サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 53件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/06/19
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-31463-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

専門書

紙の本

幼児教育の経済学

著者 ジェームズ・J.ヘックマン (著),古草 秀子 (訳)

なぜ幼少期に積極的に教育すべきなのか? 早い時期からの教育で、人生がどう変わるのか? 子供の人生を豊かにし、効率性と公平性を同時に達成できる教育を、経済学の世界的権威が徹...

もっと見る

幼児教育の経済学

税込 1,760 16pt

幼児教育の経済学

税込 1,760 16pt

幼児教育の経済学

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.0MB
Android EPUB 5.0MB
Win EPUB 5.0MB
Mac EPUB 5.0MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ幼少期に積極的に教育すべきなのか? 早い時期からの教育で、人生がどう変わるのか? 子供の人生を豊かにし、効率性と公平性を同時に達成できる教育を、経済学の世界的権威が徹底的に議論する。【「TRC MARC」の商品解説】

やる気・忍耐力・協調性――幼少期に身につけた力が、人生を変える!

なぜ幼少期に積極的に教育すべきなのか?
幼少期に適切な働きかけがないと、どうなるのか?
早い時期からの教育で、人生がどう変わるのか?

ノーベル賞学者が40年にわたって追跡調査
脳科学との融合でたどりついた衝撃の真実!

●5歳までの教育は、学力だけでなく健康にも影響する
●6歳時点の親の所得で学力に差がついている
●ふれあいが足りないと子の脳は萎縮する

子供の人生を豊かにし、効率性と公平性を同時に達成できる教育を、経済学の世界的権威が徹底的に議論する。


「就学前教育の効果が非常に高いことを実証的に明らかにしている。子供の貧困が問題となっている日本でも必読の一冊」解説 大竹文雄【商品解説】

目次

  • 【パート1】子供たちに公平なチャンスを与える
  •  ジェームズ・J・ヘックマン
  • 【パート2】各分野の専門家によるコメント
  • 職業訓練プログラムも成果を発揮する
  •  カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教育・情報学部教授 マイク・ローズ
  • 幼少期の教育は母親の人生も改善する
  •  ジョージタウン大学法律センター法学および哲学教授 ロビン・ウェスト

著者紹介

ジェームズ・J.ヘックマン

略歴
〈ジェームズ・J.ヘックマン〉プリンストン大学でPh.D.(経済学)取得。シカゴ大学ヘンリー・シュルツ特別待遇経済学教授。2000年ノーベル経済学賞受賞。専門は労働経済学。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

子どもの成長戦略

2015/12/30 12:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間は、環境適応能力が非常に高い動物です。
幼児期にはその傾向が著しく、教育によって成功・失敗の道が大きく分かれてしまいます。
子どもの教育に適切な時間やお金をかけると、大人になってからよりもはるかに効率的に優秀な人材を育て上げることができるのです。
高齢者にばかりお金をかけるどこかの国は、間違いなく衰退すると思いまする

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『幼児教育の経済学』

2019/09/10 21:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

《幼少期における非認知能力の獲得、向上が高校卒業率や平均所得、生活保護受給率、犯罪率などに影響する》

幼児教育や家庭教育の啓発書によく引用される「非認知能力」の重要性を説く研究を、原著者みずからコンパクトにまとめたもの

「非認知能力」やヘックマンの研究に言及するなら目を通しておくべき一冊

著者が2000年にノーベル経済学賞を受賞したことからもわかるとおり、もともとは労働経済学の分野における教育の投資効果に関する研究であったことに留意が必要

原著は2013年刊“Giving Kids a Fair Chance”
邦訳は2015年刊

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

経済学の権威による幼児教育論です!

2019/01/14 11:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は経済学の第一人者による幼児教育論です。同書には、幼児の頃に積極的に教育すべき理由をはじめ、幼児期に適切な働きかけがないとどうなるのか?早期の教育でその子の人生はどう変わるのか?など、私たちにとって興味深いテーマについて深い議論が繰り広げられます。非常に読んでいて、納得させられますし、かつ目からウロコの事実も沢山あります。ぜひ、お子さんをお持ちの多くの親御さんに読んでいただきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幼児教育を巡る学者の議論と課題

2018/05/22 11:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:病身の孤独な読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、ヘックマンの研究事例やその他のエビデンスを紹介しながら、幼児教育の必要性を説く文章から始まる。そして、その後の章では様々な学者がヘックマン氏の主張に意見をするという形になっている。一部賛成の者と反対意見とが混じっており、刺激的な議論を楽しむことができる。しかし、反対意見に関して、批判内容がヘックマン氏の論点とズレていることが多い。また、単なる感想程度の批判的意見などもあり、決して議論のお手本とはいえない。それでも、幼児教育につて考察するなら本書は読んでおいて損はないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/11/27 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/20 09:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/13 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/19 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/27 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/05 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/20 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/30 05:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/03 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/01 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/09 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。