サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 多数決を疑う 社会的選択理論とは何か

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

多数決を疑う 社会的選択理論とは何か(岩波新書 新赤版)
多数決を疑う 社会的選択理論とは何か(岩波新書 新赤版) 多数決を疑う 社会的選択理論とは何か(岩波新書 新赤版)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 54件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/04/21
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/180p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431541-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

多数決を疑う 社会的選択理論とは何か (岩波新書 新赤版)

著者 坂井 豊貴 (著)

選挙制度の欠陥と綻びが露呈する現在の日本。多数決は本当に国民の意思を反映しているのか? 社会的選択理論の視点から、人びとの意思をよりよく集約できる選び方のルールをさぐる。...

もっと見る

多数決を疑う 社会的選択理論とは何か (岩波新書 新赤版)

799(税込)

多数決を疑う

778 (税込)

多数決を疑う

ポイント :7pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

選挙制度の欠陥と綻びが露呈する現在の日本。多数決は本当に国民の意思を反映しているのか? 社会的選択理論の視点から、人びとの意思をよりよく集約できる選び方のルールをさぐる。【「TRC MARC」の商品解説】

多数決は国民の意思を反映しているのか? 社会的選択理論の視点から、より良い選び方のルールをさぐる。【本の内容】

著者紹介

坂井 豊貴

略歴
〈坂井豊貴〉1975年広島県生まれ。ロチェスター大学経済学博士課程修了(Ph.D.)。慶應義塾大学経済学部教授。著書に「マーケットデザイン入門」「社会的選択理論への招待」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー54件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

真の制度改革

2017/01/29 17:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

多数決社会の仕組みについて本当にわかりやすく段階を踏んで解説してくれている良書。専門的な計算も具体的事例で素人にも理解が進む。この本が広く読まれ社会の在り方を考える人が増えてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

常識を疑う大切さ

2015/11/21 16:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紀伊国屋梵天丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

当然のこととして日頃使っている多数決という意見集約の方法がこんなにも問題を含んでいるとは!改めて常識を疑い、根本の仕組みを理解することの大切さを学ばせて貰った。また、スコアリングルールにも深い検討の裏づけがあったとは!本書は人間社会における意見集約に関してその課題を易しく解説してくれているが、理系の私にとっては情報システム等、工学的な仕組みへの応用も、もっと考えられると感じさせてくれた一冊だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

多数決には欠陥あり

2016/03/28 14:16

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしおくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「多数決」には漠とした疑いがあった。しかし、民主制でのリスクの一つに過ぎないのだろうと深く考えてみることもなかった。考えるにしても問題を設定する知識さえなかった。この本によって「多数決」は多くの欠陥を抱えるシステムであることが分かる。本は後半で、民主制のあり方という必然的だが、大きすぎるテーマに入っていく。そこでおぼつかなくなる。前半のテーマのみに絞った方がよかったかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/12 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/08 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/23 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/07 06:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/18 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/05 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/26 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/16 06:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/23 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/12 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/09 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/04 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む