サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

母に縛られた娘たち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/08/08
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:19cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-3324-0
  • 国内送料無料

紙の本

母に縛られた娘たち

著者 片田 珠美 (著)

「あなたの幸せを願えばこそ」という母の愛情は、柔らかく、かつ強く娘を縛り、苦しめ続ける。なぜ娘は大人になってもその束縛から逃れられないのか。母に縛られて苦しかったのに自分...

もっと見る

母に縛られた娘たち

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「あなたの幸せを願えばこそ」という母の愛情は、柔らかく、かつ強く娘を縛り、苦しめ続ける。なぜ娘は大人になってもその束縛から逃れられないのか。母に縛られて苦しかったのに自分の娘を縛る、不幸な連鎖を断ち切るには。父や夫、まわりの家族にできることは。気鋭の精神科医がその「情」と「理」を読み解く。胸の内で「お母さんの幸せは私の幸せとイコールじゃない! 」と叫びながら、その台詞を愛する母に投げつけることができずにいる多くの女性のために書かれた一冊です。【「TRC MARC」の商品解説】

あなたが女性としての「生きづらさ」を感じているとしたら、その一因は「母の呪縛」かもしれない――。
ベストセラー『他人を攻撃せずにはいられない人』で、攻撃欲の強い人の精神構造を分析し、戦い方・逃げ方を示唆した著者が今回取り上げるのは「娘を支配し、束縛する母」。「他人」とは違って、正面から戦うことも逃げることも難しいのが家族。中でも親密で、愛情も憎悪も濃い「母と娘」の葛藤を掘り下げ、娘がその束縛を逃れて自分自身の人生を生きるための処方箋を示す。
母に、そして祖母に縛られた娘であったという著者自身の体験の詳細な分析に加え、「『早く結婚しなさい』と母に言われるたびに頭痛がする」「60代の母に『低脳!』と暴言を吐いてしまう」「すぐに怒鳴る厳しい母がイヤだったのに、自分も娘を怒鳴りつける母親になっている」など多数の事例を紹介。なぜそのような葛藤が起きるのか、母親との関係をどう変えれば悩みを軽減できるのかを解説する。
「もし、娘が母を全面的に憎むことができたら話は簡単です。ところが、そうはいきません。娘は母を愛してもいるのです。」「最近の母は巧妙です。口では、子の自由・個性を尊重すると言い、一見物わかりのいい態度を取ります。そして、『お母さんはあなたのことを考えているのよ』『あなたのためにいろいろな犠牲を払っているのよ』などと罪悪感をかき立てる言葉を並べ、娘を押さえつけるのです。」などの記述は、母に対して愛憎がないまぜになった複雑な感情を抱くすべての「娘」に強い共感を呼ぶ。
母娘関係に悩んでいる女性はもちろん、なんとなく気分が晴れない原因が「母」にあるとまだ気付いていない女性にも必読の1冊。【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/04/02 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

家族関係 ランキング

家族関係のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む