サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/07/31
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:19cm/365p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-53669-9

紙の本

曽呂利! 秀吉を手玉に取った男

著者 谷津 矢車 (著)

「不思議な男です。そろりそろりと気づかれないうちに人に近づき、そろりそろりと人の心の中に少しずつ入り込んでくる。そして最後には完璧に取り入っている。だからこそ、誰もあの男...

もっと見る

曽呂利! 秀吉を手玉に取った男

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「不思議な男です。そろりそろりと気づかれないうちに人に近づき、そろりそろりと人の心の中に少しずつ入り込んでくる。そして最後には完璧に取り入っている。だからこそ、誰もあの男を気にしない。言うなれば、あの男はいつだって他人の影に隠れているのです」頓知の天才、茶の湯の達人、人たらし…。曽呂利新左衛門よ、お前はいったい何者なのだ!?【「BOOK」データベースの商品解説】

秀吉は、なぜ誑かされたのか? そろりそろりと気づかれないうちに人に近づき、そろりそろりと人の心の中に少しずつ入り込んでくる−。頓知の天才、茶の湯の達人、人たらし。秀吉幕下を翻弄する謎の男・曽呂利新左衛門に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

豊臣秀吉や歴戦の武将たちを陰で操る謎の人物、曽呂利新左エ門。歴史小説界の若きエースが、新たな戦国ダークヒーローを描く!【本の内容】

著者紹介

谷津 矢車

略歴
〈谷津矢車〉1986年東京都生まれ。駒澤大学文学部歴史学科考古学専攻卒。第18回歴史群像大賞優秀賞受賞。著書に「洛中洛外画狂伝狩野永徳」「蔦屋」「唸る長刀」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

話術で戦国を生きた人物

2019/08/27 18:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:扇町みつる - この投稿者のレビュー一覧を見る

曽呂利新左衛門という人物を軸に、豊臣家の栄枯盛衰を描いた作品。蜂須賀小六、千利休、石川五右衛門、豊臣秀次、石田三成、策伝の視点のエピソードを通して、御伽衆として仕えていた曽呂利新左衛門の暗躍によって最終的に豊臣滅亡に至る様が描かれている。

曽呂利のスペックにはチート味も感じなくもないけれども、巧みな話術で秀吉やその周辺人物の心を操るところは読んでいて面白い。終盤、曽呂利が自分の心情を語る場面はもしかしたら好みが別れるかもしれない(語られず謎に包まれたエンドもありかなとも思うので)。しかし糞みたいな乱世を生きようとした曽呂利に、最後はホロリとさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/14 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/03 08:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/19 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/05 12:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/29 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/13 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/05 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/05 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/27 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/27 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/24 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。