サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/08/27
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/385,12p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-44417-7
専門書

紙の本

欧州解体 ドイツ一極支配の恐怖

著者 ロジャー・ブートル (著),町田 敦夫 (訳)

機能不全の構造体となったEUには、根本的な改革か、さもなければ解体が必要である。デフレ社会の到来をいち早く予言した英国No.1エコノミストが、EUの発展や現在直面している...

もっと見る

欧州解体 ドイツ一極支配の恐怖

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

機能不全の構造体となったEUには、根本的な改革か、さもなければ解体が必要である。デフレ社会の到来をいち早く予言した英国No.1エコノミストが、EUの発展や現在直面している問題について、わかりやすくまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

英国、ギリシャの離脱でEUは崩壊の道へ進むのか。
ドイツが覇権を握るのか。
デフレ社会の到来をいち早く予言した英国No.1エコノミストによる新たな警告。

現在のEUは、政治的・経済・外交的にどう間違っているのか、
EUに内在する矛盾と機能不全を分析し、EUの失敗を論じる。
イデオロギーではなく、合理的な経済分析から説き起こしていく、タイムリーでバランスの取れた一冊。

「EUは本来、誤った決断をするようにできているのだ。ユーロのつまずきがEUの解体を招く
なら、私たちはそれを、EUの内的矛盾の結果として起こった必然的なできごとと見なすべ
きだろう。カール・マルクスならそう言ったはずだ。」(本文より)

●ギリシャのユーロ離脱にイタリアも追随、一気にユーロ圏は解体へ
●統一通貨ユーロはユーロ圏全体をゲルマン的にした
●国民投票でEU離脱後の英国は成功する
●フランスは中核国から周縁国へ
●ベルリン、ミュンヘン、パリ、マドリッド、ローマ、ミラノ、ベネチアなど、都市国家が欧州に再び出現
●今後のEUが手本とすべきはNAFTAとASEAN【商品解説】

目次

  • プロローグ ヨーロッパの混迷
  • 第1部 EUの起源と現在の目的
  •  
  •  1章 EUはいかにして、またなぜ創設されたのか
  •  
  •  2章 政治制度としてのEUが抱える問題点
  • 第2部 EUの経済学
  •  

著者紹介

ロジャー・ブートル

略歴
〈ロジャー・ブートル〉オックスフォード大学出身。エコノミスト。経済調査会社「キャピタル・エコノミクス」創業者兼経営者。著書に「デフレの恐怖」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

EU離脱の背景が見える

2016/06/25 14:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱらふぃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

2016年6月24日に各国首脳が懸念を表明する中でEU離脱派が国民投票で勝利をおさめた。本邦でも急激な円高株安が進み、翌日のNYダウも610ドル安となるなど、その影響は大きかった。このような事態は事前に予期されていたが、それにも関わらずイギリスの市民はなぜEU離脱を表明したのか。本書を読むとそれに至った経緯がイメージできる。出版当時はギリシャ問題に揺れていた時期でもあり、タイトルに「ドイツ一極支配の恐怖」とあるが、これは本質的な部分ではなく、EUの「絶えず緊密化する連合」という性質にこそ問題があって、そこから考えるとEU離脱は当然のことだと思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/07 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/12 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/03 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/18 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/18 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/12 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/25 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。