サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2015/10/03
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/309p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-53674-3

紙の本

草雲雀

著者 葉室 麟 (著)

媛野藩の若き藩士、栗屋清吾は、妻・みつの「子どもを持ちたい」という願いに応えるため、道場仲間の山倉の用心棒となる。だが、山倉の出世を阻もうとする敵の刺客が次々と襲いかかり...

もっと見る

草雲雀

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

媛野藩の若き藩士、栗屋清吾は、妻・みつの「子どもを持ちたい」という願いに応えるため、道場仲間の山倉の用心棒となる。だが、山倉の出世を阻もうとする敵の刺客が次々と襲いかかり…。『月刊ジェイ・ノベル』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

愛する者の小さな望みを叶えるため、男は剣を抜く――秘太刀「磯之波」が濁った心を一刀両断!名手が放つ感動の時代長篇!!【本の内容】

著者紹介

葉室 麟

略歴
〈葉室麟〉1951年北九州市生まれ。西南学院大学卒業。地方紙記者などを経て、「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞し作家デビュー。「銀漢の賦」で松本清張賞、「蜩ノ記」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

バディの友情

2015/11/19 07:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブレイク・スナイダーの脚本術を著した『SAVE THE CAT の法則』という本の中に、映画は10のジャンルに分けられると載っている。映画だけでなくエンタメ系の大衆小説も同様かもしれない。
 葉室麟が2014年7月から2015年4月まで「月刊ジェイ・ノベル」に連載した長編時代小説もこの分類にあてはめることができる。
 すなわち、この長編は二人が一つになっていく「バディとの友情」というジャンルにはいる。
 長編小説にはさまざまな登場人物が登場する。当然主人公がいるわけだし、その主人公を助ける脇役も登場する。その脇役次第で、物語がよくなったりすることは多分にあるし、葉室もこれまでもそういう脇役を数多く登場させてきた。
 しかし、この作品では「バディ」(相棒のこと)との友情がしっかり描かれている。

 主人公は媛野(ひめの)藩の三男坊で部屋住み暮らしの栗屋清吾。三十を前にして、剣術道場の師範代としての収入しかない。 そんな清吾は女中のみつと情を交わし、妻とする。しかし、家督を継いだ兄からは子をなしてはならぬときつく叱責される。
 清吾の道場仲間伊八郎もまた部屋住みの身分ながら、ある時ひょっこりと実父の存在がわかり、しかもその跡継ぎに迎えられることになる。しかも行く末は家老だという。
 しかし、伊八郎は自分に危害の迫っていることを感じ、清吾に用心棒を依頼する。自分が家老になった暁には、みつの子が持てるだけの身分を与えるという。
 清吾は伊八郎の要請を受けることになる。それが、二人の危機の始まりとなる。

 伊八郎の家老就任にまでに二人に襲いかかる難題の数々。それを伊八郎は頭でもって、清吾は剣術でもって解決していく。
 最初は浮かれた感じすらあった伊八郎が徐々にその志を明らかにしていく中で、清吾の人のよさが浮き彫りになっていく。
 それはどちらがいいとか悪いとかということではない。
 二人は「ダディ」なのだ。互いに助け合い、そうして思いを成就していく。
 葉室麟の作品の中では異色かもしれないが、読後感が心地いい、「バディの友情」物語だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/02/13 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/28 07:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/02 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/18 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。