サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 新しい日常を探して ポイント5倍キャンペーン  ~3/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/07/18
  • 出版社: キノブックス
  • サイズ:19cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-908059-11-7

紙の本

本なんて! 作家と本をめぐる52話

著者 キノブックス編集部 (編)

本への愛は、人さまざま。本好きのサガも、人それぞれ−。浅田次郎、夢野久作、万城目学、芥川龍之介、伊集院静など、52人の作家たちが綴る、珠玉の“本エッセイ”アンソロジー。【...

もっと見る

本なんて! 作家と本をめぐる52話

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

本への愛は、人さまざま。本好きのサガも、人それぞれ−。浅田次郎、夢野久作、万城目学、芥川龍之介、伊集院静など、52人の作家たちが綴る、珠玉の“本エッセイ”アンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

塩一トンの読書 須賀敦子 著 9−15
南の島で読む本 四方田犬彦 著 17
読むこと書くこと 浅田次郎 著 19−24

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

どこから読んでも面白い!本が猛烈に読みたくなる!

2016/02/07 19:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本なんて!
なんて素晴らしいんだろうって思う。
それを知っているから、誰かに伝えたくなる。
思い起こせば、私が本の素晴らしさを実感したのは、小学生の頃。
佐藤さとるさんのコロボックルの話に夢中になった。
読みながら、本の世界に入り込んでしまった。
あの感覚は今でも忘れられない。
あの世界を知ってしまった。あの世界は本の表紙を開くだけで簡単に手に入る。
ただ、これだけ本がある世の中、自分と相性のあった本もあるし、そうでない本もある。だから、どんどんいろんな本の表紙を開いてみるのがいいだと思う。
そうして、その中で、一冊でもずっとそばに置いておきたい本が見つかったならば、それこそ運命の出会い!一生の友達になってくれると思う。

作家が本について語るこちらの一冊。
ところどころ紙質が変わったりして、手触りや視覚でも楽しめます。
52話のどこから読んでも面白い、そうして猛烈に本が読みたくなります。

私が一番に読んだのは、常盤新平さんの「古本屋」。
ニューヨークの古本屋で、中年の男女がダンスをしたという話。まるで小説をあるいは映画のワンシーンを観ているような気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/16 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/13 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/25 08:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/10 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/20 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/11 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/06 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/03 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/29 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/06 09:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/10 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/20 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/13 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/12 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。