サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

男尊女卑という病(幻冬舎新書)
男尊女卑という病(幻冬舎新書) 男尊女卑という病(幻冬舎新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/07/29
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎新書
  • サイズ:18cm/163p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-98382-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

男尊女卑という病 (幻冬舎新書)

著者 片田 珠美 (著)

男女平等社会は当然と思われるようになった今もあちこちで目にする男性優位の“上から目線”。そこに潜む意外な心理的病理を精神科医が分析。男と女のわかりあえなさを踏まえつつ、お...

もっと見る

男尊女卑という病 (幻冬舎新書)

821(税込)

男尊女卑という病

780 (税込)

男尊女卑という病

ポイント :7pt / 紙の本より41おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

男女平等社会は当然と思われるようになった今もあちこちで目にする男性優位の“上から目線”。そこに潜む意外な心理的病理を精神科医が分析。男と女のわかりあえなさを踏まえつつ、お互いが歩み寄る糸口を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

人前で妻をバカにする夫、「男の責任者を出せ」と騒ぐ男性客、女性上司に反発を覚える男性社員、女性の結婚・育児・家事にまつわる社会の無言の束縛や圧力……。男女平等社会は当然と思われるようになった今もあちこちで目にする男性優位の〝上から目線〟。なぜ今も? 家庭や地元で刷り込まれたからか? 無意識か? そこに潜む意外な心理的病理を、注目の精神科医が分析。男と女のわかりあえなさを踏まえつつ、お互いが歩み寄る糸口を探る、新しい男女の解剖書。【本の内容】

著者紹介

片田 珠美

略歴
〈片田珠美〉広島県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。同大学非常勤講師。精神科医。著書に「他人を攻撃せずにはいられない人」「他人の意見を聞かない人」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

男女共お勧めの本

2015/09/28 09:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第一章の、(男尊女卑が)どんな言動に表れるのかの項で、責任者は「男性」と無意識に思い込む人たち・妻を人前でバカにする夫・「女は泣けばいいと思っているんだから」と小バカにする人・「女の武器を少しは使え」と強要する人・男性がお茶出しをした時に流れる微妙な空気など、日本では現在も少なからず目にするものだ。その心理をフロイト性理論を使って展開、また「男はこうあるべきだという社会の無意識的圧力の歪みが最終的に弱者に向かっているなど、これも頷けました。また男性優位を容認する社会心理のことも挙げられ、男女共考えていい内容だと思いました。無意識的に生きた影響の結果、男女共互いに生きづらい関わり方になっている感じですが、最後の対策については、そうなってしまった男性は気づかない限り変わらないので女性が自分を守る為にスルーするか折れるしかない・・のような感じで、他人を変えることは本人以外不可能なので、これもまたそれぐらいしかないのだろう。最後はちょっとがっかりでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む