サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 産業の通販
  5. オーム社の通販
  6. 鉄道の「鉄」学 車両と軌道を支える金属材料のお話の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鉄道の「鉄」学 車両と軌道を支える金属材料のお話
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/08/25
  • 出版社: オーム社
  • サイズ:21cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-274-21763-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

鉄道の「鉄」学 車両と軌道を支える金属材料のお話

著者 松山 晋作 (編)

鉄道技術史を金属材料から見る! 「車体」「台車」「車輪」「車軸」「軸受」「ばね」「ブレーキ」「軌道」などに分類し、鉄道の発展と安全を支えてきた鉄鋼材料の技術変遷を辿る。【...

もっと見る

鉄道の「鉄」学 車両と軌道を支える金属材料のお話

3,996(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

鉄道技術史を金属材料から見る! 「車体」「台車」「車輪」「車軸」「軸受」「ばね」「ブレーキ」「軌道」などに分類し、鉄道の発展と安全を支えてきた鉄鋼材料の技術変遷を辿る。【「TRC MARC」の商品解説】

金属材料の知識なくして鉄道技術を語れない!!
 本書は、鉄道に関わる材料のうち、鉄道車両および軌道を構成している要素技術としてもっとも重要な金属材料について、それぞれの機器・部材・構造物ごとに、開発の歴史と技術変遷、特徴を解説します。
 さまざまな試行錯誤の中で培われた鉄道材料工学のノウハウは、戦前・戦後と受け継がれて現在に至っていますが、それらの情報は色あせることはなく、鉄道に携わるエンジニアの基礎知識として、また鉄道ファンのテクニカルな話題の拠り所となる情報として有用です。【商品解説】

金属材料の知識なくして鉄道技術を語れない!
本書は、鉄道に関わる材料のうち、鉄道車両および軌道を構成している要素技術としてもっとも重要な金属材料について、それぞれの機器・部材・構造物ごとに、開発の歴史と技術変遷、特徴を解説します。さまざまな試行錯誤の中で培われた鉄道材料工学のノウハウは、戦前・戦後と受け継がれて現在に至っていますが、それらの情報は色あせることはなく、鉄道に携わるエンジニアの基礎知識として、また、鉄道ファンのテクニカルな話題の拠り所となる情報として有用です。【本の内容】

目次

  • 1章 車 体
  • 2章 台 車
  • 3章 車 輪
  • 4章 車 軸
  • 5章 軸 受
  • 6章 ば ね
  • 7章 駆動装置
  • 8章 ブレーキ
  • 9章 集 電
  • 10章 軌 道

著者紹介

松山 晋作

略歴
〈松山晋作〉1937年東京生まれ。東京工業大学金属工学課程卒業。元・東洋電機製造(株)技師長、神奈川工科大学機械工学科非常勤講師。工学博士。著書に「遅れ破壊」「今昔メタリカ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

鉄道の鉄学

2015/11/22 21:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つばめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

鉄道総合技術研究所や車両メーカーの専門家が、各専門分野を担当した共著、2000年に専門誌「金属」に掲載された内容がメインであるため、最近の動向については内容が若干希薄になる点は否めないが、踏面ブレーキ制輪子やパンタグラフすり板の開発経緯等鉄道マニア「鉄」の見識の幅を広げるのにふさわしい「鉄学書」である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

交通・運輸 ランキング

交通・運輸のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む