サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

断片的なものの社会学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 96件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/05/30
  • 出版社: 朝日出版社
  • サイズ:19cm/241p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-255-00851-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

断片的なものの社会学

著者 岸 政彦 (著)

【紀伊國屋じんぶん大賞(2016)】路上のギター弾き、夜の仕事、元ヤクザ…。人の語りを聞くということは、ある人生のなかに入っていくということ。社会学者が実際に出会った「解...

もっと見る

断片的なものの社会学

1,685(税込)

断片的なものの社会学

1,483 (税込)

断片的なものの社会学

ポイント :13pt / 紙の本より202おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.1MB 無制限
Android EPUB 9.1MB 無制限
Win EPUB 9.1MB 無制限
Mac EPUB 9.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【紀伊國屋じんぶん大賞(2016)】路上のギター弾き、夜の仕事、元ヤクザ…。人の語りを聞くということは、ある人生のなかに入っていくということ。社会学者が実際に出会った「解釈できない出来事」をめぐるエッセイ。【「TRC MARC」の商品解説】

路上のギター弾き、夜の仕事、元ヤクザ……
人の語りを聞くということは、ある人生のなかに入っていくということ。
社会学者が実際に出会った「解釈できない出来事」をめぐるエッセイ。

◆「この本は何も教えてはくれない。
  ただ深く豊かに惑うだけだ。
  そしてずっと、黙ってそばにいてくれる。
  小石や犬のように。
  私はこの本を必要としている。」

一生に一度はこういう本を書いてみたいと感じるような書でした。
ランダムに何度でも読み返す本となりそうです。
――星野智幸さん

どんな人でもいろいろな「語り」をその内側に持っていて、
その平凡さや普通さ、その「何事もなさ」に触れるだけで、
胸をかきむしられるような気持ちになる。梅田の繁華街で
すれちがう厖大な数の人びとが、それぞれに「何事もない、普通の」
物語を生きている。
 * * *
小石も、ブログも、犬の死も、すぐに私の解釈や理解をすり抜けてしまう。
それらはただそこにある。[…]社会学者としては失格かもしれないが、
いつかそうした「分析できないもの」ばかりを集めた本を書きたいと思っていた。(本文より)【商品解説】

目次

  • イントロダクション──分析されざるものたち
  • 人生は、断片的なものが集まってできている
  • 誰にも隠されていないが、誰の目にも触れない
  • 土偶と植木鉢
  • 物語の外から
  • 路上のカーネギーホール
  • 出ていくことと帰ること
  • 笑いと自由                   
  • 手のひらのスイッチ

著者紹介

岸 政彦

略歴
〈岸政彦〉1967年生まれ。大阪市立大学大学院文学研究科単位取得退学。博士(文学)。社会学者。龍谷大学社会学部教員。研究テーマは沖縄、被差別部落、生活史。著書に「同化と他者化」「街の人生」。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー96件

みんなの評価4.3

評価内訳

電子書籍

癒される

2018/06/28 13:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソニ - この投稿者のレビュー一覧を見る

様々な人の断片的なエピソードから、人の生きざまがかいまみえる。決して結論を求めず、それでいて時々、変わらないものに触れることができたような気になる。人のあり方を掬いとる筆者の、優しい眼差しに癒される一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不充分な人間の

2017/12/28 04:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫目太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

全体的に暗く、重い内容だが、どんどん先を知りたくなる。不思議と他者に冷たい様な著者の暖かい眼差しと、どんな人でも突き放さない優しさを感じる。「人は孤独で、なにもない存在」と絶望してしまいそうだ。不充分な存在で、それを生きていかなければならない辛さがある。それでも、不充分な存在同士、寄り添う社会が必要だと感じる。読み終えるのが惜しい本だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間の生活史の名著

2017/09/15 22:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

社会学者の岸さんが人々の人生に耳を傾けて感じたことをありのままに書いた一冊。私達はつらいときにどうして薄ら笑いを浮かべてしまうのか、どうして寂しさを抱えながら他人と関わりたくないと思うのか、マジョリティが考える幸せにどう向き合うべきなのか。そういう答えのない問いに対して、誰かの人生とか自身の人生を取り上げて思いを綴っていく。

決して「こうするべきだ」とは書かない、言葉を一つ一つ目の前に置いていくような文章。それでもなぜかとても強い文章だと思ったし、久々に文章に惹かれました。人付き合いで疑問を感じた時に読み返したい本です。沁みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

残しておくこと

2016/07/06 06:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こけさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネットの中の無数にある断片的な言葉に、光を当てる筆者の行為はとてつもなく崇高なように思われた。すばらしい言葉だけが文学的なものではなく、読む人の態度がどんなものにも昇華させうるのだと思うと、どんなくだらない、つまらない断片的な記述もこころしてかからないといけないのだと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やわらかい社会学

2017/11/04 12:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomtom - この投稿者のレビュー一覧を見る

様々な境遇の人の語りを記録するスタイルで社会学の研究をする著者。研究といっても本書は固いものではなく、数々の断片的なストーリーや自己の経験を例に挙げてのエッセイとなっていて、読みやすい。
中でも興味深い内容だったのが「手のひらのスイッチ」だ。ある物事を《一般的に良いもの》とすることが、そこから外れる人にとっては暴力になり得るということ。自分の思う事だけが「正しい」と思ってる人が身近に居るので面白く読んだ。いろんな考えがあるんやから…ってこと。
なるほど、と思う文章が多くありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/28 09:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/09 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/07 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/07 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/26 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/18 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/01 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/23 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/17 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/29 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む