サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

プラージュ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 90件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/09/17
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/357p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02824-1
  • 国内送料無料

紙の本

プラージュ

著者 誉田 哲也 (著)

たった一度、魔が差した結果、仕事も住む場所も失ったサラリーマンの貴生。やっと見つけたシェアハウスで、人生をやり直す決意をした矢先に、一人の女性住人に「夜這いし放題よ」と耳...

もっと見る

プラージュ

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

たった一度、魔が差した結果、仕事も住む場所も失ったサラリーマンの貴生。やっと見つけたシェアハウスで、人生をやり直す決意をした矢先に、一人の女性住人に「夜這いし放題よ」と耳打ちされて…。あるシェアハウスに住む、厄介者たちの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

たった一度、魔が差した結果、仕事も住む場所も失った貴生。シェアハウスで人生をやり直す決意をした矢先、女性住人に「夜這いし放題よ」と耳打ちされて…。シェアハウスに住む厄介者たちの物語。『パピルス』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

あるシェアハウスに住む、厄介者たちの物語。  悪と正義、法と社会、加害者と被害者……。
読む者の常識や既成概念を揺るがす、新たなエンターテイメント小説。
たった一度、魔が差した結果、仕事も住む場所も失ったサラリーマンの貴生。やっと見つけたシェアハウス「プラージュ」で、人生やり直す決意をするも、個性豊かな住人の面々に驚かされることばかりの毎日。さらに、一人の女性住人にあることを耳打ちされて……。

住人たちのそれぞれの秘密が明かされる時、新たな事件が起きる。【本の内容】

著者紹介

誉田 哲也

略歴
〈誉田哲也〉1969年東京都生まれ。「妖の華」でムー伝奇ノベル大賞優秀賞を受賞しデビュー。「アクセス」でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞。ほかの著書に「ストロベリーナイト」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー90件

みんなの評価3.8

評価内訳

電子書籍

面白い

2017/06/02 02:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かず - この投稿者のレビュー一覧を見る

買って2年ほど読めてなかったけど、ドラマになると聞いて改めて読み始めたら・・めちゃくちゃ面白かった。
最後は号泣!!!
でも、読み終わって即読み直ししました!
2度読みしても面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

プラージュ

2015/11/17 17:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Paradisetrip - この投稿者のレビュー一覧を見る

全体的に古い表現や漢字が普段使わないものを多く使っていて読みづらい。新聞で使われる常用漢字を目安にしてもらいたいところ。
内容としては貴生は犯罪を犯してしまった人がどんな扱いを受けるのかを知る、しかし、朝田潤子がプラージュという居場所を提供してくれたおかげで貴生も含め住民すべてが立ち直っていくというお話。
ある事件の被告が無罪になった。ある記者はその人間を疑い、正義感から暴こうとする。ある記者は被告がその後、プラージュに住んでいることをつかみ、住民として潜入してまで暴こうとする。結果、この記者が犯人だったという結末に、おいおい、その正義感は何だったんだよ。ミッションインポッシブルみたいなことするなよ。とツッコミたくなる内容。
現在と過去いつのまにか行ったり来たりすることや登場人物ABCとするなど、最後まで読まないとわからないトリックもあり、こんなやり方もあるんだと楽しめるかどうかも、ま、ひとつの読み方ですな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この著者にしては…

2015/10/17 05:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

構成はよく寝られていると思う。読み進むうち、最後に至ってすべてが納得できる運びは、手練れの作者だと感心。ただ、途中が些か冗長ではないか。もう少しテンポよく運んでも良い気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

罪を犯した者には生きづらい社会だなあ。

2016/03/31 21:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

誉田哲也さんの小説は久しぶり。
刑事物、青春物などたくさん読んだが、どれも真っすぐな展開の書きっぷりだったと記憶がある。
本作は罪を犯した人たちが、シェアハウスで一緒に暮らしながら社会に馴染んでいく。
シェアハウスのオーナーの潤子さんや住人達が温かくお互い接しながら、自分を見つめ直し、社会に認められ自信を持っていく。

それぞれの視点で交互に語られ、読む側は少し混乱し惑わされる。
この人誰だっけと読み直したい場面がたくさんある。
読む側としては混乱しながら楽しくもある。

ラスト、以外な人の死と手記によって秘密が明かされるが・・・このラストが残念。
もう少し丁寧に構成を練って欲しかった。
また当事者達で手記を読んで涙を流されると、読む側としては白けてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰か、というよりシェアハウスそのものが主人公。

2015/11/19 16:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前科を持った人を受け入れるシェアハウス、「プラージュ」。シェアハウスの住人何人かが視点人物になりながら、間に過去の殺人事件の犯人Aについて調べている記者の記録が入る。途中まで名字が明らかにされていない人物も多く、若干人間関係がつかみづらかったが、展開としてはテンポよく進む。
記者の狙いがどこにあるのか、それが話の大きなポイントであることは疑いないが、全体としては「プラージュ」のゆるいようなあたたかいような独特の空間そのものがメインテーマだったような印象も受ける。元受刑者の受け入れや赦しなどについて、考えさせられる小説でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/07 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/04 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/21 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/29 09:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/16 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/30 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/12 14:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/25 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/10 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/04 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る