サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「人生と幸せとお金」ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小さな倫理学入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/10/15
  • 出版社: 慶應義塾大学三田哲学会
  • サイズ:18cm/102p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7664-2276-4
新書

紙の本

小さな倫理学入門 (慶應義塾大学三田哲学会叢書)

著者 山内 志朗 (著)

愛とは何か、正義とは何か、欲望とは何か、なぜ過去の記憶に悩まされるのか、偶然性とは何か、人生に意味はあるのか、そして「私」とは何か−。身近な物事を通して、人間の弱さや卑し...

もっと見る

小さな倫理学入門 (慶應義塾大学三田哲学会叢書)

税込 756 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

愛とは何か、正義とは何か、欲望とは何か、なぜ過去の記憶に悩まされるのか、偶然性とは何か、人生に意味はあるのか、そして「私」とは何か−。身近な物事を通して、人間の弱さや卑しさに眼差しをむける、倫理学の入門書。【「TRC MARC」の商品解説】

人間の弱さや卑しさに眼差しをむける小さくて深い倫理学の入門書

▼愛とは何か、正義とは何か、欲望とは何か、なぜ過去の記憶に悩まされるのか、偶然性とは何か、人生に意味はあるのか、そして〈私〉とは何か。身近な物事を通して、人間の弱さや卑しさに眼差しをむける、倫理学の入門書。

三田哲学会は創立100年を機に、専門的な研究成果を「生きられる知」として伝え、 公共の中に行き渡らせる媒体として本叢書の発刊を企図した。
シリーズ名は、ars incognita アルス インコグニタ。
ラテン語で「未知の技法」を意味する。
単なる知識の獲得ではなく、新たな「生きる技法としての知」を作り出すという精神を表現している。【商品解説】

日本一やさしい倫理学の世界。
20の身近な物事を通して、倫理学の世界へいざなう入門書。従来の「上から目線の倫理学」とは異なり、私たちと目線を同じにし、日常の出来事をきっかけにしながら倫理学を学ぶ、おそらく日本で最もやさしい倫理学の本。【本の内容】

目次

  • 1 小さな倫理学のすすめ
  • 2 欲望の倫理学
  • 3 情念のない人間は倫理的なのか
  • 4 〈私〉という苦しみ
  • 5 世界の中心で〈私〉を叫ぶ

著者紹介

山内 志朗

略歴
山内 志朗
1957年生まれ。慶應義塾大学文学部教授。著書に、『普遍論争 ―― 近代の源泉としての』(平凡社ライブラリー)、『天使の記号学』(岩波書店)、『「誤読」の哲学 ―― ドゥルーズ、フーコーから中世哲学へ』(青土社)など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

説明がほしいい

2015/12/19 13:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジレンマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

やはり理解にくい、いろいろな説明があったらいいのに

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小さな倫理学入門

2016/09/16 23:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NAOKI - この投稿者のレビュー一覧を見る

「小さな倫理学入門」というタイトルと本の薄さが手に取ったポイント。筆者の考えを通して、様々な問いを倫理学的に思考する。文章自体は読みやすい。けれど、内容はしっかりしていて、入門とは言えど、倫理学についての知識がある程度は必要だと感じた。日々の生活は、相手と対等であること(等価性の原理)や利益(帰結主義)にとらわれがちだが、見返りを求めない友愛(ケアの倫理)の心で寄り添うことも大切。たとえ「真理」は一つであっても、それらを考える「倫理」はもっと柔軟で多様であっても良いという筆者の考えが印象的。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/07 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/03 13:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/22 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/09 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。