サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/06/26
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:22cm/933p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-336-05909-3
  • 国内送料無料

紙の本

マルセル・シュオッブ全集

著者 マルセル・シュオッブ (著),大濱 甫 (訳),多田 智満子 (訳),宮下 志朗 (訳),千葉 文夫 (訳),大野 多加志 (訳),尾方 邦雄 (訳)

夭折の天才作家マルセル・シュオッブの作品を集大成。「二重の心」「黄金仮面の王」「少年十字軍」「拾穂抄」をはじめ、単行本未収録の短篇や評論も収録。巻末に解説、解題、年譜つき...

もっと見る

マルセル・シュオッブ全集

税込 16,500 150pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夭折の天才作家マルセル・シュオッブの作品を集大成。「二重の心」「黄金仮面の王」「少年十字軍」「拾穂抄」をはじめ、単行本未収録の短篇や評論も収録。巻末に解説、解題、年譜つき。【「TRC MARC」の商品解説】

現在大きな注目を浴びる、夭折の天才作家マルセル・シュオッブ。ヴァレリー、ジイド、ジャリをはじめ、ボルヘス、ボラーニョ、澁澤龍彦らにまで多大な影響を与えた、19世紀末フランスの小説家の初めてとなる邦訳全集。『架空の伝記』『モネルの書』『少年十字軍』『黄金仮面の王』『二重の心』等の全小説はもちろん、評論や単行本未収録短編まで収録。約4割が新訳。本邦初訳も多数収録。全1巻。推薦=皆川博子、山尾悠子【商品解説】

「19世紀末のボルヘス」として大きな注目を浴びる、夭折の天才作家の初の全集。『架空の伝記』『モネルの書』『少年十字軍』『黄金仮面の王』『二重の心』を始め、評論や単行本未収録短編まで収録。推薦=皆川博子、山尾悠子【本の内容】

収録作品一覧

二重の心
吸血鬼 大濱甫 訳 19−23
木靴 大濱甫 訳 24−29

著者紹介

マルセル・シュオッブ

略歴
〈マルセル・シュオッブ〉1867〜1905年。パリ近郊生まれ。フランスの作家。著書に「少年十字軍」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

お財布とご相談ください

2015/07/30 14:16

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

シユオブ、シュオブ、シュウォッブ、と表記もまちまちだった Marcer Schwob(1867~1905)だが、今回の全集発刊でシュオッブと統一されるのかもしれない。シュオッブ全集は、大濱甫の個人訳で全5巻の発刊が予定されたことがあったものの、三、四、五巻のみで中断していた(南か書局 1977~1980)。のち、多田智満子訳の『少年十字軍』(王国社 1990)が発売となった。今回の全集には、先のふたりの訳稿に加え、さらに初訳作品も含まれている。各種アンソロジーなどに点在していたシュオッブの作を一望できるのは、僥倖といってもいい。そうした観点からすると、巻末の解題で、書誌の表示がないのは残念ではあるが(既訳者のみを表示)、この時代、検索は容易なことだし、読者に調べる楽しみを残してくれたのかもしれない。ボルヘス、澁澤、皆川博子、山尾悠子の文が帯にあり、いかにもと思うか、鼻白むかは、ひとそれぞれであろうが、ほぼワン・アイデアだけで押し切る短編群は、個人的には宮澤賢治をも彷彿とさせる。それにしても、百年以上も前の異国の作家の全集がひょっこり出てしまう、この日本という国、まんざら捨てたものではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/04 01:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/11 02:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/01 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。