サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0811-17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ひとりではじめたアフリカボランティア 渋谷ギャル店員

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひとりではじめたアフリカボランティア 渋谷ギャル店員
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生
  • 取扱開始日:2015/04/27
  • 出版社: 金の星社
  • サイズ:20cm/213p 図版8枚
  • 利用対象:中学生
  • ISBN:978-4-323-07320-0
  • 国内送料無料

紙の本

ひとりではじめたアフリカボランティア 渋谷ギャル店員

著者 栗山 さやか (著)

バックパッカーとして、約六十か国を旅してたどりついたアフリカ・モザンビーク。毎日のように、たくさんの人たちが貧しさや病気で苦しみ、死んでいく現実を目の当たりにした彼女は、...

もっと見る

ひとりではじめたアフリカボランティア 渋谷ギャル店員

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バックパッカーとして、約六十か国を旅してたどりついたアフリカ・モザンビーク。毎日のように、たくさんの人たちが貧しさや病気で苦しみ、死んでいく現実を目の当たりにした彼女は、女性や子どもを支援する協会「アシャンテママ」をたったひとりで設立した。目の前で苦しむ友達を助けたいという一心で、ひたむきにとりくむ彼女の姿は、現地の人たちの心を動かしていく―。【「BOOK」データベースの商品解説】

渋谷109の元ギャル店員が世界を旅し、アフリカでNPOを立ち上げた! アフリカで目をそむけたくなるような現実に直面し、女性や子どもを支援する協会「アシャンテママ」をたったひとりで設立した著者の奮闘記。【「TRC MARC」の商品解説】

元渋谷ギャル店員の著者がバックパッカーになって世界へ。たどり着いたモザンビークで、多くの人が病気や貧困で亡くなる現実を目の当たりにし、現地にたった一人でNPO「アシャンテ・ママ」を設立した。彼女の活動を追ったノンフィクション。【本の内容】

目次

  • プロローグ
  • 第1章 日本を出たきっかけ
    • (1)親友のひらちん
    • (2)渋谷109のギャル店員
    • (3)ひらちんからの手紙
    • (4)一冊の本との出会い
  • 第2章 世界を旅する
    • (1)アジアへ
    • (2)中東へ
    • (3)ヨーロッパへ

著者紹介

栗山 さやか

略歴
〈栗山さやか〉1980年静岡県生まれ。渋谷109の元ショップ店員。モザンビークで協会「アシャンテママ」を設立。現地の国立医療技術学校を卒業、医療技術師の資格を取得。モザンビーク北部の病院に勤務。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

素晴らしい人だと思いました。

2015/08/26 17:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者のブログもずっと読んでいます。著者は、本当に本当に危険な地域で、奮闘を続けています。いくらでも『しない理由』や『やめる理由』を挙げることができる場所で、彼女はそれをしようとはしません。そういう選択のできる著者は、すごく強い人だと思います。だからこそ、その歩みを邪魔するもの、阻むものがないことを強く願います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/14 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/13 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/22 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/11 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/11 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る