サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

握る男(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 71件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/03/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/435p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-102310-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

握る男 (角川文庫)

著者 原 宏一 (著)

昭和56年初夏。両国の鮨店「つかさ鮨」の敷居をまたいだ小柄な少年がいた。抜群の「握り」の才を持つ彼の名は、徳武光一郎。その愛嬌で人気者となった彼には、稀代の策略家という顔...

もっと見る

握る男 (角川文庫)

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昭和56年初夏。両国の鮨店「つかさ鮨」の敷居をまたいだ小柄な少年がいた。抜群の「握り」の才を持つ彼の名は、徳武光一郎。その愛嬌で人気者となった彼には、稀代の策略家という顔が。鮨店の乗っ取りを成功させ、黒い手段を駆使し、外食チェーンを次々手中に収める。兄弟子の金森は、その熱に惹かれ、彼に全てを賭けることを決意する。食品業界の盲点を突き成り上がった男が、全てを捨て最後に欲したものとは。異色の食小説誕生。【「BOOK」データベースの商品解説】

抜群の「握り」の才能を持つ徳武光一郎は、鮨店の乗っ取りを成功させ、黒い手段を駆使し、外食チェーンを次々手中に収める。兄弟子の金森は、その熱に惹かれ、彼に全てを賭けることを決意するが…。〔角川書店 2012年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

両国の鮨店「つかさ鮨」の敷居をまたいだ小柄な少年。抜群の「握り」の才を持つ彼、徳武光一郎には、稀代の策略家という別の顔が。先輩弟子の金森は、彼の夢に惹かれ、全てを賭けることを決意するが……。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー71件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

おもしろい

2016/05/24 13:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shinsaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

原宏一さんは初めてでしたが、物語が非常におもしろい。今までに触れたことのないストーリー展開です。飲食業界、使われるワードのルーツなどの説明もあり、とても参考になりました。以来、原さんの作品をあさっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

飲み込まれ方が秀逸

2015/11/13 12:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はせ - この投稿者のレビュー一覧を見る

食品業界について書かれていることが全て事実ではないでしょうが、歴史的な背景や遷移をオーバーラップさせて展開していくくだりは、一気に物語の中に身体ごと飲み込まれていくようです。ゲソの生き様に着いていくしかなくなっていく書きっぷりに一瞬で心を奪われ、止めることなく読了しました。しかし、ビジネスマン必読、ではないかな。エンターテインメント一代記としては、本当に楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドラマ化希望

2015/10/22 10:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しまんちゅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の人物像のアクの強さに圧倒された。ドラマにするとしても青年期から壮年期にわたっての個性的な演技が求められるのでだれをキャスティングするかでもめると思う

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/22 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/06 01:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/06 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/08 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/04 13:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/19 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/17 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/26 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/09 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/16 07:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/09 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/23 08:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る