サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

BAR追分(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 73件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/07/15
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/210p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-3917-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

BAR追分 (ハルキ文庫 BAR追分)

著者 伊吹 有喜 (著)

路地の奥にたたずむBAR追分。昼は「バール追分」でコーヒーや定食を、夜は「バー追分」で本格的なカクテルや魅惑的なおつまみを。人生の分岐点で、人々が立ち止まる場所「BAR追...

もっと見る

BAR追分 (ハルキ文庫 BAR追分)

562(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

路地の奥にたたずむBAR追分。昼は「バール追分」でコーヒーや定食を、夜は「バー追分」で本格的なカクテルや魅惑的なおつまみを。人生の分岐点で、人々が立ち止まる場所「BAR追分」、いよいよオープン。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

スープの時間 35−73
父の手土産 75−120
幸せのカレーライス 121−158

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー73件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

娘への思いは父親共通

2015/08/19 16:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊吹有喜の、おそらく初めての連作短編集。舞台装置からは、「深夜食堂」を思わせもするし、単的に言ってしまえば脚本家を目指す青年の成長と、商店街再生?の物語。しかし、人間愛と温かな眼差しに満ちた伊吹ワールドが存分に堪能できた。
 既作品ほど“泣ける”わけではないものの、第2話「父の手土産」にはホロリとさせられた。珍しくシリーズ化の要素十分で、クセのある登場者たち各々の物語など、早く続きが読みたい。
 全くテーマも、もちろん作風も目指すところも異なるけれど、何故か吉田篤弘の「なにごともなく、晴天。」を読み返したくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

優しいお話

2016/02/28 00:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さきん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ご飯屋さん小説(と個人的に呼んでいる)。
優しいほっこりした空気が流れる連作短編集。桃ちゃんが可愛らしい。そして、ご飯が美味しそう。これ大事。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなお店が近所にあったら・・・

2016/02/28 12:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さと - この投稿者のレビュー一覧を見る

表表紙のネコとカレーライスの絵柄に惹かれて手に取り、
裏表紙のあらすじを読んだところ、
「ねこみち横丁」「おいしそうな料理のメニュー」「心温まる・・・」というフレーズにも目が行き、実際読んでみることにしました。

読後感としては、
読みながらお腹が空いてくる、
そして、人と人との温かさが溢れる、心がほこり温まる印象を受けました。

再読したい1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ささやかな人生模様

2016/03/04 15:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろこしゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

猫とカレーのカバー絵に惹かれて手にとってみました。
読み始めて即、脳内で映画がはじまりそうになったので慌てて本を閉じてレジへ直行。
野生のカンだけど、こういう本はたいてい当たり。
脳内映画館が始まってしまう作品は相性のいい文体なので読んでいて気持ちがいい。

大当たりでした。
店に来るお客さんと横丁の住人たちのささやかな人生模様がいい味出してます。
ドラマか映画にならないかなー…と思っていたら、この作家さん「49日のレシピ」書いた人だったのですね。
他の作品もよんでみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

温かな本です。

2016/03/28 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kisuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ねこみち横丁振興会」にある「BAR追分」を舞台とした物語です。地域ネコがいて、おもいやりのある人々がいて、それぞれのドラマが展開していきます。出てくるお料理がそれはそれは美味しそう。近所に住んで常連さんになりたいと心から思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/05 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/27 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/03 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/13 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/30 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/07 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/03 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/24 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/29 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/06 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハルキ文庫 ランキング

ハルキ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る