サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 102件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/11
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:18cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101649-7
新書

紙の本

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川新書)

著者 出口 治明 (著)

本を読むときは、1行たりとも読み飛ばしてはいけない。何かを学ぶなら、厚い本→薄い本の順。「自分の頭で考える力」をつけるための読書法を、稀代の読書家が具体的に説き明かす。【...

もっと見る

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川新書)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

本を読むときは、1行たりとも読み飛ばしてはいけない。何かを学ぶなら、厚い本→薄い本の順。「自分の頭で考える力」をつけるための読書法を、稀代の読書家が具体的に説き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー102件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

いい本

2015/02/11 13:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごう - この投稿者のレビュー一覧を見る

本への愛情が感じられる一冊。本の使い方もわかります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

優等生的ですが

2015/12/16 13:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トモモモモ - この投稿者のレビュー一覧を見る

教養人になるための良きガイドブックです。日本の社会を背負うリーダーたちは、誰もがこれぐらい名著を読み込んで教養を備えていていてほしい。そう願うのは無茶でしょうか。でも本来はそうあるべきなのです。

この本が面白いかと言われると微妙です。出口さんは活字中毒を自認してらっしゃるそうですが、本来、活字中毒者というものは本を数えきれないほど読んでいるので本を数えている暇などないのです。「一万冊」だなんていちいち数えているところが怪しい(編集者の意図かもしれませんが)。旅行した国の数を語る人に面白い人はいないのと同じように、読んだ本の数を語る人に面白い人はいないのです。

有名人で例えると、蛭子能収さんの対極の位置でしょうか。クリエイティブな人たちの個性に比べると、出口さんの視点は優等生的でちょっと退屈。でも会社の上司がこんな人だったらいいだろうなと思わされます。

高い志を抱きつつ何をどう読んでいいかわからない。そんな人に良いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本は楽しむためにあります

2018/05/05 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

BSテレビの「久米書店」という番組で紹介していたので、読みました。ライフネット生命の経営者である著者は、話し方に説得力がある。
 本の方は、ふむふむと読みながら、いや~ちがうな~とか、何もそこまで……というところもありました。
 しかし、「本は楽しむためにあります」という断言には、100%賛成です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「本の使い方」ではなく、考え方についての本です。

2016/10/23 06:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペリクレス - この投稿者のレビュー一覧を見る

職場の上司に薦められ、気が進まないまま読み始めました。

なぜ、気が進まなかったかというと...
- 本の読み方なんて、他人に決めてもらうものなのか? その人なりの方法でいいじゃないか。
- 「本から何かを得てやろう」「教養人になってやろう」という発想が浅ましい (笑)
- 気軽に読んで、「あ~おもしろかった」で何が悪い。
と、思ったからです。

茶道や華道のような「読書道」を提唱する本だと思い込んでいたんですね。

ですが、本著を読み進めるうちにそうでないことが分かりました。

「知識や経験が詰まったものなんだから、読まないともったいないよ」「じっくり読んで、その本の旨みを味わいつくそう」という著者の声が聞こえてくるようでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

著者の心意気に感動

2015/08/31 09:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「一行たりとも読み飛ばしてはいけない」という著者の心意気に感動しました。私はしょっちゅう飛ばし読みしていますから…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/29 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/06 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/14 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/09 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/26 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/13 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/02 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/07 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/18 07:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/26 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。