サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

徴兵体験百人百話
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/07/06
  • 出版社: 17出版
  • サイズ:19cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-9900645-6-3
  • 国内送料無料

紙の本

徴兵体験百人百話

著者 阪野 吉平 (著)

山形県置賜地区から戦争に行った110人、110通りの体験から、何を感じ、何を考えるか−。先の戦争で戦場の最前線を経験した110人の証言を収録する。『米沢新聞』連載を書籍化...

もっと見る

徴兵体験百人百話

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

山形県置賜地区から戦争に行った110人、110通りの体験から、何を感じ、何を考えるか−。先の戦争で戦場の最前線を経験した110人の証言を収録する。『米沢新聞』連載を書籍化。見返しに地図あり。【「TRC MARC」の商品解説】

110人の徴兵体験談集。新聞もラジオもない、小作・奉公人より兵隊は給料がもらえて食うものも心配ない、という今からは想像することも難しい当時の人々の生活環境。3年間で戦死者なしという中隊。120人の中で生きて帰れたのは9人という中隊。毎日が死と隣り合わせだった人。一度も戦闘になったことがないという人。食うには困らなかったという人。排泄物まで洗って食ったという人。真っ青になってブルブル震えて飛んで行った特攻隊員。「この戦は負け戦だ。こんなところで死んではダメだ」と言った中隊長。軍隊生活が楽だったという人。軍隊よりシベリア抑留の方が楽だったという人。捕虜を度胸試しで殺したという人。死刑前日に釈放されたという人。片足を失った人。片目を失った人。病気で兵役を免れた人。終戦を知って泣く人、喜ぶ人。昭和17年に兵隊になり日本に帰って来たのは29年という人。今も目に焼き付いていることがあるがそれは話せないという人。そろそろお迎えが来るから話そうという人。聞き手、阪野吉平の中庸なペンが作品を引き立てる。戦争記録として貴重な証言もある。
【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店那覇店

おじいちゃんがいないので

ジュンク堂書店那覇店さん

皆様は(世代にもよると思いますが)、おじいちゃんから戦争体験を聞かれたことはありますか?
私は5歳のときに祖父が亡くなったので、直接聞くことはできませんでした。今さらですが、いろいろと聞いてみたかったものです。
だからこの証言集が、なんだか自分のおじいちゃんの話みたいに思えてきてしまいます。
こんなことを書くと「あんたのような孫は知らん」とお叱りを受けそうですが、こういう本で身近に等身大で感じる戦争体験こそが、本当にいつまでも繋がっていくものかもしれません。
証言というと重苦しいようなイメージかもしれません。けれどもみなさんご自宅のお茶の間でくつろいでお話しされている雰囲気なので、「思い出話」と言ったほうがしっくり来る感じです。
でも内容は本当に百人百話。毎日死と隣り合わせだった人もいれば、楽だったと言う人も。現地の人と仲良くなった話もあれば、現地の人を殺して行軍を続けた話も。
戦争の話というと、どうしても真珠湾攻撃以降の「太平洋戦争」について語られることが多いのですが、実際はそれよりも前から日本は戦争をしていました。
この本に出てくるおじいちゃんたち(あえてこの呼び方をすることをお許しください)は、何度も兵隊にとられ、その度にいろいろな場所に行かされています。「ノモンハン事件」とか、教科書でしか知らない話もリアルタイムで体験しています。

考えることはたくさんありますが、はっきりと言えることは、戦争においては人間すら消耗品になってしまうということですね・・・

社会科学書担当 成田すず

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

身近な家族が兵士だった

2016/01/08 17:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねつぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

身近な家族が兵士だったという、ごく当たり前にあった現実。戦争を理念的に語るのではなく、体験としてが語っている貴重な証言集である。市井の人々が一兵士として戦場に行き、見た現実生々しく展開される。その重さにたじろぐ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/01 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

戦争体験記 ランキング

戦争体験記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む