サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/04/28
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/535p 図版32p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-42065-3
文庫

紙の本

森の思想 新装版 (河出文庫 南方熊楠コレクション)

著者 南方 熊楠 (著),中沢 新一 (編)

東アジア的な生命論から出発して未踏のエコロジー思想の存在を予告した熊楠。植物学論文、南方二書、神社と森を無残に破壊した神社合祀令に反対する意見書などにより、熊楠が見た生命...

もっと見る

森の思想 新装版 (河出文庫 南方熊楠コレクション)

税込 1,562 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東アジア的な生命論から出発して未踏のエコロジー思想の存在を予告した熊楠。植物学論文、南方二書、神社と森を無残に破壊した神社合祀令に反対する意見書などにより、熊楠が見た生命の本質を追う。中沢新一の解題も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

熊楠の生と思想を育んだ「森」の全貌を、神社合祀反対意見や南方二書、さらには植物学関連書簡や各種の論文、ヴィジュアル資料などで再構成する。本書に表明された思想こそまさに来たるべき自然哲学の核である。【商品解説】

収録作品一覧

森の思想 中沢新一 著 9−134
フィラデルフィアの顕微鏡 137−146
粘菌、動植物いずれともつかぬ奇態の生物 147−159

著者紹介

南方 熊楠

略歴
1867年和歌山市生まれ。博物学、仏教学、自然科学等をもとに独自の方法論を確立した、博覧強記の民俗学者・粘菌学者。おもな著書に、『十二支考』『南方閑話』『南方随筆』『燕石考』など。1941年没。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

うーん

2020/02/18 14:01

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろい野干 - この投稿者のレビュー一覧を見る

植物とか、粘菌とか、いろいろ。

 柳田説の「日本は多民族国家でなんぞ先住民が居て」説に関する、南方熊楠大先生のツッコミが、なんとなく入ってゐるが、注釈はさう言ふのへ行かない。

 『岩田村大字岡の田中神社について』は引用で止まるが、その「大年神の子に聖神と向日神(古事記には「白日神」とあるが南方説では本居宣長の「この白は向の誤記」なのだがその辺の説明は一切なく本居宣長のなんとかが出るだけ)がでる件」と言ふ南方説に関して五来重先生の「ヒジリ=ひ治り(本書では「火知り」だけど)」説を出して、この辺は「柳田説に拘ったための南方の誤りと思う」ときて、「南方にとってひじりは火でも日でもよい」、つうて「小童(ヒジ)は依童を使った呪術者の」といふ柳田『毛坊主考』の引用を「南方の着眼点」と言ひ張る。聖神からヒジリに関する南方説で大年神のお子さんにファイヤーを司る「庭日神(庭の火を司る神)」ゐるけどオリエンテーション(「家相」の見立て)やる向日神と日の善悪を占ふヒジリの人に、ファイヤー部分ないけど。

 注釈で、百合若は鬼若や牛若の如きドメスティックなナニであるとする。南方先生は一貫して「百合若=ユリシーズ」説を唱へてゐたけども。

 本コレクション三巻他、いくつか あと『ネイチャー』への寄稿もか、マンドレイクに興味ありまくりでよく書いてる南方大先生の説を、本書のマンドラゴラ関係は、一切引かずに、ナチスドイツとかなんとかを書く。あと適当なタームへアイヌの伝承を入れるとか、面白いんだけど、注釈があの、「他人のブログのコメント欄へ自分の記事を書く」やうな作業が延々。

 いいけどすげえ皮肉で、南方先生はカシャボ(河童だ)が馬をかまってどうのといふのと、ロシヤで川のなんかに関する儀礼(馬を川の神へ捧げる)を併せて紹介してるのだが、本書ではおさる関係に「後の石田英一郎の河童駒引考がどうの」は一切出てこない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/11/10 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。