サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2015/06/10
  • 出版社: くもん出版
  • サイズ:27cm/32p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-7743-2295-7
絵本

紙の本

30000このすいか

著者 あき びんご (作)

【日本絵本賞大賞(第21回)】食べられる前に、逃げようぜ! ある夜、30000個のすいかが、畑から脱走した。すいかたちは、野を越え、山越え、いったいどこへ向かうのか!? ...

もっと見る

30000このすいか

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本絵本賞大賞(第21回)】食べられる前に、逃げようぜ! ある夜、30000個のすいかが、畑から脱走した。すいかたちは、野を越え、山越え、いったいどこへ向かうのか!? 奇想天外、あきびんごのナンセンス絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

 すいか畑に、すいかが30000こもなりました。ある日「もう食べ頃だね」とカラスが話しているのを聞いたすいかたちは、「食べられるなんて御免」と、夜中に脱走。山道をごーろごーろと転がり、新天地を目指します。生まれて初めての海や沈む夕日を見て、すいかたちは畑では味わえなかった感動を覚えます。
 次の日、はりきって転がるすいかたちの目前に、突如現れた崖! すいかたちはなすすべもなく落ちていき、ぱっかーん、ぱっかーんと音をたてて割れ、果肉が花火のように飛び散りました。あとには、大きなすいかの池ができました。ところが…。

 作者は『したのどうぶつえん』『あいうえおん』など、ことば遊び絵本を数々出版しているあきびんごさん。本作でも、30000このすいかが畑から大脱走するという、奇想天外なあきびんごの世界が炸裂します。現実の世界と空想の世界を自由に行き来できる子どもたちだからこそ楽しめる、ナンセンス絵本の決定版です。【商品解説】

著者紹介

あき びんご

略歴
〈あきびんご〉1948年広島県生まれ。東京藝術大学日本画卒。絵画や染付などの個展活動を行う。「したのどうぶつえん」で日本絵本賞、「ゆうだち」で産経児童出版文化賞JR賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

子ども向きではないかも

2016/05/25 20:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

30000個のすいか達が、
カラスの「このすいか達食べられちゃうんだよ」という声を聞いて脱走。
そのままの状態で、どこかへ逃げればかわいかったのかもしれませんが、
落下して、砕け散って、まるでホラー映画のような、
巨大なくちびるに足が生えた謎の生き物になり、そのまま海へ。
最後にどうなったかという点は絵本らしい結末だと思いましたが、
子どもよりも、絵本が好きな大人が読んだ方が楽しめるかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ナンセンス

2019/01/19 20:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

30000このすいかが、畑を逃げ出して旅をするお話です。
凝り固まった頭がやわらかくなるような、ナンセンスが楽しい絵本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後半の展開が結構コワイ。

2017/01/27 22:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

三万個のスイカが生ってる広大なスイカ畑から、三万個のスイカが脱走。
坂を転げてスイカ果汁の池が出来る。スイカ果汁の池!素晴らしい。そんな池で泳いでみたい。
そこまでは良い。けど、その後の展開はちょっとどころか結構コワイ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

くちびるの謎

2016/10/27 13:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

発想は面白い。しかし、何故くちびるなのか、分からない。すいかの気持ちになっても分からない。食べられるくらいなら食べてしまおうというイメージだろうか。単純に唇、太陽、と赤いものでイメージしたのかもしれない。疑問が残る絵本だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シュールすぎる…

2016/03/25 20:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

30000個のすいかが食べるのを恐れて逃げ出すー、という出だしはそれほど驚きもしなかった。けれど、中盤以降の展開は目をむくようなものに。すいかが花火のように飛び散って、ひとつの池になる。それもびっくりなら、その後の、すいか池から舌が出てくる絵といったら…、シュールを通り越してホラーのような感じも。
驚きや意外性をもたらす絵本はおもしろいものだが、ちょっとこれは行き過ぎかなと思う。絵も不気味さ、グロテスクさを感じさせるもの(特に舌の出てくるところが)で、素直に楽しむことができなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/25 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/17 07:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/11 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/10 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/08 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/26 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/04 08:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/27 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。