サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/08/21
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-031200-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワ文庫 JA)

著者 宮内 悠介 (著)

戦災孤児のスティーブとシェリルは、見捨てられた耐久試験場で何年も落下を続ける日本製ホビーロボット・DX9の捕獲に挑むが―泥沼の内戦が続くアフリカの果てで懸命に生きる少年少...

もっと見る

ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワ文庫 JA)

税込 814 7pt

ヨハネスブルグの天使たち

税込 737 6pt

ヨハネスブルグの天使たち

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.4MB 無制限
Android EPUB 6.4MB 無制限
Win EPUB 6.4MB 無制限
Mac EPUB 6.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦災孤児のスティーブとシェリルは、見捨てられた耐久試験場で何年も落下を続ける日本製ホビーロボット・DX9の捕獲に挑むが―泥沼の内戦が続くアフリカの果てで懸命に生きる少年少女を描いた表題作、9・11テロの悪夢が甦る「ロワーサイドの幽霊たち」など、日本製の玩具人形を媒介に人間の業と本質に迫る連作5篇。デビュー作『盤上の夜』に続く直木賞候補作にして、日本SF大賞特別賞に輝く第2短篇集、文庫化。【「BOOK」データベースの商品解説】

【日本SF大賞特別賞(第34回)】日本製の玩具人形を媒介に、人間の業と本質に迫り、国家・民族・宗教・戦争・言語の意味を問う連作短篇集。泥沼の内戦が続くアフリカの果てで、生き延びる道を模索する少年少女の行く末を描いた表題作など全5篇を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

9・11の現場からアフガンまで世界五都市を舞台に、日本製の機械人形を媒介に民族・宗教・紛争・言語などの本質に迫る連作短篇集。SF的想像力で世界のリアルに肉薄する五篇、文庫化。【商品解説】

〈日本SF大賞受賞&直木賞候補作、文庫化。〉戦火のヨハネスブルグで逞しく生きる戦災孤児が機械人形と出会う表題作他SF連作五篇【本の内容】

収録作品一覧

ヨハネスブルグの天使たち 7−60
ロワーサイドの幽霊たち 61−110
ジャララバードの兵士たち 111−175

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (15件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

玩具ロボットSF

2019/06/05 22:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

高い場所から歌う玩具のロボットが落下するイメージ。それを描いた連作。ツインタワーのテロを再現するため人格をコピーしたDX9を使うとかもはやリアリティなど軽々飛び越えている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさに奇想天外

2015/10/22 21:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukiちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

落下し続ける少女型楽器?
 全く何のことか分からずに読み始めたが、短編ゆえの息抜きも忘れ、物語の持つ迫力に引き込まれ一気に読み終えてしまった。
 読後感は、「せめてもう一話」。伊藤計劃にも似た無情感と寂寥感、そしてカタルシスがないまぜになった感情のシャワー。

 一番印象に残ったのは、9・11を追体験するためにDX9を落下させるという、まったくもって意味も必然も現実性もない話を、そう、でっち上げる筆力の凄さ。
 そして「二つのタワーの間には、何があるのだろう?」という問いかけ。
 それこそが、事件以後の世界に住む我々みんなの生きるキーワードではないだろうか。

 この本は、まさに多感な少年少女に読んで欲しい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

SF・文学性の両面で優れた作品です。

2015/09/02 00:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞候補&日本SF大賞特別賞受賞作で、表題作の他に4作品が収録されています。日本製少女型ロボットDX9が普及した近未来の南ア・アフガニスタン・ニューヨーク・東京を描いたSF短編集で、各国を代表する建築と各国が抱える紛争を「DX9の落下」を通して描く技巧派作品です。

この「落下」っていうのがミソで、南アの場合は日系企業が見捨てた耐久試験場で落下し続ける大量のDX9、東京の場合は疑似的な飛び降り自殺をするための意識の筐体として毎日団地の屋上から落下するDX9が描かれています。論理的な作品じゃないですけど、伊藤計劃に似たような訴えかけてくる凄みがありました。

また、解説に載っている宮部みゆきさんの
「人間が神に問いかけるように、DX9が人間に、「かほどの試練を与えるならば、なぜ我らを創り賜うたか」と問いかけてきても何の不思議もありません」
という引用文がとても印象的でした。

ただのSFと侮れない作品でした。ぜひ一読を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

得意分野かな

2019/12/31 20:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の得意分野の本である。
表題作は。
淡々とした語り口であるが、戦場と埃とゴミの臭いがする部隊をうまく表現している。
その舞台の中の人形との対比が見事である。
そのほかの作品も各々個性はあるが同じ基調を持っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヒトとは

2015/09/29 12:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゐづみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

DX9が連作全体を通底するガジェットな訳だけど、過度に主張してきていないなという印象を受けた。アンドロイドを題材にしながらも、やはり氏の描きたいのはそれに対照されるヒューマニティなんだなと改めて。特に表題作と「ロワーサイドの幽霊たち」が印象に残った。前作収録の「人間の王」を読んだ時も思ったけど、この人は虚実の混交が本当に卓越している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/30 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/20 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/18 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/19 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/21 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/30 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/21 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/28 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/23 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/19 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。