サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 人類を変えた素晴らしき10の材料 その内なる宇宙を探険する

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人類を変えた素晴らしき10の材料 その内なる宇宙を探険する
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/09/28
  • 出版社: インターシフト
  • サイズ:20cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7726-9547-3
  • 国内送料無料

紙の本

人類を変えた素晴らしき10の材料 その内なる宇宙を探険する

著者 マーク・ミーオドヴニク (著),松井 信彦 (訳)

【英国王立協会ウィントン賞(2014)】ガラスが透明なのはなぜ? カミソリの刃はどうして切れなくなる? チョコレートの美味しさの元は? 身近にある材料の驚くべき秘密を明か...

もっと見る

人類を変えた素晴らしき10の材料 その内なる宇宙を探険する

2,268(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【英国王立協会ウィントン賞(2014)】ガラスが透明なのはなぜ? カミソリの刃はどうして切れなくなる? チョコレートの美味しさの元は? 身近にある材料の驚くべき秘密を明かす、材料科学の入門書。人類の叡智が生みだした材料による文化・文明史。【「TRC MARC」の商品解説】

<すぐそこにある材料の内なる驚異の宇宙へ>

・ガラスが透明なのはなぜ?
・スプーンには味がないわけ
・世界一軽いモノって?
・電子書籍のインクの秘密
・映画も音楽もプラスチックのおかげ
・チョコレートの美味しさの元
・・・

私たちの身近にある材料の驚くべき秘密を明かす、超話題作!

★年間ベストブック
・『ニューヨークタイムズ』紙
・amazon.com (サイエンス部門 TOP8)
・『フィナンシャル・タイムズ』紙
・『オブザーバー』紙
・『フィジクス・ワールド』誌

★『ニューヨークタイムズ』ベストセラー
★英国王立協会 ウィントン賞受賞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::著者:: マーク・ミーオドヴニク
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の「材料と社会」学部教授。
『タイムズ』紙による英国で最も影響力のある科学者100人に選出。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::目次::

はじめに:すぐそこにある材料の内なる宇宙へ
第1章:頑強……文明を変えた強くしなやかな「鋼鉄」
第2章:信用……記憶や愛を刻印する「紙」 
第3章:基礎……社会の土台として進化する「コンクリート」 
第4章:美味……「チョコレート」の秘密
第5章:驚嘆……空のかけらを生む「フォーム(泡)」
第6章:想像……映画も音楽も「プラスチック」のおかげ
第7章:不可視……なぜ「ガラス」は透明なのか
第8章:不可壊……「グラファイト」から世界一薄く強固な物質へ
第9章:洗練……技術と芸術が融合した「磁器」
第10章:不死……九八歳でサッカーを楽しむ「インプラント」の私
第11章:人工……材料科学の未来

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::絶賛::
ありきたりで取るに足りないと思われる材料の、隠された驚異を教えてくれる。
――『ニューヨークタイムズ』

才気にあふれた本書は、われわれの世界の見方を変えてしまう。
――『ウォールストリート・ジャーナル』

材料科学者である著者は、読者を魅了する情熱とともに、モノの背景をなす歴史と科学を説き語る。
――『サイエンティフィック・アメリカン』

あまり書かれたことのないテーマについての壮大な物語であり、魅惑と愉悦にあふれた本。
――『ポピュラー・サイエンス』

近代世界を築きあげた材料についての驚嘆すべき報告。
――『フィナンシャル・タイムズ』【商品解説】

著者紹介

マーク・ミーオドヴニク

略歴
〈マーク・ミーオドヴニク〉ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ(UCL)の「材料と社会」学部教授。『タイムズ』紙による英国で最も影響力のある科学者100人に選出。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.7

評価内訳

2016/04/25 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/04 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/10 07:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/15 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/01 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/15 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/24 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/04 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/26 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/09 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/06 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/05 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/07 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/25 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/12 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る