サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

2019年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

陰欝な美青年
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2015/04/24
  • 出版社: 文遊社
  • サイズ:19cm/314p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89257-112-1
  • 国内送料無料

紙の本

陰欝な美青年

著者 ジュリアン・グラック (著),小佐井 伸二 (訳)

この眩暈を止めなければ、この無意味な死を―ヴァカンスの倦怠を、不安に一変させる美青年、アランとは誰なのか?グラック初期長篇。【「BOOK」データベースの商品解説】夏を渡る...

もっと見る

陰欝な美青年

3,456(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この眩暈を止めなければ、この無意味な死を―ヴァカンスの倦怠を、不安に一変させる美青年、アランとは誰なのか?グラック初期長篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

夏を渡るために船のように艤装したホテル。そこへ夏の休暇を過しにきた客たち。海辺のヴァカンスにおける無為と倦怠を、ひとりの美青年アランの登場が、不安とおののきに変貌させる。彼は一体何者なのか?〔筑摩書房 1970年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジュリアン・グラック

略歴
〈ジュリアン・グラック〉1910〜2007年。フランス生まれ。高校で教鞭をとりながら執筆活動を行い、38年「アルゴールの城にて」を発表。第二次世界大戦で捕虜となり解放される。著書に「森のバルコニー」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

甘美な波間を漂う物語

2016/10/24 16:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ましろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

それと知っていても、そ知らぬふりをしようとも、どうしたって向かってしまう逃れようもない宿命の影をひたひたと予感させながら、物語が進むのをただただ読むしかなかった。憑かれたように死と近しい者、それにはたと気づいた時には、自分も引き込まれている。そうして、自分の内にある倦怠を意識する以上に見せられる心地になる。止めようもなく、止まるすべもなく、彼はどこまでも彼であり、その淵に立たされ、戻るすべを失くしている。思えば、始まりすら結末を待っていた。眩暈に似た時の訪れは、物語に漂う甘美な死を痛いほど知らしめた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/24 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/29 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

欧米の小説・文学 ランキング

欧米の小説・文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む