サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 518件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/10/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/420p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-364607-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

とんび (角川文庫)

著者 重松 清 (著)

昭和37年夏、瀬戸内海の小さな町の運送会社に勤めるヤスに息子アキラ誕生。家族に恵まれ幸せの絶頂にいたが、それも長くは続かず……高度経済成長に活気づく時代と町を舞台に描く、...

もっと見る

とんび (角川文庫)

税込 704 6pt

とんび

税込 682 6pt

とんび

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.8MB
Android EPUB 3.8MB
Win EPUB 3.8MB
Mac EPUB 3.8MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昭和37年夏、瀬戸内海の小さな町の運送会社に勤めるヤスに息子アキラ誕生。家族に恵まれ幸せの絶頂にいたが、それも長くは続かず……高度経済成長に活気づく時代と町を舞台に描く、父と子の感涙の物語。【商品解説】

著者紹介

重松 清

略歴
1963年岡山県生まれ。出版社勤務を経て執筆活動に入る。91年『ビフォア・ラン』でデビュー。99年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、『ビタミンF』で直木賞、『十字架』』で吉川英治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー518件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

「親」にはつとに染みる一作

2013/02/23 07:04

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

重松氏の作品で「家族愛」を描いた物というと、最初に浮かぶのは名作「流星ワゴン」なのだけれど。「流星ワゴン」がちょっとSFチックでいくつかの家族愛を描いた物なら、この「とんび」は一人の男が人生全てをかけて、息子を愛し抜いた物語。しかし「流星ワゴン」に勝るとも劣らない、というか傑作ぞろいの氏の作品の中にあってもピカイチと評したい。誰にでも染みる物語ではあるけれど、私のような子を持つ親、得に高校生の一人息子を持つ私などには少し染みすぎてしまう。それは少し「痛み」や「恐れ」にも似て、苛まれる人がいるかもしれないのでご注意。
主人公のヤスにはずっと家族がいなかった。だから妻が出来て子が出来た事に、本当に言葉にならない「幸せ」を感じる毎日だった。だけど事件は起きてしまう。3人だった家族は2人になってしまい、ヤスは息子のアキラに一つの秘密を抱えて育てて行くことになる。照れ屋で不器用なヤスは、いつもいつもうまく気持ちを伝えられない。思いとは裏腹な辛辣な言葉が飛び出してしまったり、時に手が出てしまったり。でもその底にある深い深い愛情は、アキラに十分伝わる。ヤスの幼なじみや地元の大人たちにも育てられ、アキラは「とんびが鷹を生んだ」と呼ばれる程優しくて賢い少年に成長していく。そしていよいよ巣立ちの日、別れの日がやってくる・・・。
今、学校と親と子供たちの間にいろんな問題が起きている。体罰問題、親の教育放棄、そして子供の不登校やいじめや引きこもり。子供たちの命にさえ関わる重大な問題。もしかしたら、そういう問題に対する答えの一つが、この「とんび」なんじゃないかと思う。辛辣な事を言おうが手を出そうが。そこに真っ直ぐな深い深い愛情があれば、子供には伝わる。正直、私にもその経験がある。その部分が、論点として今欠けているのではなかろうか。「お前の子供に対するその行動、そこには深い愛情はあるのか」と、それをこの作品は語りかけてくるように感じた。
最後に。本作品は物語はもちろん素晴らしいんだけど、最後の一行が本当に美しい。うまく息が出来なくなってしまった程。本当の傑作というのは、こういう一文の言葉や語調の切れ味や美しさが素晴らしいのだと思う。もう芸術の域をさえ感じる最後の一文を、ぜひお楽しみに読み進めてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドラマ

2015/03/27 07:17

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東野ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマが2013年1月にTBSで放映していて、その当時購入しました。
ドラマを見ているときに、続きが気になって仕方がなくて思わず購入した次第です。
やっさん、みさこさん、旭役はそれぞれとてもマッチした俳優と女優が演じていると
思いました。
広島の備後の様子がドラマより情景が想像できます。
また、広島弁もたくさん出てきます。
父子家庭で育った旭がたくさんの大人たちによって純粋でまっすぐ育った描写、
人の情を感じて胸が熱くなる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久々の名作

2013/03/22 12:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mamimu3 - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々に名作に出会えました。
読むきっかけはやはりTVで放送されたとんびを見てから、
TVのとんびも良かったけど、原作もやはり素晴らしかった。
正直、こんな父親になりたいと思うと同時に
息子の旭が本当に羨ましくも思えました。
人の本当の幸せって・・・・・
つくづく、考えさせられる一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛情にあふれています

2020/07/15 19:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てくちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

親父の家族愛が半端ないです。わたしも小学生時代ですが父親を亡くしていますので少々自分の幼い頃と重なるところがありました。現在、私も父親となりヤスさんと同じような事がありました。私も年を取ったせいか涙もろくなってしまいましたので、とても電車の中では読みにくかったです。とても感動できる1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いろんな意味で懐かしい物語

