サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2020年年間ランキング  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 255件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/10/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-394481-1
文庫

紙の本

きりこについて (角川文庫)

著者 西 加奈子 (著)

きりこは「ぶす」な女の子。小学校の体育館裏で、人の言葉がわかる、とても賢い黒猫をひろった。美しいってどういうこと? 生きるってつらいこと? きりこがみつけた世の中でいちば...

もっと見る

きりこについて (角川文庫)

税込 572 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

きりこは「ぶす」な女の子。小学校の体育館裏で、人の言葉がわかる、とても賢い黒猫をひろった。美しいってどういうこと? 生きるってつらいこと? きりこがみつけた世の中でいちばん大切なこと。【商品解説】

著者紹介

西 加奈子

略歴
1977年テヘラン生まれ、大阪育ち。関西大学法学部卒業後、2004年『あおい』でデビュー。05年刊行の『さくら』がベストセラーとなる。07年『通天閣』で織田作之助賞受賞。他の著書に『きいろいゾウ』『しずく』『窓の魚』『うつくしい人』『炎上する君』『円卓』などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー255件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

これからもずっと、大切にしたい本

2016/12/15 19:01

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いぎりす - この投稿者のレビュー一覧を見る

他人からどう見られているか、どう思われているか。そんな思考回路で恐る恐る暮らしながら「容れ物」ばかりに囚われている私。他人にどう思われようと「私」は「私」でしかない、と言い聞かせて最近は生きてきたつもりでも、やっぱり周りの目が気になってしまう。なぜなら、私も他人を見るときに「容れ物」に気を取られているからかもしれないから。それを気付きだけじゃなくて、実際に行動に移せているきりこたちを尊敬する。私も時間が掛かっても良いから、そんな生き方が出来るようになれたらなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に読んでしまいました。

2015/02/06 23:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙にひかれて手に取りました。当初想像していた話とは大分異なっていたのですが、好きな本の一つになりました。とてもパワーのある本だと思いました。きりこ達を通して、多くの思い込みに気づくことができました。読んでいる時、思わず目を見張る瞬間や、そういうことか、と腑に落ちる瞬間が、多々ありました。読んでよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きりこのかお

2018/11/30 19:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みはじめはいったいきりこがどんな顔なのか、そればかりが気になりなかなか読み進まなかった。
しかし読んでいくうちに、きりこは自分ににているなーと思い始め、そして最後の数ページで(自分の中では)どんでん返し。
またはじめから読みたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝道師 西加奈子

2017/04/30 20:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雲絶間姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

近頃の西加奈子はかつてのオモロクて時々ほろっと悲しくなる作風から、宗教の教主様に変貌を遂げたのではと感じることがある。
『サラバ!』でも思ったのだが、きっと今の日本の現実を憂い、鬱になったり引き籠ったりの若者にエールを送りたいのではないだろうか。
『きりこについて』を読むと、すべての登場人物の少女達の悩む前の姿を見て、自分の傲慢な少女時代を思い出し、顔から火が飛び出すようである。しかし、自分の道を見つけた彼女たちの精神は強く、その姿に勇気づけられる。
これは全ての悩める大人少女達への応援歌である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

猫好きじゃないけど、良かった。

2019/11/18 21:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

単純に面白かった。やっぱり西加奈子さんは、関西弁で語る方が、しっくりくる。
主人公が、ぶすって気付くまでが、長かった。
誰もが薄々解ってる事を、はっきりとした言葉にしてくれているところに、共感出来る。
例えば、少年時代にモテていたこうた君、大人になるにつれて、女の子は経済力のある男の元へと群がっていく。その事に憤りを感じる彼だが、その事に対する解説が、とても的を射ている。そうなんだよね~と思いながら、最後まで楽しく読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議

2016/01/25 12:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すいぽて - この投稿者のレビュー一覧を見る

西加奈子先生の作品を初めて読みました。
不思議と不思議な気持ちのまま楽しめました!
何が不思議かは読んでからのお楽しみで笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラムセス可愛すぎ

2015/12/23 22:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

猫さんたちが可愛すぎでごまかされてるけど、登場人物はみんな何かしら不幸な目にあってる。
でも、最後には救いがある。ご都合主義なとこもあるけど、それも西加奈子さんの味かな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分を見つけること=他人を見つけること

2016/09/28 15:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポージー - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公はぶすのきりこ。その他にもかわいい娘、AV女優、かっこいい不良の男子、宗教にはまる主婦、など色々な人々が出てくるのだけど彼らは皆自分を見失っている。
この物語において「自分」とはなにか。そして彼らがどのように「自分」を取り戻すのか。
人が自分のことを「自分」と言えるのは自分を客観視しているからだ。仮に100%主観だけだったら自分と「自分」は完全に混じり合って、そうなると自分と世界・他人との境界も無いことになる。つまり「自分」を見つけるためには他人を見つけなければいけないし、他人を見つけるためには「自分」を見つけなければならないのだ。この二つは同じことで切り離せない。そういうことを感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人とは

2020/11/11 11:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおたいがー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぶすなきりこが両親から愛情をふんだんに注がれて自分の容姿についてなにも思わずに育っていた少女時代から、『ぶす』を認め、そして次第に人は中身だけでなく、容姿、今までしてきたこと、そのすべてが「自分その人」だと気づいていく。
ラムセス2世というネコの視点で書かれているが、人が人であることをどのようにみとめていくか、それを理解していくのか、その過程が描写されていてよかった。
人は見た目と中身だけでもないのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/19 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/17 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/12 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/24 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/20 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/17 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。