境工学科教授。建築出身ながら今や土木の景観・デザインを担う。前土木学会誌編集委員長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店

土木の魅力がいっぱい

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店さん

一時期、「土木」という言葉にあまりいい印象がもたれなかった時代がある。
無駄な公共事業、というイメージ。
しかし、それは誤解なんです。
土木とは実に幅広い学問であり、職業なのです。
なんたって地球に手を入れるのが土木なんです。
本書にはその土木の魅力がいっぱい詰め込まれています。
タイトルからすると、これから土木の道に進もうとしている学生向けの本に思えますが、
むしろ、大人たちに読んでほしい。
わたしたちの暮らす世界は土木で成り立っているのです。
本書をきっかけに政治、国際情勢なんかにも興味がわいてきますよ。

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

それって実は「ドボク」だったの?

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

「土木」と聞いて何を想像するだろう。
専門家でない者からすると、すぐに思いつくのは、土やコンクリートを相手に肉体と重機を駆使して汗かく様子だ。
もちろん、それが「土木」のすべてではないと感じてはいるが、「建築」という言葉と比べてもピンとくるイメージが少ない。

そんな「土木ってなに?」という学生を、「土木」を超えた「ドボク」の世界へガイドするのがこの本だ。
学科紹介から始まり、学校生活の有意義な過ごし方や気になる卒業後の進路まで、その道の先輩たちのことばがありがたい。
また、他の章では、日常生活におけるドボク的視点の養い方や海外でのドボク体験などを紹介し、学校の外にも学びの種はあると教えてくれる。
学校でのガイダンスの時間が退屈だなと感じた学生にぜひ読んで欲しい一冊だ。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/11/30 14:05

投稿元:ブクログ

ドボク学科は,社会基盤(インフラ)の建設だけでなく,環境,まちづくり,防災など,いまや広範囲に深化している。その魅力を若く元気な先輩74人が語りあげる。入学後の勉学,日常生活や夏休みあるいは海外でのドボク体験の妙味,そして卒業後の多様な進路など,歯切れよい文章で2ページずつのトピックにまとめている。

*推薦者(地教)H.I.
*所蔵情報
http://opac.lib.utsunomiya-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB18327282?caller=xc-search

2015/04/02 22:50

投稿元:ブクログ

土木学生の過ごしかた+土木学生あるある、という感じ。そのバランスが絶妙で、納得も発見も楽しめる一冊。
各テーマ見開きで完結するのもよく、ささっと読める。
何より、このような素晴らしい本が出たということ自体、先輩~後輩間のあたたかい関係をみたようで、土木の未来は明るい!と思った。

土木工学 ランキング

土木工学のランキングをご紹介します一覧を見る