サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

家へ
家へ 家へ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/10/29
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219734-2

紙の本

家へ

著者 石田 千 (著)

東京の美大で彫刻を学ぶ大学院生「シン」は、母と、その内縁の夫「じいさん」と新潟の海辺の町で育った。一方、島に住む実の父親「倫さん」とも親しく交流を続けている。複雑ながら穏...

もっと見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京の美大で彫刻を学ぶ大学院生「シン」は、母と、その内縁の夫「じいさん」と新潟の海辺の町で育った。一方、島に住む実の父親「倫さん」とも親しく交流を続けている。複雑ながら穏やかな関係を保つ家族だったが、シンの心には小さな違和感が芽生えはじめる…。【「BOOK」データベースの商品解説】

東京の美大で学ぶ大学院生シンは、母と、その内縁の夫と新潟の海辺の町で育った。複雑ながら穏やかな関係を保つ家族だったが、シンの心に小さな違和感が…。迷いもがく青年の姿を追った青春小説。『群像』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

彫刻家を目指す美大生の新太郎は、日本海沿いの町で、母親とその内縁の夫「じいちゃん」の3人での家庭で育った。実の父親、「倫さん」と親しく交流を続けている。複雑ながら穏やかな関係を保つ家族だったが、やがて、彫刻の修業のために、新太郎が留学を考えはじめたころ、小さな亀裂が走り始める。【商品解説】

著者紹介

石田 千

略歴
〈石田千〉1968年福島県生まれ。國學院大学文学部卒。「大踏切書店のこと」で第1回古本小説大賞を受賞。他の著書に「バスを待って」「夜明けのラジオ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まるであなたと出会ったときのような。

2015/12/03 22:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雪空スウィング - この投稿者のレビュー一覧を見る

読後、まず感じたのは、親しいひとに出会うような読書体験だったなということ。
寡黙な語り手の生活環境を読み取るには少し時間がかかり、もどかしい。けれど、大切な出会いはいつもそう、ゆっくり時間をかけてお互いを知っていく。現実の誰かとの出会いのように、読み進めるうち少しずつ語り手と親しくなっていった。それはとても心地好い時間だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/26 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/19 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/09 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/03 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/16 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/28 08:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/10 04:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/16 06:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む