サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Life
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2015/02/18
  • 出版社: 瑞雲舎
  • サイズ:24cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-907613-05-1
絵本

紙の本

Life

著者 くすのき しげのり (作),松本 春野 (絵)

町の外れに「Life(ライフ)」という小さなお店があります。でもお店といっても、だれかが働いているわけでも、なにかを売っているわけでもありません。ある冷たい風が吹いた日、...

もっと見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

町の外れに「Life(ライフ)」という小さなお店があります。でもお店といっても、だれかが働いているわけでも、なにかを売っているわけでもありません。ある冷たい風が吹いた日、一人のおばあさんが「ライフ」にやってきました…。冬の間も「ライフ」には、たくさんの人が訪れ、そしてすてきな春がやってきました。【「BOOK」データベースの商品解説】

町のはずれに「Life(ライフ)」という小さなお店があります。でも、だれかが働いているわけでも、なにかを売っているわけでもありません…。お店を舞台にたくさんの人生(ライフ)が交差する心温まるストーリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

くすのき しげのり

略歴
〈くすのきしげのり〉1961年徳島県生まれ。小学校教諭を経て、絵本や児童文学を中心とする創作活動を続ける。
〈松本春野〉東京生まれ。多摩美術大学油画科卒。広告、雑誌でのイラストレーションなどを多数手がける。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「Life(ライフ)」こそが「絆」

2017/11/19 08:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

東日本大震災のあと、私たちは「絆」という言葉をよく口にしました。けれど、あれから数年経って、その言葉もあまり聞かれなくなりました。
 でも、「絆」ってそんな流行に左右される言葉なのでしょうか。
 2015年3月に出版されたこの絵本を読んで、久しぶりに「絆」という言葉を思い出しましたし、「絆」とはつながっていく思いのことなのだと今更のように気づかされました。

 小さな町のはずれにある「Life(ライフ)」という店。
 この店では「だれかが何かをおいていき、そして何かを持ってかえる」ことになっています。
 そんなお店におじいさんを亡くしたおばあさんがやってきます。
 おばあさんがおいていったのは、「春にさく花の種」。
 そして、おばあさんが持ちかえったのは小さな「写真立て」。
 次のお客は、おばあさんがおいていった花の種を手にして、とどんどんつながっていく物語。
 その先、次の春、おばあさんがおいていった花の種はたくさんの花になって、おばあさんを包みます。
 これは、そんな美しい物語。

 おばあさんに光をあてればそんな物語が出来上がりますが、きっとこのお店を訪れたすべての人にも物語があるのでしょう。
 いえ、この絵本を読んでいる私たちにも物語があります。
 だって、この絵本こそ、「絆」そのものだから。
 まさに「Life(ライフ)」こそが「絆」なのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心温まる絵本

2015/05/08 21:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めいんくーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

繊細な絵のタッチに惹かれて購入した一冊です。タイトルのLifeから、説教臭い本だったらいやだなと、ちょっと思ったのですが、とんでもない!こんな場所があったらいいな、と思う素敵なお店でした。登場人物の描かれ方も、とてもシンプルで、あれこれ想像できる要素がいっぱいあります。物を通じて、ライフステージの変化や、個人の成長がさりげなく伝わってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなお店があるといいですね

2016/12/12 18:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰もいない、何も売っていないお店「Life」。
そこは物々交換を行うために提供された場所。
幸せが幸せを呼ぶという連鎖が微笑ましいです。
こんなお店が本当にあればいいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やさしい絵本

2016/03/04 23:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

やさしい絵本でした。ひとのやさしさでこのお店は成立しているんですね。現実にもこういう店が成立してくれるとうれしいのですが、無理だろうなー…。
心温まりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やさしい雰囲気の絵と物語

2016/02/12 20:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いらなくなったものを置いて、代わりにほしいと思ったものを持っていくというお店。実際にはそんな発想でうまくいくわけもないが、さすが絵本の中のこと、次々に置いていったものを次に来た人が持って帰って…、という風に繋がっていく。
小さな子どもがいたり、赤ちゃんが生まれる前の夫婦がいたりと、人生の色んな局面を切り取って見せるかのような登場人物たち。悪くはないが、ちょっとできすぎであざとい気も。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/13 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/19 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

絵本 ランキング

絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む