サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. 伝記の通販
  5. 桜の花出版の通販
  6. 漆に魅せられて The best things in life…の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

漆に魅せられて The best things in life…
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/09/04
  • 出版社: 桜の花出版
  • サイズ:21cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-434-21012-9

紙の本

漆に魅せられて The best things in life…

著者 スザーン・ロス (著)

漆に魅せられ、新しい表現に挑み続ける、日本在住30年の漆アーティスト、スザーン・ロスが、生い立ちや、片道切符で日本へやってきたときのこと、日本での生活、伝統文化を守ること...

もっと見る

漆に魅せられて The best things in life…

税込 1,512 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

漆に魅せられ、新しい表現に挑み続ける、日本在住30年の漆アーティスト、スザーン・ロスが、生い立ちや、片道切符で日本へやってきたときのこと、日本での生活、伝統文化を守ることの大切さなどを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

漆はどうして木扁ではないのか

2017/02/17 07:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

漆。うるし、と読みます。漆器とか日本の文化に深く関わってきました。
 ところが、この漆という漢字はどうして「木扁」でなく「さんずい」なのでしょう。
 それは漆の木からわずかな量の樹液しかとれない。そういう思いがこの漢字に現れていると言われています。
 イギリスで生まれ、ある時、漆の美に引き寄せられるように日本にやってきた女性スザーン・ロスさんのこの本の中では「漆は木の血液」という表現が使われています。

 スザーン・ロスさんについてもう少し書いておくと、彼女は22歳の時に日本に来て漆の勉強を始めます。
 結婚後、住まいを輪島に構え、四半世紀近くを漆と共に暮らしてきました。
 この本では漆に関わる歴史や仕事だけでなく、スザーンさんの少女時代のことも語られています。
 日本に来て輪島で古民家を一から修繕し、自分たちが住みやすい環境に変えていく姿も描かれます。
 あるいは祖母や母と自分、夫のクライブと自分、二人の娘さんたちと自分、漆の教えを受けた先生たちと自分といった、人の世界の関係も描かれています。
 「人間は、ともすると楽な方へ流れてしまうもの。でも、苦しみがあるからこそ、本当の喜びがあります」なんて、日本人のような考え方もうかがえます。

 しかし、スザーンさんは英国人です。
 日本を愛している、けれど日本人ではないスザーンさんだからこそ見えている多くのことがあります。
 この本を読んであらためて日本という国、日本人という生き方について考えさせられることが多くあるような気がします。
 「迷い道では出会いがある。それは人生の模様」、そういうスザーンさん。
 私たちはいつの間にか「迷い道」を避けてきたのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

漆・木・竹工芸 ランキング

漆・木・竹工芸のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。