サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 第二のデモクラテス 戦争の正当原因についての対話

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

第二のデモクラテス 戦争の正当原因についての対話(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/04/16
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/309p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-334971-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

第二のデモクラテス 戦争の正当原因についての対話 (岩波文庫)

著者 セプールベダ (著),染田 秀藤 (訳)

果たして、征服戦争は是か非か? インディオの擁護者ラス・カサス最大の論敵にして、スペインの代表的アリストテレス学者が披瀝する、征服戦争是認論の精髄。〔「征服戦争は是か非か...

もっと見る

第二のデモクラテス 戦争の正当原因についての対話 (岩波文庫)

907(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

果たして、征服戦争は是か非か? インディオの擁護者ラス・カサス最大の論敵にして、スペインの代表的アリストテレス学者が披瀝する、征服戦争是認論の精髄。〔「征服戦争は是か非か」(1992年刊)の改題改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

アポロギア 9−68
第二のデモクラテス 69−281

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

戦争は正当化できるのか?

2016/07/14 22:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Don Juan - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者のセプールベダは、スペインによる中南米のインディオに対する征服戦争は正当であることを、ギリシア哲学やキリスト教(カトリック)の観点から論証しようとしています。現代においても主に欧米の観点から戦争の正当性が主張されていることを、本書を読んで考えさせられました。是非、セプールベダの論敵ラス・カサスの著作、特に「インディアスの破壊についての簡潔な報告」と一緒に読まれることをお勧めします。1550年代にこのような論争が繰り広げられたことが、大きな驚きでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する