2020/06/19 23:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずいぶん前にドラマ化がされて、かなりはまって見たなぁ...とその原作をいまごろ手に取る。
この父と子の成長の物語は、やはり父のキャラクターがなんとも言えない。
戦後から高度経済成長期あたりの“日本人の父”の一典型なんだろうけど、愛情過多でうっとうしく、そして、その愛情過多に自らも振り回されつつ…みたいな人。
それを、愛嬌たっぷり、愛情たっぷりに演じた、ドラマバージョンの役者さんたちもすごかったなぁ(堤真一氏と内野聖陽氏)と懐かしく思いかえしつつ、そうだ、この物語自体も、なんとわなしに懐かしさあふれる物語だといまごろ気が付く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛情にあふれた作品

2020/02/13 13:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

不器用で照れ屋だが、息子・アキラへの愛情にあふれるヤスさん。愛妻を亡くし、周りの人達の優しい手をかりて、一生懸命アキラを育てるヤスさん。アキラを想うあまり、すぐヘソを曲げるヤスさん。ヤスさんの心情に、泣けてくる。いいお話。ヤスさんもだが、登場人物が皆、情にあふれている。じんわりしてくる。
昔、ドラマで観た内野聖陽さんのヤスさんが、小説を読んでいると生き生きと動いてくる。ぴったりの役だったんだなぁと、今さらながら思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『ステップ』の息子版

2017/10/17 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

父と息子の成長物語、同じく重松氏の作品『ステップ』の息子版みたいと思った。ただ、ステップよりも熱い思いにあふれてると感じました。個人的には『ステップ』のほうが好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

昭和の匂いの漂う小説。

2016/10/19 22:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Bijou - この投稿者のレビュー一覧を見る

この方の小説は家族を描いたモノが中心ですが、これもご多聞に漏れず家族モノです。ただ、完璧な幸せな家族ではない家族の話。昭和の高度成長期からバブルが弾けて変わって行く時代に住む、地方都市の父と子を描いた物語です。四十代半ばから五十代の方には懐かしく、それより若い方にはちょっとレトロな昭和の匂いがする小説です。日常に疲れている時に読むと、肩の力が抜けて小さな幸せを感謝出来る気にさせてくれるお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ストレートな親子愛

2015/03/19 00:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマ化を機に、文庫本を買いました。

重松清さんの作品というと、個人的には「その日の前に」が好きなのですが、本作はそれに似たストレートな愛情を感じます。

ドラマでも大きな魅力になっていましたが、不器用でまっすぐな父親とその息子のやりとりがとても魅力的です。親のことを鬱陶しく思う10代~20代の人にこそ読んで欲しい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

涙を搾り取られました

2013/08/28 23:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

重松作品とは涙腺のツボがあっているのか、涙を搾り取られました。
 ベタな話といえばベタですが、とにかくうまい。
 主人公は、私の嫌いなタイプの暑苦しい男ですが、読み終えた時には好きになっていました。
 脱帽。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

外で読んでいたら、不覚にも涙がこぼれてしまった。

2013/02/24 17:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

外で読んでいたら、不覚にも涙がこぼれてしまった。恥ずかしいので一人、部屋で読むことをお勧めします。

内容はいたってシンプル。

真っ正直な男であるヤスさんが結婚し、子どもを持ち、奥さんに先立たれてから一人息子をどのように育てていったかを綴った物語。

時代背景が昭和40年台~60年台ということもあり、その年代の方は全く抵抗なく物語に入り込めます。懐かしいというより、今でも近くにそのような情景があるように気がします。また、広島弁で語られるいくので、どことなく素朴な感じを醸し出しています。

主人公のヤスさんの一人息子アキラは、がさつで乱暴な父親には全く似ておらず、誰にも優しく、しかも優等生。父親からすると、自慢の息子ですが、親一人子一人の家庭では様々な問題が起きます。

物語を読んで感じるのは、人の一生は短いということ。子どもと一緒に過ごせる時間はさらに短い。その中で自分が子どもに何を残せるのだろうか。特に父親は、接する時間は短いので、色々と考えてしまいました。

物語は、アキラが東京の大学にいき、結婚し、孫ができ、と、本当にどこにでもあるものです。重松さんの作品に使われている言葉は、どこにでもあるシンプルなものばかり。

でも心に響きます。

数ページに心に響く表現があるのですが、たぶん人によって共感するところは違うのではないでしょうか。その人の生い立ちや考え方によって、響き方が違うはずだと思いながら読んでいました。

ともあれ、「泣ける物語」の看板に偽りなし、というところです。

龍.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ドラマとはまた違った良さ

2016/06/11 23:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TTTR - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前放映されたドラマで知った、この「とんび」ですが、読んでみてテレビとはまた違った良さを実感しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今はアキラ

2015/01/30 23:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コサック誠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだ親になっていない今は、どちらかというとアキラの気持ちでこの小説を読んだ。
ヤスさんの心持ちを中心に描かれている物語なので、「自分の親も自分のことをこんな風に思ってくれていたんだろうか」などと想像しながら読み進めた。
どこか親の日記を盗み読みしているような後ろめたさもあったけれど、アキラも自分もきっとものすごく愛されているんだと思うことがてまきた。

いつかヤスさんの気持ちで、またこの小説を読み直したいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

父親の苦悩

2015/10/29 21:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

奥さんを無くして息子と二人生きていく父親の苦悩を描いています。
父親の不器用だけど愛情深いキャラクターがすきでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/20 02:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。