サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 趣味・ホビー
  4. 戦艦大和講義 私たちにとって太平洋戦争とは何か

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦艦大和講義 私たちにとって太平洋戦争とは何か
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/04/07
  • 出版社: 人文書院
  • サイズ:19cm/329p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-409-52061-1
  • 国内送料無料

紙の本

戦艦大和講義 私たちにとって太平洋戦争とは何か

著者 一ノ瀬 俊也 (著)

なぜ日本人は、今なお、戦艦大和とその物語に心惹かれ続けているのか。大和物語がどう作られ、いかに受け容れられて現在に至るのかをふりかえり、日本人にとって大和、そして戦争とは...

もっと見る

戦艦大和講義 私たちにとって太平洋戦争とは何か

2,160(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ日本人は、今なお、戦艦大和とその物語に心惹かれ続けているのか。大和物語がどう作られ、いかに受け容れられて現在に至るのかをふりかえり、日本人にとって大和、そして戦争とは何だったのかを考える。【「TRC MARC」の商品解説】

1945年4月7日、特攻に出た大和は沈没した。戦後も日本人のこころに生き続ける大和。大和の歴史は屈辱なのか日本人の誇りなのか。歴史のなかの戦艦大和をたどりながら戦後日本とあの戦争を問い直す。

~『戦艦大和ノ最期』から『宇宙戦艦ヤマト』『艦これ』までの15講!

【商品解説】

著者紹介

一ノ瀬 俊也

略歴
〈一ノ瀬俊也〉1971年福岡県生まれ。九州大学大学院比較社会文化研究科博士課程中途退学。博士(比較社会文化)。埼玉大学教養学部准教授。著書に「近代日本の徴兵制と社会」「銃後の社会史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

私たちは「戦争」を思い出すこともできないし継承もできていない

2015/10/11 07:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:土方艦長 - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦艦大和が建造されて、大戦の中で沈んだ。それは「一億総特攻」の先がけとなるはずであり、それを信じて絶望的な「作戦」に赴いていった人々がいた。大戦後の日本では、すぐさまそれがなかったことにされ、乗員の存在が消された戦艦大和の擬人化が進む中で、その後に生きる人々によって都合の良い戦艦大和の像がつくられていった。筆者らの世代は、『艦これ』にたどり着いてようやくその変貌ぶりに気づかされたのであろう。しかしその変貌はとっくの昔に始まっていたのである。15回の講義で語られる戦艦大和の像は、先の大戦の事実や記憶をさほど背負っていない物語の繰り返しによって、今ある私たちがそれを含めた「戦争」全般からとても遠いところに立っていることを実感させる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦艦大和をどう捉えたか

2016/12/30 03:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴジラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、太平洋戦争における戦艦大和の動向といった戦前のことだけでなく、戦後日本人は戦艦大和をどう捉えたのかについて述べられている。
戦後ならば例えば宇宙戦艦ヤマトがなぜイスカンダルへ飛び立ったのかについて論じており、戦艦大和や宇宙戦艦ヤマトが好きな方にぜひオススメしたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/23 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/03 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む